ASP.NET MVC 3 RC リリース!待望の Razor インテリセンス と NuGet (NuPack) が嬉しい♪


さてさて、早いものでもう 11 月も半ばにさしかかってきました。忘年会の話もちらほら聞こえてくる今日この頃です。

 

ASP.NET MVC 3 RC with Razor

早いものと言えば、なんと ASP.NET MVC 3 RC (製品候補版) が 11 月 8 日にリリースされました。(ということは RTM も、もう間近!?)

ASP.NET MVC 3 Release Candidate ダウンロード

ScottGu’s Blog にも書かれている通り今回の目玉機能は、なんといっても Razor View のハイライト表示とインテリセンスが Visual Studio 2010 でサポートされたことでしょう。

image

こうなってくると、ほんともうばりばりと Razor 使いたくなってしまいます。ただでさえ @ ひとつでコードブロックが記述できるので、コーディングが容易になったうえにインテリセンス対応ですから、快適♪の一言です。

Razor 記法、使いたいですよね。使うにはまずは何かまとまったドキュメントを読んで学びたいとも思われるでしょう。そんなみなさまには Razor 記法についてまとめた PDF ドキュメントが下記のリンクからダウンロードできます。(現在は英語版ですが、日本語翻訳も予定しています)

ASP.NET Web Pages with Razor Syntax Beta 3

☆ NuGet Package Manager

さて、ASP.NET MVC 3 RC をインストールすると、もうひとつのお楽しみ、NuGet と呼ばれるツールが Visual Studio 2010 の Web プロジェクトで使用できるようになります。(この NuGet は、以前は NuPack と呼ばれていました)

image
NuGet Package Manager の GUI からの利用

image
NuGet Package Manager Console によるコマンドベースの利用

この NuGet は、オープンソースで公開されているさまざまなライブラリをダウンロードして、Visual Studio の Web プロジェクトに追加することが簡単にできるツールです。

例えば、開発中のプロジェクトに jQuery を追加したいとしましょう。通常であれば、

  1. jQuery のオフィシャルサイト ( http://jquery.com ) などから最新版をダウンロード
  2. プロジェクトフォルダにコピー
  3. プロジェクトに登録

などの手順で作業をおこなうと思います。

この作業と同じことを NuGet を使っておこなうと、

  1. Visual Studio 内で、Package Manager Console を開く
  2. Install-Package jquery” と入力し Enter
    image

これだけで、プロジェクトに jQuery のファイルが追加されます。

image image

jQuery 以外にも、T4MVC や NHibernate などなど、さまざまなライブラリが NuGet を通して利用できます。どのようなライブラリがあるかを見たい場合には、Package Manager Console で “List-Package” と入力すると一覧が表示されます。

ぜひこの NuGet を使う楽しさを体感してみてください。

 

他にも、ASP.NET MVC 3 には、さまざまな新機能が含まれています。ぜひお試しください~♪

Comments (0)

Skip to main content