Visual Studio 2012 と QUnit / Jasmine でおこなう JavaScript 単体テスト

昨年の 10/4 – 5 に開催されたイベント Developer Camp 2012 Japan Fall のセッション “Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力” の中で少しだけご紹介しました、Chutzpah Test Adapter for Visual Studio 2012 を使った JavaScript の単体テストについて、その情報をまとめておきます。   Visual Studio 2012 拡張機能: Chutzpah Test Adapter for Visual Studio 2012 これは、Visual Studio 2012 のテスト エクスプローラーで QUnit や Jasmine といったテストフレームワークを使って JavaScript の単体テストを行うための拡張機能です。 ※ Chutzpah はフツパやフツパー…


2013 年、今年のテーマは “技術志向とコミュニケーション エンハンスメント”

新年、あけましておめでとうございます! 2013 年は今日 1 月 7 日から本格始動しました。そんな今日は七草粥の日ですね。wikipedia などを読むと 7 日の朝に七草粥を食べるのが通例のようですが、みなさんは食べましたか? 私は普段通りの朝食でした・・・ さて、昨年の初めに こんなブログ投稿 を書いて、テーマを「技術志向への原点回帰」としていました。振り返ると、このテーマに基づきなんとか自分が納得できる活動ができたように思います。もちろん、反省点、やり残したことなど色々ありますが、そこはさすがに人間ですので一人でできることも限られますし、時間的にも精一杯なところもありましたので、欲張らずに良しとしたいと思います。 それでは、今年 2013 年の私のテーマは・・・ 「技術志向とコミュニケーション エンハンスメント」 かなぁ。。。(本当に今、思い付きで書きましたw) 昨年同様、”技術志向” は継続したいと思っています。エバンジェリストでありエンジニアでもあるので、ここは外せないですね。良い技術をいち早くエンジニアのみなさんに届けられるように心がけていきたいと思っています。本ブログでもそうですし、イベント、セミナーなどでも同じです。 加えて、単に一方的に技術情報をアウトプットするだけではなく、エバンジェリストとして重要な要素(だと私は思っている)”コミュニケーション” という点もしっかりと意識して活動を行っていきたいと考えます。 コミュニケーションと言っても、いろいろな意味が含まれています。1対1の対話から1対多のプレゼンテーション、そしてエンジニアのみなさん同士(多対多)を繋ぐ手助けなどの人と人とのコミュニケーション、加えて私と技術とのコミュニケーション(技術とどう付き合っていくか)などもあります。これらをできるだけエンハンスメント(強化、増強)できればいいな、と思います。(英会話スキル向上もコミュニケーションエンハンスメントの一つですねw) 今年の 3 月 1 日で、マイクロソフト社員 6 年目に突入します。いろいろと節目になりそうな気がする本年なので、次のステップをしっかりと見据えて精進していく所存です。 (もう一点、私の中での隠れたテーマは “健康” です。何をするにも体が資本。体調管理と体力増強も頑張ろうかな~と・・・) ということで、本年も何卒よろしくお願いいたします!