Code 2016 in 定山渓温泉 に参加します

早くも 8 月が見えてきている今日この頃、夏休みモードの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。私も半分夏休みを兼ねて、昨年に続いて札幌は定山渓温泉でプログラミング合宿してきます。 Code 2016 in 定山渓温泉 ~ 湯ったり温泉とプログラミング漬けの二日間 http://codejp.connpass.com/event/34473/ 場所は、温泉と大きいプールのある定山渓ビューホテルです。のんびりしてきます。どなたでも参加 OK ですので、よろしければ皆さんもぜひ! ※私は完全プライベート参加です~。なので、普段の仕事では話したことがない Web MIDI API をネタに、半分趣味のお話しをしてこようかと思います。(でも Visual Studio は使いますよw)  

0

.NET Core 1.0 リリース!

オープンソースとして開発が進められてきた .NET Core 1.0 が、2016/6/27 に正式リリース (RTM) されました。 ダウンロード等はこちらの .NET サイト (https://dot.net/core) をご参照ください。URL が覚えやすくていい感じですね。 今回 1.0 として正式リリースされたのは以下のランタイムとライブラリです。 .NET Core 1.0 ASP.NET Core 1.0 Entity Framework Core 1.0 これらを使うための .NET Core SDK (dotnet コマンドツール) や .NET Core for Visual Studio (Visual Studio 2015 の .NET Core 用アップデート) は Preview 2 となっていて、こちらの RTM は次期 Visual Studio “15”…

0

オンラインで学ぶ「ASP.NET MVC の概要」

オンラインビデオによる無料トレーニングコンテンツサイト Microsoft Virtual Academy (通称 MVA) では、IT エンジニア向けのさまざまなトレーニングコースが公開されています。 その中で、以前からリクエストの多かった「ASP.NET MVC の概要」コースに日本語字幕が付きましたのでご紹介します。 ★ ASP.NET MVC の概要(コースはこちらから) ASP.NET MVC について体系的に学べる全 7 章 (モジュール)  x 約 1 時間のコンテンツになっています。 なお、MVA の継続した受講には Microsoft アカウントが必要となりますが、ログインすることで進捗状況の確認やポイントが加算されたりしますので、ぜひご利用ください。 若干、Web ページの UI がわかりにくいところがありますが、モジュールの一覧を表示するとわかりやすいと思います。また、スライドのダウンロードなども用意されていますので、こちらも合わせてご利用ください(下図参照)。 上記の ASP.NET MVC のコースは、もともと弊社米国本社側で作成したものとなりますが、日本オリジナルのコンテンツも多数公開されています。 最近私が収録したものもいくつか。。。↓ Visual Studio 2015 Preview ASP.NET 5 概要 Visual Studio Online “Monaco” また、昨年の de:code のセッションビデオも MVA で公開されていますのでぜひ。 de:code…

2

11/12 深夜は Visual Studio vNext & Azure のオンラインイベントで夜更かしモード

突然ですが、11/12 深夜にニコ生で開発者向けのオンラインイベントが開催されることになりました。 ☆ 池澤あやかと語る MS 開発者イベント Connect(); 解説・生中継 by 週アス 2014/11/12 (水) 開演 : 23:45 – 26:15 (11/13 2:15) ころまで http://live.nicovideo.jp/watch/lv199630620 このイベントでは、同時間帯にニューヨークで開催される Visual Studio vNext & Azure イベント Connect(); を日本語解説付きで紹介する予定です。 Visual Studio vNext !!! ということで、何が発表されるかとても楽しみです。 本家 US の Online Event 情報はこちら: Connect(); Visual Studio vNext & Azure ぜひ、ご一緒に夜更かししましょう!

0

Project Liike: モダン モバイル Web アプリ開発ガイダンス&サンプルコード公開です!

昨年の 9 月からおよそ 3 ヶ月間、私がマイクロソフト米国本社の勤務でご一緒させていただいたモバイル向けアプリケーション開発のためのガイダンスプロジェクト Project Liike (リーケ) のドキュメントとサンプルコードが US の MSDN サイトで公開になりました!(関連ブログポストは こちら) ~ Building Modern Mobile Web Apps ~ モダン モバイル Web アプリケーション開発ガイダンス ドキュメント: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh994907 サンプルコード: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29984 以前から公開されていた Project Silk: モダン ブラウザのためのクライアント サイド Web 開発ガイダンス のモバイル版となるこのガイダンスは、基本的に HTML5, CSS3, JavaScript をベースとしたクライアントサイド中心開発のドキュメント&サンプルコードとなっています。 Single Page Application (SPA) のアーキテクチャーを活かしたモバイル向け Web アプリケーションの開発にとても参考になると思います。 ※ 残念ながら ASP.NET MVC 4 のプロジェクトテンプレートからは…

0

Windows Developer Days セッション ビデオ公開です

2012 年 4 月 24 日 ~ 25 日に開催された Windows Developer Days 2012 のセッション ビデオが Channel 9 で公開になりました。   Windows Developer Days 2012 セッション ビデオ: Channel 9 イベント ページ Windows 8 Metro スタイル アプリケーション開発や、Windows Phone, Windows Azure などのビデオとセッション資料 (pdf) も公開されています。 こちら で少しだけフォローアップした私のセッションビデオもご覧いただけますので、ぜひどうぞ。。。 << ASP.NET MVC 4 と SPA がもたらすマルチデバイス エクスペリエンス >> ちなみに、セッション資料ですが、少しわかりにくいですが下記の Slides リンクより PDF…

