改めて「”One ASP.NET” って何?」を書いてみる ASP.NET Advent Calendar 2 日目

うぁー、もう 12 月! Advent Calendar 始まってる! という感じで、昨日まで One ASP.NET Advent Calendar 2013 の 12/2 担当にエントリーしていたことをすっかり忘れていた私でございます・・・ 12 月 1 日 ~ 25 日まで、様々なテーマのもとで日めくりカレンダーのように毎日ブログ記事を書いていくイベントが Advent Calendar で、今年は昨年に増していろいろな Advent Calendar が始まっています。私は、昨年 に引き続き One ASP.NET Advent Calendar を中心に参加していこうと思っています。 One ASP.NET Advent Calendar 2013 ※ まだ空きがあるので、ご興味ある方はぜひ!(私もあと一回くらいは登録しようかな) さて、若干ネタに迷っているところもあるのですが、そもそも One ASP.NET って何?と思っている方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、Visual Studio 2013 がリリースされた今、改めて “One ASP.NET” について書いてみたいと思います。 ■ One ASP.NET ビジョン…

0

NuGet 2.7 と Visual Studio におけるパッケージ復元機能の強化

今回は、NuGet 2.7 で強化された Visual Studio 2012 / Visual Studio 2013 の NuGet パッケージの自動復元機能のお話です。 以前、こちらのブログ記事 “ASP.NET でソース管理システムへの NuGet パッケージのコミットを不要とする” で「NuGet パッケージの復元の有効化」機能をご紹介しました。 非常に多くの NuGet パッケージを含むようになってきた ASP.NET プロジェクトで、この「NuGet パッケージの復元の有効化」を有効にすると、ビルドに必要な NuGet パッケージが無い場合には自動的にダウンロード/リストアされるようになり、 TFS などのソースコード バージョン管理システムなどで管理する場合にビルドで必要な NuGet パッケージのバイナリ ファイルをコミットする必要がなくなります。 しかし、その代わりにソリューションに .nuget フォルダーが作られ、その中に NuGet.exe が追加されるようになります。 ※ エクスプローラで見た、ソリューションの .nuget フォルダー ● NuGet 2.7 におけるパッケージ 復元機能の強化 NuGet 2.7 から、この NuGet パッケージ復元機能が強化され、上記のファイルのうち、NuGet.exe と NuGet.targets…

0

“VS 魂 100 連発” NuGet パッケージ マネージャー編

ビデオシリーズ “VS 魂 100 連発” も順調に回を重ねています。現在は USTREAM に加えて YouTube にもチャンネルが開設されていますので、お好みのチャンネルでご視聴いただければと思います。 YouTube: Visual Studio Japan チャンネル ~ VS 魂 100 連発 USTREAM: UX-TV ~ VS 魂 100 連発 先週は、「そういえば NuGet 紹介しないと・・・」という社内からのフィードバックや、先日参加した岡山での OITEC & ヒーロー島合同勉強会 in 岡山 2013 Mar ~ Web テクノロジー Day ~ で、きよくらさんの「NuGet 社内利用のススメ」セッションを見た影響もあり、早速下記 2 つの NuGet ネタを収録してみたのですが・・・実は、2 本目の最後のデモで 公式 NuGet ギャラリー にアップロードしたデモ用パッケージの Visual Studio…

0

ASP.NET でソース管理システムへの NuGet パッケージのコミットを不要とする

ASP.NET プロジェクトと NuGet パッケージ マネージャーは、今では切っても切れない関係で、プロジェクトを構成するライブラリ群の多くが NuGet 経由でプロジェクトに追加され管理されるようになっています。 NuGet については、下記もご参照ください。 @IT:特集:.NET開発の新標準「NuGet」入門 http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/chushin/nuget_01/nuget_01_01.html NuGet でゲット! Visual Studio パッケージ マネージャ―概要 http://www.slideshare.net/chack411/nuget-visual-studio 図:とあるプロジェクトの packages フォルダーにダウンロードされている NuGet パッケージ群 図:この pacages フォルダーだけで 27.5MB になっています… これらの ASP.NET プロジェクトを TFS や Git などのソースコード バージョン管理システムなどで管理する場合、これまでは NuGet で管理されるパッケージのバイナリファイルもコミットする必要がありました。しかし、これはソース管理システムのリポジトリの肥大化を招くため、あまり望ましいことではないため、NuGet 2.0 以降からは NuGet パッケージのリストア機能に対応し、ソース管理システムへの NuGet パッケージのバイナリファイルのコミットを不要として、ビルド時に不足している NuGet パッケージがあった場合に自動でダウンロードしてリストアすることが可能になっています。 この NuGet パッケージのリストア機能を使用するには、まず、Visual Studio 2012 の [ツール] – [オプション]…

0

ASP.NET Fall 2012 Update BUILD Prerelease がリリースに

こちらのブログポスト “ASP.NET Fall 2012 Update ロードマップ” でお伝えしていたとおり、日本時間の 1:00 AM から始まった Build 2012 Day 2 キーノート での発表後、今朝方に ASP.NET Fall 2012 Update BUILD Prerelease が公開になりました。 ★ ASP.NET Fall 2012 Update BUILD Prerelease ダウンロード: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35493 リリースノート: http://www.asp.net/vnext/overview/fall-2012-update/aspnet-fall-2012-update-release-notes その他の情報: Ten – oh, wait, eleven – Eleven things you should know about the ASP.NET Fall 2012 Update   インストールについて 今回のアップデートでは、ASP.NET…

