[デブサミ] デベロッパーサミット 2017 で登壇した #devsumi #devsumiA

16831894_1793361974260277_132049839214851260_n
16831894_1793361974260277_132049839214851260_n

デベロッパーサミット (通称『デブサミ』/ Developer Summit) 2017 で登壇してきました!デブサミとは、2500人以上の来訪者を誇る、日本で最も大きな技術者イベントのひとつです。(2日間延べ合計:3,389名/ ユニーク数:2,641名) そんな大舞台での登壇の機会をいただけて光栄です!ありがとうございます! ライブコーディングをメインにした構成で、C#、Visual Studio 2017、Xamarin、Microsoft Azureについて話してきました。とても楽しかったです! この記事では、登壇者としての当日の感想とセッションの流れ/まとめについて書きました。当日ご参加できなかった方もこの記事を読んでいただければなと思います。(とはいえ、当日のスライド140枚の内容を全て突っ込むのは無理なので、かなり省略して書いています。(それでもめっちゃ長い記事になってしまったけど…。) 実際のすべての内容は実際に私のセッションを聞いてくださった方だけに!) デブサミ2017公式サイト: この記事について この記事は何が書いてあるの? デブサミ2017での登壇の記録 (日記) デブサミ2017での私のセッションのオーディエンスの反応まとめ デブサミ2017で話した技術的な話のまとめ 目次 セッション前 セッション開始前、大部屋が立ち見で埋まる セッションの待機列が長蛇の列 私のセッションへの感想 本番5分前 セッション導入部 セッションが始まった! セッションAgenda まずは自己紹介 C# C# の話 C# はいいぞ C# + 神IDE Visual Studio 2017 C# + VS2017 デモ クリップボードの 生 JSON を class に変換してくれる VS の機能 非同期処理のJSON操作のライブコーディング!…

6

[VS2017新機能] 単体テストを書いてみよう!Live Unit Testing を試してみる手順書

screen-shot-2017-02-16-at-23-36-37
screen-shot-2017-02-16-at-23-36-37

Microsoft の最新のIDE Visual Studio 2017 に、新機能のLive Unit Testing(ライブ ユニット テスト)の機能が導入されました。 Live Unit Testingでは、コードの編集中にバックグラウンドで影響範囲のユニットテストが実行され、 その結果やテスト範囲がリアルタイムでエディターにわかりやすく表示されます。 コード変更の既存テストへの影響のほか、新たに追加したコードが既存のテスト範囲でカバーされているかどうかも即座にフィードバックされます。このため、バグの修正や機能の追加の際に、ユニットテストの作成が必要かどうかを把握できます。 (Visual Studio 2017 については、こちらで無料でインストールできます。(Windowsのみ)) この記事では、そのLive Unit Testingの機能の紹介の他に、 単体テストの書き方も、丁寧に解説しながらご紹介します!(スクショたくさん撮りながら丁寧に書いたから、すごい時間かかった…明日デベロッパーサミットで登壇なのに…) 一生懸命書いたので、ぜひご覧ください! (このLive Unit Testingの機能は Enterprise エディションでの提供です) 目次 手順1「テストを書く準備が整うまで」 手順2「テスト対象の実装」 手順3「テストを書く」 手順4「テストを動かしてみる!Live Unit Testing」 手順5「テストケースを1つ増やしてみる」 参考 手順1「テストを書く準備が整うまで」 ↓ プロジェクトの新規作成 ↓ コンソールアプリを選択し、名前をつけて「OK」しましょう。 (この例では LiveUnitTestSampleと命名しました。) ↓ このような画面になります。空っぽの Main 関数があるだけです ↓ ユニットテストのプロジェクトも追加しましょう。 右の「ソリューションエクスプローラー」で、 ソリューションを右クリック→「追加」→「新しいプロジェクト」 ↓ 左のテンプレートカラムから…

2

【Mobile DevOps】VSTS から Xamarin Test Cloud に繋いで自動 UI テストを実現

screenshot-42x
screenshot-42x

モバイルアプリ開発において、開発からアプリpublish、ユーザのテレメトリ収集まで、一貫して管理できたら素晴らしいですよね。 それらを、Microsoftのチーム開発管理サービスのVisual Studio Team Servicesと、実機での自動UIテストサービスXamarin Test Cloud(ザマリン・テストクラウド)などを使って実現しましょう! 目次 継続的なモバイルアプリ開発 (Mobile DevOps) Microsoft の提供する、Mobile DevOps を実現する方法 Visual Studio Team Services を使ってコードgit管理 & 自動ビルド 自動 UI テストを実現する Xamarin Test Cloud サービスについて Xamarin Test Cloud を VSTS から動かす 継続的なモバイルアプリ開発 モバイルアプリ開発において、やること: 開発(クライアント側のコード書く) サーバサイドとの連携 テスト(単体・UIテスト) テスターたちにベータ版を配布 アプリのユーザの使用メトリックやクラッシュレポートを収集 ユーザからの feedback を収集 などなど! よく「Mobile DevOps(デブオプス (= Development + Operation))」なんて呼ばれます。 Microsoft の提供する、Mobile DevOps…