0

NuGet をオフラインで使用する

先日開催した Windows Developer Days のビデオ公開に向けて、先ほど自分のセッションビデオをチェックしていました。自分で自分が話しているビデオ(今回はスクリーン表示と声のみで顔は映ってません)を見るのは結構辛いのですが、そこは心を鬼にして頑張ってみてみました。こうしたら良かったとか、いろいろと勉強になることが多いですね・・・w さて、そんなセッションの中でも、最近は NuGet を使用することが多くなっています。この NuGet でインターネット上の公式パッケージをインストールする場合、もちろんオンライン(インターネット接続)が必要ですが、さまざまな状況・場所で NuGet を使用したりデモしたりする場合、オフラインの場合も考慮しておかなければなりません。 こういった NuGet のオフラインでの使用を想定した事前準備として Package Cache の利用をご紹介します。 ★ NuGet Package Cache NuGet パッケージマネージャーを通して一度でもインストールしたパッケージは、Package Cache フォルダーにキャッシュされています。 この Package Cache フォルダーは、Visual Studio の [ツール] – [オプション] からオプションダイアログを開き、[Package Manager] – [General] の [Browse] ボタンから Cache フォルダーを開くことができます。 Package Cache の場所: C:\Users\<User Name>\AppData\Local\NuGet\Cache 通常、NuGet 公式パッケージは、直接 NuGet ギャラリー からダウンロードすることはできませんが、このキャッシュを通して .nupkg…

0

モバイル開発のお供 ~ デバイス エミュレーター ~

ゴールデン・ウィーク、終わっちゃいました。。。という訳で、休み明けの最初のブログは少し軽めのネタで行きましょう。 先日の Windows Developer Days の私のセッション でもご質問を受けたデバイス エミュレーターについて少しだげご紹介します。 モバイル向けアプリケーション開発では必須ともいえるエミュレータですが、みなさんは何をお使いでしょうか? 私がデモなどで使用しているものは下記の通りです。 ★ Windows Phone 言わずもがな、Windows Phone SDK に含まれている Windows Phone Emulator を使用しています。若干癖があるのも確かなのですが、よくできていると思います。 ちなみに起動時の既定では PC のキーボードからの入力ができませんが、Pause キーで PC キーボードからの入力 (英語配列) 出来るようになります。   また、Windows Phone 7 Emulator Skin Switcher を使うと、上記のようにスキンを変更することができます。 ★ iOS iOS 系のエミュレーターはいくつかありますが、私が使用しているのは Electric Plum の Electric Mobile Simulator です。 無償版と有償版 ($29.99) があります。私は、書籍のスクリーンショットやセッションデモなどの関係で一応は有償版を使用していますが、無償版でも十分使えると思います。iPhone と iPad の表示が可能です。  …

1

[WDD] ASP.NET MVC 4 と SPA セッション フォローアップ

Windows Developer Days にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。あっという間の 2 日間でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?   また、ASP.NET MVC 4 と Single Page Application がもたらすマルチデバイス エクスペリエンス にご参加いただきました皆様も本当にありがとうございました。 セッション中に作成・ご紹介した Single Page Application のデモアプリケーションは、後日あらためてご紹介していきたいと思います。セッションスライドなども近日中には公開できるかと思いますので、もう少しだけお待ちください。 今日は、少しだけフォローアップします。 ★ VS エディター固まる事件発生 !? Visual Studio 2010 エディタ―の応答が無くなる事件が発生しましたが、これは、 VS2010 SP1 + MVC4 Beta workaround for cshtml/vbhtml editor’s long pause の不具合のためでした。プロジェクト作成後、一度だけでもビルドをしておけば回避できたのですが、すっかり失念していていまして、終わってからふと思い出したという次第でした。やはり Beta 版を使ってデモするのは難しいですね。。。次のリリースには直る予定ですので、ご了承いただければと思います。 ★ 時間オーバーとセッションレベル さすがに 45 分で MVC 4 と SPA を話きるのは厳しく、ご紹介する範囲をかなり絞ったのですが、結局…

2

いよいよ明日から 2 日間は Windows Developer Days です!

先ほど自分のセッションのリハーサルを終え、一旦品川オフィスに戻ってきたところです。会場設営や各種リハーサルも順調に進んでいるようで、徐々に気持ちが盛り上がってきています。 ぜひ明日からは 2 日間、Windows Developer Days でお会いしましょう~! 私は、Day 1 (明日 4/24) の 14:00-14:45 に Room E で登壇します。 ASP.NET MVC 4 と Single Page Application がもたらすマルチデバイス エクスペリエンス です。 私のセッションにご参加の際には、ぜひ インターネットアクセスが可能な PC, スマートフォン, タブレット, 携帯電話(出来るだけ最近のもの) をお持ちいただけると、少しだけ楽しめるかと思います。(もちろん、持参頂かなくても大丈夫です!) なお、当日会場内では参加者のみなさま向けに WiFi 無線 LAN 環境が用意されています。   Windows Developer Days は Windows 8 開発者向けイベントですが、私のセッションではほとんど Windows 8 の話は出てきません(汗)。そんなわけで、あまり広い部屋ではありませんが、皆様のご参加を心からお待ちしております!

0