PDC09 Day2

PDC09 2 日目も朝 8:30 から Keynote が行われました。 今日の Keynote では、 Windows 7 Internet Explorer 9 Silverlight 4 Office 2010 & SharePoint 2010 のトピックでさまざな発表が行われました。 Windows 7 のデモが行われたのち、参加者に Acer のマルチタッチ対応ノート PC が無償配布されるとのアナウンスがあり、会場が湧き上がりました。私もラッキー♪と一瞬思ったのですが、残念ながら社員は対象外とのことで撃沈。。。まぁ、致し方ないですね。帰り際には、会場のいたるところに配布された PC の空き箱が山積みになって捨てられていたのが印象的でした。 Internet Explorere 9 では、HTML 5 などの Web 標準への対応や、さらなるパフォーマンスの高速化などが予定されているようです。現在の IE8 も多くの改良がおこなわれており、とても使いやすいブラウザに仕上がっていますが、IE 9 にはさらに期待ができそうですね。 さてさて、続いては一番の目玉となる発表となった Silverlight 4 です。早くも Beta がリリースされており、いろいろ試していただくことができます。今までの Silverlight では制限されていたさまざまな機能が実装されてきており、本当に「Silverlight すごい!」の一言です。 Printing Rich…

0

第1回 Windows 7 倶楽部 勉強会に参加します

Windows 7 倶楽部のお誘いで、10 月 31 日(土)に大阪で開催の 「Windows 7 勉強会」に参加することになりました。 Windows 7 倶楽部 http://www.club-windows7.net/ 私のセッションでは、Windows 7の開発概要をデモを交えて紹介させていただきます。 すでに募集が開始されていますので、お近くの方はぜひご参加ください! 久しぶりの大阪なので楽しみです。懇親会にも参加予定です~でもたぶん日帰り(涙

0

Productivity Future Vision をご存じですか?

今日からシルバーウィークと言われている 9 月の大型連休ですね。みなさんはいかがおすごしでしょうか? 私も、今日から 28 日まで夏季休暇を合わせて、なんと 10 連休を取ることことができました♪と言いつも、今日は少し仕事をしたりしていますが・・・ さて、先日のベクターでのセミナーでご質問を受けた Productivity Future Vision という近未来の ICT で実現されるであろう世界を描いたビデオの件について、このブログに記しておこうと思います。 Productivity Future Vision Microsoft Showcase: Productivity Future Vision http://www.microsoft.com/video/en/us/details/e7728af1-3fe4-4e25-a907-3dbf689fe11a Office Labs: Productivity Future Vision http://www.officelabs.com/projects/productivityfuturevision/Pages/default.aspx このビデオですが、弊社のイベント(Tech Ed とか FTD とか ReMIX とか)で最近よく使っており、ご覧になられたかたも大勢いらっしゃるかと思います。 透明なスクリーンに女の子が犬の絵を書いて男の子と会話したり、飛行機の各座席に設置された大型ディスプレイ上で女性がさまざまな情報を見たり・・・と、さまざまな近未来のイメージ映像を見ることができます。 この映像の中には、たとえば Windows 7 のマルチタッチや WPF, Silverlight などの、現在すでに使うことができるテクノロジーの要素がたくさんちりばめられています。 ぜひ、この Productivity Future Vision をご覧になってみてください。ここに使われているのはあのテクノロジーだな~、などなど、また違った視点でご覧いただくととても楽しめるビデオだと思います。 さぁーて、このブログ更新を最後に、連休明けまで私はしばらく逃亡しますっ!

1

[御礼] ベクター登録開発者様限定!Windows 7 テクニカルセミナー

またまた、前回の記事から時間が空いてしまいました。いけませんねぇ・・・わたし。出来るだけ更新したいと思っているのですが、いやはや(涙 Tech Ed 2009 が終わって、一気に気候も秋めいてきました。朝晩は涼しくて過ごしやすくなりましたね。ただ、季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆様もご注意ください。 さて、今週 9/14 は、秋葉原 UDX で開催された「~ いち早く Windows 7 対応アプリケーションを作りたいっ!~そんなベクター登録開発者様限定!Windows 7 テクニカルセミナー」に登壇しました。 ベクター登録開発者様限定!Windows 7 テクニカルセミナー レポート 私のセッションは「さぁ作ろう!Windows 7 対応アプリケーションの開発術 ~ 新機能でアプリケーションを完全武装! ~」と題して、互換性から新機能までを 90 分で一挙ご紹介させていただきました。ご参加されたみなさま、楽しんでいただけましたでしょうか? Windows 7 には、数多くの新機能が用意されています。タスクバー&ジャンプリスト、マルチタッチ、センサー API などなど、ソフトウェア開発がますます楽しくなるテクノロジ満載です。これを機に、みなさまが開発されているアプリケーションに新しいエクスペリエンスを実装していただけるとたいへん嬉しいです。 今後とも、よろしくお願いいたします!

0

Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン (UX ガイドライン)

先週は、夏の一大イベント Tech・Ed Japan 2009 が開催されました。ご参加いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。ぜひ来年の Tech・Ed もお楽しみに! そんな Tech・Ed で配布された資料の中に、「Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン」(UX ガイドライン) という冊子が含まれていたのをご覧になられたでしょうか。これは、Windows アプリケーションの UX とインタラクションを設計・デザインするためのガイドラインで、Windows 7 時代のアプリケーション開発には必須のドキュメントです。 過去に日本では Windows 95 に対応したガイドラインが書籍として発刊されていましたが、あれから約 15 年の時を経て、内容も新たにオンライン版として公開されることになりました。   Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン (MSDN オンライン版) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa511258.aspx これは、ページ数にするとおよそ 800 ページものボリュームをもつドキュメントで、大変内容の濃いものとなっています。 同時に、およそ 52 ページにまとめた概要版も公開になっています。 Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン 概要版 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ee340680.aspx この概要版については冊子としても作成していまして、今後のさまざまな開発者向けイベントなどで配布される予定となっています。(先日の Tech・Ed で配布されたのもこの概要版です) この UX ガイドラインをご一読いただいて、皆様の Windows 7 対応アプリケーション開発に生かしていただけると幸いです。

0

[FTD] Windows Server 2008 R2 の新機能にも注目!

お盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか? 実家へ帰省 国内旅行 海外旅行 家でまったり 仕事(涙 その他 … などなど・・・私は仕事でしたけどw さて、またまた Future Technology Days (FTD) のセミナーのお知らせです。 Windows 7 もさることながら、新しくなった Windows Server 2008 R2 にも注目!!ということで、次のセミナーの開催が決定しました。 [Future Technology Days (FTD) Windows Server 2008 R2 セミナー] ソフトウェア開発者にとっての Windows Server 2008 R2 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/ftd/windows7/default.mspx#WINDOWSSERVER 2009 年 9 月 7 日(月)11:00 ~ 18:00(受付 10:30 開始) マイクロソフト株式会社新宿本社 5F セミナールーム ■ 概要 – Windows…

0

Windows API Code Pack v1.0 リリース!

今週はお盆休みの方も多いのではないでしょうか。天気が悪かったこともありますが、今日は電車がすごく空いていましたね。 そんな今週一週間ですが、8 月 15 日 12 日には Windows 7 RTM 日本語版が開発者向けに公開される予定もあり、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。 さて、そんな Windows 7 でマネージ開発 (.NET 開発) を行うためのライブラリである Windows API Code Pack がとうとう v1.0 になりました。 Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework こちらをお使いいただくことで Visual Studio 2008 SP1 (.NET Framework 3.5 SP1) の元で、すぐにでも Windows 7 の新機能に対応したアプリケーションを開発していただくことが可能です。 参考までに、Windows 7 SDK も下記にて入手可能です。 Windows SDK for Windows 7…

0

[FTD] Windows 7 / Server 2008 R2 アプリケーション移行の準備は OK !?

無事にシアトルから帰国しました! それにしても日本は蒸し暑いですね。シアトルは、私が滞在している間はとても天気も良く過ごしやすかったです。気温が高くても湿度が低いのでとても快適でした。 快適といえば、Windows 7 カ・イ・テ・キ!ですね。シアトル出張中も NetBook と呼ばれる某 PC に Windows 7 を入れて持ち歩いていたのですが、さっと開いて仕事をして、ぱっと閉じてバッグへポン!とても安定して安心して使うことができました。 そんな Windows 7 RTM 版を、もうまもなく皆様にも使っていただくことができるようになります。お楽しみに! で、、、 Windows 7 は準備 OK でも、その上で使用されるアプリケーションの移行準備は OK でしょうか?もし、皆様が開発されているアプリケーションの Windows 7 対応はこれからという方や、対応に関してわからないことなどがある方にお勧めのセミナーのご紹介です。 [Future Technology Days (FTD) Windows 7 セミナー] Windows 7 & Windows Server 2008 R2 アプリケーション移行の為の開発ポイント http://www.microsoft.com/japan/powerpro/ftd/windows7/default.mspx と題した開発者向けセミナーが下記の日程で開催されます。 ◆ 2009 年 8 月 19 日 (水) 10:00 ~…

0

[書籍:近日発売!] .NET 開発テクノロジ入門

ここ数日は、日差しもすっかり夏らしくなってきましたね。気がつけばもう少しで 7 月です。 最近は、来期のプランニングや、今週末の北海道で開催されるコミュニティイベントの準備、そして Tech Ed 2009 の準備など、やること盛りだくさんです! そして、つい先日までは、本日ご紹介する書籍の執筆で休む間もなしな感じでした。。。 その書籍というのが、弊社エバンジェリストチームで執筆しました「.NET 開発テクノロジ入門」です。 .NET開発テクノロジ入門 ~.NETの基礎からクラウドテクノロジ Windows Azureまで~ この書籍では、.NET Framework 3.5 SP1 のテクノロジの全体像を解説し、さらに Windows Azure によるクラウドテクノロジの紹介まで、幅広いテクノロジを網羅した .NET 入門書となっています。 8 月上旬には発売になるかと思いますので、ぜひお手にとって読んでいただければと思います。 また、この書籍の抜粋記事が出版元の日経BPソフトプレス様の Web サイトで公開になっています。こちらのほうもご一読ください。 .NET 開発テクノロジ入門 執筆に携わったエバンジェリストは Tech Ed 2009 Yokohama にも登壇しますので、こちらへのご参加もぜひ!!書籍を持参して頂いた方には著者からサインがもらえるかも(?)しれませんよ~ ちなみに、私は ASP.NET の章を担当させていただきました。Tech Ed でご紹介する予定の ASP.NET MVC についても書いていますのでお楽しみに♪

0

Windows API Code Pack が v0.90 になりました

こちらの弊社川西のブログでもご紹介されてます通り、Windows API Code Pack が v0.90 にバージョンアップされています。 Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework Visual Studio 2010 / .NET Framework 4.0 が RTM になるまでは、Windows 7 対応のアプリケーション開発は Visual Studio 2008 / .NET Framework 3.5 SP1 と共に、この Code Pack や Windows SDK for Windows 7 がメインの開発環境/フレームワークとなるでしょう。 ○ Windows 7 マネージ開発 Visual Studio 2008 SP1 (.NET Framework…

0