0

Visual Studio Team Service で Xamarin.Android のビルド

vsts_xamarin_android
vsts_xamarin_android

Visual Studio Team Service で Xamarin.Android のビルドを試みて、最初うまく行かなかったので、その時の問題と回避策をここに記録します。自分用メモです [VSTS] プロジェクトを作った [ローカル] リポジトリ、push [VSTS] デフォルトの Xamarin.Android のビルド definition でビルドすると動かない(エラー) 2017-02-11T09:26:54.4047838Z ##[error]C:\Program Files (x86)\MSBuild\Xamarin\Android\Xamarin.Android.Common.targets(1862,3): Error : java\lang\Object.class(java\lang : Object.class) ローカル(私のXamarinの環境は最新のアルファチャネル)で作ったプロジェクトの Xamarin環境と、VSTSのビルドサーバの Xamarin環境のバージョンの不一致ではないかと推測。 取り敢えずの処置として、ローカルにエージェントを立てて、ビルドはローカルで走らせることにした [VSTS+ローカル] ビルドエージェントを入れた(手順書(英語)) [VSTS] エージェント入れたのはいいけど、ビルド時どうやってエージェントを使うのか分からなかった。→[Queue new build] → [Queue]の Hosted->Default(自分がつけたagentの名前) それでも(私の環境だと)MSBuild.exe が無い、というエラーが出て動かない 2017-02-11T10:02:56.0622340Z MsBuild.exe does not exist at ‘/Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/4.8.0/lib/mono/4.5/msbuild.exe’. 2017-02-11T10:02:56.0940450Z ##[error]Error: /Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/Current/Commands/mono failed with return code: 1…

0

新しく買った MacBook に Xamarin での開発環境を構築した手順メモ

セルフ誕生日プレゼントの MacBook Pro が届いたので、環境構築をしています。 まっさらな状態から Xamarin が動くようになるまでにしたことをメモしておこうと思います。 まずやったこと Caps lock -> Ctrl まず Caps lock キーが要らなかったので Control キーに リプレイスしました。 【必須】絶対にインストールするべきもの iOS/Mac総合開発環境『Xcode』 Xamarin.iOS の開発に必須である Xcode を入れます。Xcode が iOS/Mac の SDK を握っています。 itunes.apple.com/mx/app/xcode/id497799835 もし Apple Developer program に登録している人は、ここで Xcode で新規プロジェクトを作って実機デプロイできるように設定を済ませておきましょう。 該当の Apple アカウントでログイン後、Xcode上で Signing Certificate を済ませる必要があります。 ↑実機にデプロイできるように Xcodeさんが頑張ってるところ 総合開発環境『Visual Studio for Mac』 VS for Mac を入れたら、Xamarin も一緒に入ってきます。 visualstudio.com/vs/visual-studio-mac/…

1

【無料】Mac用のIDE “Visual Studio for Mac” で iOS/Android アプリを作ってみた [Xamarin][新規作成から実行まで]

visualstudioformacxamarin
visualstudioformacxamarin

先週 (2016/11/16) の「Microsoft Connect();」イベントでアナウンスのあった通り、 Mac 用の Visual Studio がついに(Preview版で)リリースされましたね! Visual Studio for Mac!! インストールはこちらから(無料): visualstudio.com/vs/visual-studio-mac/ それを実際に触ってみましょう! (このツールの目玉はバックエンド(サーバサイド)のプロジェクトまで一緒に作ってくれることだけど、 取り敢えず入門記事として、最初はクライアントだけのものを作ります!) VS for Mac でスマホアプリのテンプレートを「新規作成」 まずVisual Studio for Macを開きます。 VS for Mac が起動し、スタートページが開きます。 「New Project(プロジェクトの新規作成)」を選択します。 左のタブの「Multiplatform (マルチプラットフォーム)」の中の「App」の中の、 「Xamarin.Forms」→「Forms App」を選択します。 ちなみに、上の「Forms App」はクライアントだけのテンプレートが作成されるもので、 下の「Connected App」は、「ASP.NET Core で作られた Mobile Services に接続されたアプリ」という意味で、クライアントだけでなくバックエンドまで作成するテンプレートです。 そして右下の「次へ」を押します 上から、 App Name:アプリ名 Organization ID:組織名。個人の場合は「com.自分の名前(英語)」を入れる。各ストア(App Store や Google Play Store)…

