Visual Studio 2012 と QUnit / Jasmine でおこなう JavaScript 単体テスト

昨年の 10/4 – 5 に開催されたイベント Developer Camp 2012 Japan Fall のセッション “Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力” の中で少しだけご紹介しました、Chutzpah Test Adapter for Visual Studio 2012 を使った JavaScript の単体テストについて、その情報をまとめておきます。   Visual Studio 2012 拡張機能: Chutzpah Test Adapter for Visual Studio 2012 これは、Visual Studio 2012 のテスト エクスプローラーで QUnit や Jasmine といったテストフレームワークを使って JavaScript の単体テストを行うための拡張機能です。 ※ Chutzpah はフツパやフツパー…


ASP.NET MVC と QUnit で JavaScript の単体テストをおこなう

こちら でご紹介した patterns & practices: Project Silk では、JavaScript の単体テストに jQuery で使われている QUnit が採用されています。JavaScript のニーズが非常に高まっている中、その JavaScript コードのテストをどのようにおこなうか、といったことも Web アプリケーション開発ではしっかりと考えていかなければなりません。 単体テストでは「テストコードを書く」といった作業が発生しますが、一度テストコードを書いておけば、そのテストコードが対象とするコードを変更しても短時間で検証をおこなうことができます。特に JavaScript では、jQuery などの外部ライブラリを使うことが多くなってきており、そういった外部ライブラリのアップデートに起因する、意図しない不具合も起こりえます。 そこで今回は、QUnit を Visual Studio 2010 と ASP.NET MVC プロジェクトで使用する方法をご紹介します。 1. QUnit ライブラリのプロジェクトへの追加 QUnit を手動でプロジェクトに追加することも可能ですが、Visual Studio 2010 では NuGet パッケージとして公開されていますので、NuGet 経由で簡単にプロジェクトに追加することができます。 パッケージ名: QUnit for ASP.NET MVC ID: QUnit-MVC a) [ツール] – [Library Package Manager]…