Code 2013 参加レポート (夏の北海道はやっぱり最高)


暑いですね。。。今週はお盆休みの方も多いと思いますので、ちょっと軽めの投稿を。

前回の ブログ記事 でご紹介したイベント Code 2013 に参加してきました。

開催場所は、北海道は定山渓温泉にある定山渓ビューホテル。温泉ありラグーンありと、なかなか楽しめるホテルでした。この時期の北海道ということで東京に比べてとても過ごしやすく、それだけでも参加して良かったと思っています。

今回の Code 2013 は、よくあるセッション中心で構成されるイベントとは異なり、”Code” という名前のとおりコードクイズやコードゴルフなど、プログラミング言語やコードを読んだり書いたりすることにフォーカスを当てて構成されていて、すごく新鮮な印象を受けました。また、プログラミング言語や技術、そしてベンダー企業などにとらわれない、できるだけニュートラルなイベントになるように企画構成されていることも、大きな特徴の一つだと思います。

開始時の会場の様子。

DSC05841

オープニングのキーノートでは Microsoft Corporation の Drew Robbins さんが登壇して、様々なプログラミング言語をコードと共に紹介しつつ、ソフトウェア開発のトレンドなども踏まえながら 30 分程熱弁。

DSC05842

「コレが知りたい/教えて」「コレをやりたい/教えたい」といったテーマをもとに、複数のグループに分かれて教えあう “きんぎょばち ~ teach me / teach you ~” であがったテーマの数々。

DSC05921DSC05901

コードゴルフの解説中の様子。今回は JavaScript で書かれたデジタル時計のコードを可能な限り短くすることを競いました。今回のコードゴルフを担当された佐藤さんが、より詳細なレポート記事を書かれていますので、詳しくはそちらをご参照ください。

集え変態プログラマ!JavaScriptの最短コードに挑んだコードゴルフ大会 in Code 2013

DSC05966

コードクイズでは、坂本さんが ASP.NET SignalR と Windows Azure Web サイトで作成したリアルタイム Web クイズ出題・集計システムが大活躍でした。(最初は AppHarbor で動作していたものを、イベント当日に Azure Web サイトに移行したりと、とても楽しそうでした♪)

DSC05986

というわけで、暑すぎる東京でとろけそうな日々を過ごしていますが、大変快適だった夏の北海道を思うと、来年もぜひ参加したいと思う今日この頃です。

Code 2013 参加の皆様、2 日間、本当にありがとうございました!

Comments (1)

コメントをキャンセル

  1. @jsakamoto より:

    > とても楽しそうでした♪

    いやいや、初日に皆さんにご迷惑をおかけしたので、けっこうあせってたんですけどw

Skip to main content