私自身が de:code された技術漬けの 2 日間


思い起こせば、TechEd 2010 の開催から 4 年、2012 年 4 月に開催された Windows Developer Days から 2 年。空白の 2013 年を経て、念願の技術者向けイベントを開催することができました。

de:code ~ 技術漬けの 2 日間 ~

あっという間に終わってしまいました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

20140529_211520 20140529_190059
20140529_200831 20140529_200903

手元にあるさまざまなドキュメントを振り返って見てみると、2013 年 8 月ころから de:code のプロジェクトが始まっていました。

もちろん当初はイベント名も決まっておらず、技術者向けの有償イベントとして開催時期や会場などの検討を開始したのですが、思い起こせば、プロジェクトリードの舟越を中心に、会場と日程、イベント名などを決定してきたプロセスがとても懐かしく思います。(一度は 4 月の六本木ミッドタウンでの開催も決まりかけたりもしましたが、その後に Build の日程が 4 月と分かり、日程再検討に。。。今だから話せる裏話です。)

2013 年 12 月に最初のティザーサイトを公開、明けて 2014 年 1 月にイベント名 de:code が決定。そこから怒涛の 66 セッションの検討が始まりました。4 月の Build や 5 月の TechEd North America での各種発表を考慮しなければならない中、出来る限り早い段階での情報公開を求められ、コンテンツ検討も大変でしたが、今思うとそれはそれで楽しい作業でした。

今回の de:code で、コンテンツ オーナーとして、キーノートのデモラーとして、ブレイクアウトセッション スピーカーとして、そしてコア メンバーとして  数多くのタスクに関われたことを心から良かったと思っています。ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。楽しんでいただけたようで本当に良かったです。

また次回、ぜひお会いしましょう!

それにしても、ここ数ヶ月は本当に忙しかった。なんと今月のブログはこの投稿だけというワースト記録になってしまいまいました・・・。6 月からまた復活しますので、今後ともよろしくお願いします!

Comments (1)

  1. Drew Robbins より:

    It was an amazing event. Nice job!

Skip to main content