Visual Studio 2012 / ASP.NET MVC 4 正式リリース


Windows 8 RTM と同時に、晴れて Visual Studio 2012 / .NET Framework 4.5 / ASP.NET MVC 4 も RTW (Release to the web) になりました!

もっと早くブログを書こうと思っていたのですが、夏季休暇中だったりもろもろありまして、今日になってしまいました。(← 言い訳モードw)

そんな訳で少し情報をまとめておこうと思います。


◆ Visual Studio 2012

MSDN サブスクリプションをお持ちの方はサブスクライバー ダウンロードより各エディションがダウンロード可能です。

MSDN サブスクライバー ダウンロード

どなたでもご利用いただける 90 日間試用版や Express 版 (無償版) は下記よりダウンロードできます。

Visual Studio 2012 のダウンロード

 
そのほか、Web Platform Installer からも Express 版がインストールできます。

Web Platform Installer 4.0

image

 


◆ ASP.NET MVC 4

Visual Studio 2012 RTW と同時に、ASP.NET MVC 4 も正式版がお使いいただけるようになっています。

 
Visual Studio 2012 では、標準で ASP.NET MVC 4 が搭載されていますので、[新しいプロジェクト] ダイアログよりすぐに選択して使用することができます。

image

 

一方、Visual Studio 2010 向けの ASP.NET MVC 4 もリリースされていますので、別途インストールすることで、Visual Studio 2010 でも使用することができます。

スタンドアロン インストーラー ダウンロード

⇒  Web Platform Installer 4.0 経由

image

 


◆ ASP.NET MVC 4 リリース ノート

ASP.NET MVC 4 のリリース ノートは下記に掲載されています。

ASP.NET MVC 4 release notes

RC からの大きな変更は ASP.NET Web API 周りが多くなっています。

◆ Web API プロジェクト テンプレートの変更点

プロジェクト テンプレートでも、Web API 関連のコンフィグレーションが別ファイルとして用意されるようになりました。

image


WebApiConfig.cs のデフォルト実装

namespace MvcApplication1
{
public static class WebApiConfig
{
public static void Register(HttpConfiguration config)
{
config.Routes.MapHttpRoute(
name: "DefaultApi",
routeTemplate: "api/{controller}/{id}",
defaults: new { id = RouteParameter.Optional }
);
}
}
}

 
◆ OAuth/OpenID 認証のサポート

デフォルトで DotNetOpenAuth ライブラリが組み込まれ、Facebook や Twitter による OAuth 認証や、Google 等の OpenID 認証が使用できるようになっています。

image


AuthConfig.cs

namespace MvcApplication1
{
public static class AuthConfig
{
public static void RegisterAuth()
{
// このサイトのユーザーが、Microsoft、Facebook、および Twitter などの他のサイトのアカウントを使用してログインできるようにするには、
// このサイトを更新する必要があります。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=252166 を参照してください

//OAuthWebSecurity.RegisterMicrosoftClient(
// clientId: "",
// clientSecret: "");

//OAuthWebSecurity.RegisterTwitterClient(
// consumerKey: "",
// consumerSecret: "");

//OAuthWebSecurity.RegisterFacebookClient(
// appId: "",
// appSecret: "");

//OAuthWebSecurity.RegisterGoogleClient();
}
}
}

参考: OAuth/OpenID Support for WebForms, MVC and WebPages

◆◆◆

今回の一連のリリースに合わせて、一気に Windows 8 + Visual Studio 2012 の環境を構築して使用し始めています。環境が変わると慣れるまでは若干不便を感じることもありますが、やはり新しいものはイイですね。新しい環境にもかなり慣れて快適になってきました。もう戻れませんw

Comments (0)

Skip to main content