ASP.NET MVC 2 RTM リリースされました!


先日、とうとう ASP.NET MVC 2 RTM for Visual Studio 2008 SP1 (.NET Framework 3.5 SP1) がリリースされました♪

これについて、セットアップなどを一通りまとめておきましょう。

まず、Visual Studio 2008 SP1 の環境で利用するには、下記からコンポーネントをダウンロードします。

1.ダウンロード

ASP.NET MVC 2 RTM ダウンロード

なお、弊社が提供している Web Platform Installer (Web PI) を使っても ASP.NET MVC 2 RTM がセットアップできますので、こちらもお試しいただければと思います。Web Platform Installer (Web PI) は、Internet Information Services (IIS)、SQL Server Express、.NET Framework、Visual Web Developer などの Microsoft Web Platform の最新コンポーネントのダウンロード、インストール、および最新版への更新が一括でできる無償ツールです。

2.インストール

ASP.NET MVC 1.0 とは共存可能ですが、MVC 2 の RC バージョン等をすでにインストールしてある場合には、それらをアンインストールしてから RTM 版をセットアップしてください

Visual Studio 2010 の日本語 Beta2 や 英語 RC をインストールしてある環境でも、ASP.NET MVC 2 の古いバージョンのアセンブリが一緒にセットアップされていますので、この場合も MVC 2 をアンインストールする必要があります。

アンインストールするのは、下記の 2 つです。

  • Microsoft ASP.NET MVC 2
  • Microsoft ASP.NET MVC 2 – Visual Studio 2008 Tools

MVC2_uninstall

注)Microsoft ASP.NET MVC 2 – Visual Studio 2010 Tools はアンインストールする必要はありません。これには、VS2010 用の MVC 2 のプロジェクトテンプレートなどが含まれていますので、そのままで OK です。

この MVC 2 RTM コンポーネントは Visual Studio 2008 SP1 用となっていますが、アセンブリは Visual Studio 2010 とも共有されますので、上記の古い MVC 2 アセンブリをアンインストールして、RTM 版をインストールすることで、Visual Studio 2010 RC や Beta 2 でも使用することができるようになります。

※アセンブリの配置場所は下記となっています。
%ProgramFiles%\Microsoft ASP.NET\ASP.NET MVC 2\Assemblies\System.Web.Mvc.dll

なお、もう間もなく RTM となる Visual Studio 2010 には、もちろんこの ASP.NET MVC 2 RTM 版が初めから搭載されることになります。

3.ソースコード

この ASP.NET MVC 2 は Ms-PL ライセンス のもとで、オープンソースとして開発されています。ですので、ソースコードも下記から入手できるようになっています。

ASP.NET MVC 2 RTM ダウンロード にある mvc2-ms-pl.zip

また、開発プロジェクトは下記の CodePlex 上で行われており、こちらからもソースコードなどが入手できます。

ASP.NET MVC on CodePlex

4. ドキュメンテーション

現状では、ASP.NET MVC についての本語ドキュメントがまだまだ少ない状況です。

英語ドキュメントで問題ない方であれば、下記などをご参照いただければと思います。

日本語のドキュメントに関しても、現在整備を進めている状況ですのでもう少しお待ちください!
現状では、Web キャストとして下記のコンテンツをご覧いただけます。

また、MSDN マガジンの日本語翻訳記事もいくつかお読みいただくことが可能です。

弊社提供以外の MVC 関連記事では、下記などとても良いコンテンツがありますのでこちらもご参照いただければと思います。

5.ASP.NET MVC 2 RTM の既知の問題点

ASP.NET MVC プロジェクト作成時に テストプロジェクトも同時に作成することができます。このテストプロジェクトを作成した時点で、Visual Studio のソリューションエクスプローラーが非表示になっていると、テストプロジェクトのビルドでアセンブリ参照エラーが発生します。これは、メインの ASP.NET MVC プロジェクトのアセンブリ参照が正しくテストプロジェクトに設定されないため発生します。ソリューションエクスプローラーを表示している場合は問題ありません。もし、この現象が起きた場合には、手動でメインプロジェクト側のアセンブリ参照をテストプロジェクトに手動で追加してください。

 

ということで、今回はリリースされたばかりの ASP.NET MVC 2 RTM のセットアップ方法を中心ンにまとめてみました。See you next time!

Comments (0)

Skip to main content