3

Mac用のVS『Visual Studio for Mac』を黒背景にする方法

vs_dark
vs_dark

先週 (2016/11/16) の「Microsoft Connect();」イベントでアナウンスのあった通り、 Mac 用の Visual Studio がついに(Preview版で)リリースされましたね! Visual Studio for Mac!!無料です! インストールはこちらから: visualstudio.com/vs/visual-studio-mac/ ( *゚▽゚* っ)З「VS for Mac は、既存の IDE Xamarin Studioや、既存の OSS テキストエディタVisual Studio Codeとは別のものよ」 それで、このVisual Studio for Macは、デフォルトでは白背景なのですが、これを黒背景にする設定の方法をここにメモします。(私は白背景にすると眩しくてすぐに目が疲れてしまうので、なんでも黒背景が好きです) 黒背景にする方法 Visual Studio for Macを開きます。 そして、画面左上の「Visual Studio」をクリック→「ユーザ設定」 「ユーザーインターフェーステーマ」を「Dark」にして、 その後下に出てくる「Visual Studioの再起動」をクリックします。 それでOK!

0

【モバイルdev向け】Microsoft の開発者イベント Connect 2016 新発表まとめ

Visual Studio for Mac
Visual Studio for Mac

2016年11月16日〜18日に、米国ニューヨークにて、Microsoft の開発者向けイベント 『Connect(); // 2016』イベントが行われました。 ↑画像クリックでキーノート録画に飛ぶ Connect(); イベントは毎年行われているのですが、 もともとこれは Visual Studio のお披露目イベントだったこともあり、 今回のも Visual Studio 関係の新発表が多かったですね。あと Azure 関係の発表も多かったです。 ちなみに過去は .NET Coreのオープンソース化や、Mac や Linux でも動くオープンソーステキストエディタ Visual Studio Code の発表などがありました。 ↑Visual Studio 2017 RC のアナウンスしているところ では今年のものをまとめます。 新発表まとめ デベロッパー向けアナウンス 【新ツール】Visual Studio 2017 (RC) リリース![Windows] 【新ツール】Visual Studio for Mac (Preview) リリース![Mac] 【新ツール】Visual Studio Mobile Center (Preview) 発表! C# 7.0…

0

[無料] Xamarin と Azure で、超効率的にクラウドと繋がるモバイルアプリを作ろう![Azure Mobile Apps][MBaaS]

Screen Shot 2016-10-31 at 21.18.31
Screen Shot 2016-10-31 at 21.18.31

Microsoft の開発している、モバイルアプリのバックエンドの機能をまるっと提供するサービス Azure Mobile Appsを使ったら、どういうことができるのかな? ( *゚▽゚* っ)З「アプリ(フロントエンド)開発者が、サーバ構築とかの苦労をせずアプリ開発だけに集中できるようにするために作られたサービスらしいわよ!」 (*゚▽゚*)「おお!じゃあ私みたいにインフラの知識あんまり無い人でもサーバと通信するアプリが簡単に作れるってことなのかしら?今どきサーバとの通信の全く無いアプリも珍しくなってきたものね」 ということで、実際に触ってみました! 今回はクライアント側は Xamarinを使い、「TODOアプリ」を作ってみます! この記事は何? 2016/11/1 – 2 にお台場で開催された Microsoft Tech Summit 2016 で、 私は「Xamarin と Azure で、超効率的にクラウドと繋がるモバイルアプリを作ろう!」というタイトルのセッションで登壇いたしました。 クライアントを Xamarin (*1) で作り、 サーバサイドは Microsoft Azure (=アジュール。MSのクラウドサービス) の Mobile Apps というサービス(mBaaS の一種)を使って、 簡単なアプリをひとつ作り、デモをしました。 (*1 Xamarin: ザマリン。C#だけで、フルネイティブな iOS/Android/Windows/Mac アプリを作れる、クロスプラットフォーム開発ツール。Microsoft が開発している) そのセッションの内容を、後から復習できるように、ブログにまとめました。皆様のお役に立てれば幸いです。(もちろんセッションにお越しにならなかった方々にも読んでいただきたいです!) keywords: MBaaS, Azure Mobile Apps 目次 作るサンプルTODOアプリの機能 全体の構成…

2

[Xamarin .iOS 10.1] “May Slow Down Your iPhone”

Screen Shot 2016-10-31 at 15.59.06
Screen Shot 2016-10-31 at 15.59.06

Xcode 8.1 に更新し、Xamarin.iOS で iOS 10.1 で実行すると、 実行中のアプリにこのようなアラートメッセージが出てきます。 {{アプリ名}} May Slow Down Your iPhone The developer of this app needs to update it to improve its compatibility. このメッセージは、32bitアプリを実行している時だけ出てくるものです。 これの Xamarin Studio での解消方法をメモします。 解決方法 iOSプロジェクトをダブルクリックし、オプションを出す Build > iOS Build > Supported architectures i386 になっているのを x68_64 に変更 OK 再ビルド → 実行 amay077さん、ありがとうございました! @chomado iOSプロジェクトの設定の iOS Build で…

1