TypeScript 1.0 リリース間近 !? ~ Web Essentials 3.0 における TypeScript サポート削除について


Visual Studio 2012 で Web 開発をする際に、今やなくてはならない便利な拡張機能が Web Essentials です。Web Essentials については下記のブログ記事もご参照ください。

Visual Studio 2012 拡張機能 Web Essentials 2012 を使おう!

先日、この Web Essentials の最新版 3.0 がリリースされ、Visual Studio 2012 起動時にアップデートの通知を受けた方も多いかと思います。

image

この Web Essentials のバージョン 2.9 までは、Visual Studio 2012 で TypeScript を使う場合に、ts/js の 2 画面表示や、ts ファイル保存時の自動コンパイルなどの便利な機能が搭載されていていました。

Web Esseintials 2.9 までの設定項目 (VS メニューの [ツール] – [オプション] ダイアログ) ↓

image

しかしながら、今回の最新版 Web Essentials 3.0 からは、上記 TypeScript サポートが削除されました。

Web Esseintials 3.0 : 変更履歴
http://vswebessentials.com/changelog

3.0 – August 24, 2013

「えっ? なんで削除に?」と思われるかと思いますが、これはポジティブな理由からで、下記のブログにその理由が説明されています。

Web Essentials 2013: Where is the TypeScript support?

  • TypeScript 1.0 のリリースが間近となっていること
  • Visual Studio 側の TypeScript 機能とのコンフリクトを防ぐため

という大きくは 2 つの理由が述べられていて、今後は Visual Studio 側での TypeScript サポートが進んでいくことになるようです。


Visual Studio 2012 における現時点での TypeScript 関連設定項目↓

image

現時点で、Web Essentials 3.0 をインストールすると、ts/js の 2 画面分割表示などが使用できなくなりますので、お好みに合わせて 2.9 のまま使い続けるか、思い切って 3.0 にアップデートするかをご選択ください。

なお、保存時の自動コンパイルは、TypeScript の Visual Studio プラグインでサポートされています。

Compile-on-Save : TypeScript on CodePlex

As a TypeScript user you should take this as a positive thing, because it means that TypeScript is getting closer to its final 1.0 release and it will have some of the features you used to rely on Web Essentials to provide.

と書かれている通り、TypeScript 1.0 のリリースがもう間もなくということで、楽しみに待ちましょう~

Comments (0)

Skip to main content