0

ASP.NET Fall 2012 Update ロードマップ

Developer Camp 2012 Japan Fall で、Scott Guthrie がサプライズで話していた、年内に予定されている ASP.NET のアップデートリリースのロードマップが ASP.NET の CodePlex サイトに公開されています。 Roadmap for ASP.NET Fall 2012 Update (英語) こちらに記載されている内容はあくまでも現時点での予定ですので、リリースまでに変更になる可能性がありますが、簡単にその内容をまとめてみました。(フィードバックを UserVoice site で受け付けていますので、よろしければぜひ) リリース時期 プレビュー版: Build 2012 (10/30 – 11/2) 頃 RTM 版: 年末頃 (2012/12/末?) アップデート内容 SignalR SignalR が 1.0 になり、正式に ASP.NET のコンポーネントに加わります。SignalR は、非同期・リアルタイム・双方向通信を実現するライブラリ(フレームワーク)です。 Windows Azure Active Directory Windows Azuure Active Directory に対応し、Windows…

0

NuGet をオフラインで使用する

先日開催した Windows Developer Days のビデオ公開に向けて、先ほど自分のセッションビデオをチェックしていました。自分で自分が話しているビデオ(今回はスクリーン表示と声のみで顔は映ってません)を見るのは結構辛いのですが、そこは心を鬼にして頑張ってみてみました。こうしたら良かったとか、いろいろと勉強になることが多いですね・・・w さて、そんなセッションの中でも、最近は NuGet を使用することが多くなっています。この NuGet でインターネット上の公式パッケージをインストールする場合、もちろんオンライン(インターネット接続)が必要ですが、さまざまな状況・場所で NuGet を使用したりデモしたりする場合、オフラインの場合も考慮しておかなければなりません。 こういった NuGet のオフラインでの使用を想定した事前準備として Package Cache の利用をご紹介します。 ★ NuGet Package Cache NuGet パッケージマネージャーを通して一度でもインストールしたパッケージは、Package Cache フォルダーにキャッシュされています。 この Package Cache フォルダーは、Visual Studio の [ツール] – [オプション] からオプションダイアログを開き、[Package Manager] – [General] の [Browse] ボタンから Cache フォルダーを開くことができます。 Package Cache の場所: C:\Users\<User Name>\AppData\Local\NuGet\Cache 通常、NuGet 公式パッケージは、直接 NuGet ギャラリー からダウンロードすることはできませんが、このキャッシュを通して .nupkg…

0

NuGet パッケージによる MVC 関連アセンブリの管理: ASP.NET MVC 4 新機能シリーズ

ASP.NET MVC 3 では、jQuery などの JavaScript ライブラリや Entity Framework のランタイム アセンブリなどが NuGet パッケージとして管理され、アップデートなどが容易におこなえるようになっています。 加えて ASP.NET MVC 4 からは、MVC 4 関連のアセンブリも NuGet パッケージとして管理されるようになりました。 これによって、各アセンブリのアップデートなどにも NuGet を通してプロジェクト単位で柔軟に対応出来るようになっています。 先日発表された ASP.NET MVC 関連コンポーネントのオープンソース化 (こちら のブログ記事もご参照ください) にも関連するとは思いますが、今後これらのアップデート等がどの程度の頻度でおこなわれるのか、とても興味があるところです。 ◆ NuGet パッケージのリストア機能 また、ASP.NET MVC のプロジェクトをソース管理システムなどで管理する場合、これまでは NuGet で管理されるアセンブリなどのバイナリファイルも、場合によってはコミットする必要がありました(これはソース管理のリポジトリの肥大化を招くため、あまり望ましいことではありません・・・)。 そこで、ASP.NET MVC 4 では NuGet で管理されるパッケージのリストア機能に対応し、ソース管理システムへの NuGet パッケージのバイナリファイルのコミットが不要になりました。 ソリューション エクスプローラーのソリューション名上で右クリックして表示される [Enable NuGet Package Restore] メニューより、NuGet…

0

「Tech・Aid 2011 夏」に登壇します

今年は残念ながら Tech・Ed が延期となってしまいましたが、そんな 8 月にコミュニティーのみなさまが主導でさまざまな勉強会を集中して開催されます。 Tech Party 2011 こちらの 8/20 の COMU+ (こみゅぷらす) & C#ユーザ会 & codeseek 主催の勉強会に登壇させていただくことになりました。 Tech・Aid 2011 夏 こちらでは、「最新 ASP.NET Web 開発オーバービュー」と題して 60 分間お話しさせていただきます。さらに、DirectX の神、弊社エバンジェリストの川西も登壇します。これは見逃せません! もしご都合よろしければぜひご参加くださいませ。 (さてさて、何をしゃべろうかなぁ・・・準備進捗 0% なう)

0

HappyForest テンプレート (WebMatrix, Web ページ用) を NuGet ギャラリーに登録しました

先ほどポストした Edtter デザイン テンプレート (HappyForest) を NuGet ギャラリーに登録しました で紹介したデザイン テンプレートは ASP.NET MVC 3 プロジェクト用となっていますが、これを WebMatrix でも使いたい!というご要望 (?) にお応えして、WebMatrix の Web ページ ベースで作るサイト向けに NuGet パッケージ化したものを NuGet ギャラリーに登録しました。 HappyForest Template (JPN) – 1.1 on NuGet Gallery パッケージ ID は HappyForestTemplate となっています。 使い方はこちらも簡単で、一例として使い方手順を下記で紹介します。 Web PI 経由で WebMatrix をダウンロード してセットアップ 「テンプレートからサイトを作成する」メニューから、「空のサイト [英語] 」を選択してサイトを作成 左下の「ファイル」を選択してから「ファイルの新規作成」をクリックして、任意のファイルを一つ追加する (Page.cshtml など) 左下の「サイト」を選択してから「ASP.NET Web ページの管理」をクリックして「ASP.NET…

0