Web Essentials の Visual Studio 2013 ブラウザー リンク拡張機能

いよいよ ASP.NET Advent Calendar 2013 も最終日の 12/25 となりました。昨日の nnasaki さんからタスキを受け取ったものの、何を書こうかとても迷いまして・・・。という訳で、ここのところ連続でブログ記事を書いていたブラウザー リンクと、昨年の Advent Calendar でも書いていた Web Essentials ネタで締めたいと思います。(ASP.NET ガッツリなネタじゃなくてごめんなさい・・・) ◆◆◆ ASP.NET Web 開発にとても便利な Visual Studio 拡張機能のひとつ、Web Essentials を活用されている方も多いかと思います。 ※ Web Essentials については下記の昨年の ASP.NET Advent Calendar 記事もご参照ください。Visual Studio 2012 ベースの内容ですが、Visual Studio 2013 でもほぼ同じとなっています。 Visual Studio 2012 拡張機能 Web Essentials 2012 を使おう! この Web Essentials の最新版では、Visual Studio 2013…


静的 HTML ファイルで Visual Studio 2013 ブラウザー リンクを使うには

前回のブログ投稿 “クロスブラウザのテストに Visual Studio 2013 のブラウザー リンクをどうぞ” でご紹介した Visual Studio 2013 のブラウザー リンク (Browser Link) は、既定では静的な HTML ファイル (*.html など) では有効になりません。しかし、Visual Studio で開発する Web アプリケーションとはいえ、静的 HTML ファイルを使うことがあると思います。そういった場合に、デバッグでブラウザー リンクが使用できると便利です。 実は、下記の設定を Web.config に記述することで、プロジェクト内の HTML ファイル (*.html) でブラウザー リンクを有効化できますのでお試しいただければと思います。 <configuration> <system.webServer> <handlers> <add name="Browser Link for HTML" path="*.html" verb="*" type="System.Web.StaticFileHandler, System.Web, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" resourceType="File" preCondition="integratedMode" /> </handlers>…


Visual Studio 2013 HTML/Razor ファイルのアンミニファイとは?

先日、社内でたまたま話題にあがった、あまり知られていない? Visual Studio 2013 の機能「アンミニファイ」について簡単にご紹介します。(とは言え、あまり使う機会がない機能な気もしますので、こんなこともできるんだ、くらいの気持ちで読んでくださいw) ● アンミニファイ (Un-minify) Visual Studio 2013 のプロジェクトで、HTML ファイルまたは Razor ファイル (.cshtml) 上で右クリックすると、(控えめに)「アンミニファイ」というメニュー項目が表示されます。 最初は私も「なんだ?このメニュー?」と思い、クリックするも何も変化が起こらず「むむむ?」という感じだったのですが、下記のブログに書かれている通り、ミニファイされた HTML/Razor ファイルをエクスパンドするコマンド、つまり改行なしの HTML/Razor ファイルを整形するコマンドだそうです。 HTML Editing Features in Visual Studio 2013 RC Un-minify If you right-click on an HTML or Razor file, the last command in the context menu is “Un-minify.” In RC, this command does nothing,…


「Microsoft Web 開発ガイドライン」公開です♪

ASP.NET デベロッパー センターのリニューアルに引き続き、この度 ASP.NET を中心とした Web 開発の全貌を一読できるドキュメント (ホワイトペーパー) を公開いたしました!! Microsoft Web 開発ガイドライン ~ ASP.NET プログラミング エッセンシャル ~ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/asp.net/ff602016.aspx このドキュメントは、ASP.NET を中心に、クライアントサイドからサーバーサイドに至るまでの広範囲な Web 開発テクノロジの情報をまとめたガイドラインです。 一言で Web 開発といっても、多種多様のテクノロジとプラットフォームがあります。それらの中でも、マイクロソフトの Web テクノロジとプラットフォームに関する技術情報は膨大で、体系的に参照することはとても難しいものと思われていました。 そこで、マイクロソフト テクノロジをベースとした Web 開発で、欠かすことのできないトピックを一つのガイドラインとして再編成したものが、このドキュメントになります。 コンテンツのベースとして、MSDN ライブラリ(英語および日本語)にあるWeb 開発関連のドキュメントを取捨選択して翻訳や編集をおこなっています。さらに必要と思われる部分は加筆および修正をして、ASP.NET プログラミングのエッセンスをまとめました。 全ページ数 373 ページ(表紙含む)という大量ドキュメントですが、すべて無料で読むことができます。また、いままでいろいろなところに分散していて探しづらいと言われていた MSDN ライブラリドキュメントの ASP.NET トピックを取捨選択してまとめた形にもなっていますので、読み物としても、また辞書としてもお使いいただけるドキュメントになっています。 現在は、 PDF 形式と XPS 形式でダウンロード版を入手していただくことが可能になっています。今後は、Web 版も公開予定ですので、ぜひご期待ください。 このドキュメントが、Web 開発に携わるエンジニアの皆様のお手元で少しでも役立つことを願っています。


Visual Studio 2010 で jQuery のコード スニペットを使おう

Visual Studio を使った Web 開発と聞くと ASP.NET をベースとしたサーバーサイド Web 開発を思い浮かべる方が多いかもしれません。 ASP.NET Web Forms ASP.NET AJAX ASP.NET MVC ASP.NET Dynamic Data などなど。。。 一方、これまではどちらかというと控えめに進化していたクライアントサイドの Web 開発が、Visual Studo 2010, ASP.NET 4 では大きく進化します。 そんなクライアントサイド Web 開発で注目すべき点の一つが jQuery との親和性、相互運用性です。 オープンな JavaScript ライブラリとして jQuery はとても便利で、多くの Web 開発者の方々に注目され広く使われています。 jQuery 公式サイト : http://jquery.com/ Visual Studio では、コードエディタで jQuery のコーディングを容易に行うことができるようにさまざまな機能が用意されます。 今日はその中でも、コードスニペットについてご紹介します。 現在、下記の CodePlex サイトで Visual Studio…


Visual Studio 2008 で HTML 5 インテリセンスと検証機能を有効にする

そろそろ HTML 5 の話もいろいろなところで耳にするようになってきました。今日は、そんな HTML 5 に対応したインテリセンスや検証機能を Visual Studio 2008 (Visual Web Developer Express 2008) で有効にする方法をご紹介します。 ( Visual Web Developer Team Blog より) Visual Studio で HTML をコーディングする際に、ターゲットとなる HTML のスキーマを指定できることはご存知でしょうか? Visual Studio 2008 では既定で以下のターゲットスキーマを選択できるようになっています。 Internet Explorer 6.0 Internet Explorer 3.02 / Netscape Navigator 3.0 Netscape Navigator 4.0 HTML 4.01 XHTML 1.0 Transitional (Netscape 7, Opera…