[FTD] Windows 7 / Server 2008 R2 アプリケーション移行の準備は OK !?


無事にシアトルから帰国しました!
それにしても日本は蒸し暑いですね。シアトルは、私が滞在している間はとても天気も良く過ごしやすかったです。気温が高くても湿度が低いのでとても快適でした。

快適といえば、Windows 7 カ・イ・テ・キ!ですね。シアトル出張中も NetBook と呼ばれる某 PC に Windows 7 を入れて持ち歩いていたのですが、さっと開いて仕事をして、ぱっと閉じてバッグへポン!とても安定して安心して使うことができました。

そんな Windows 7 RTM 版を、もうまもなく皆様にも使っていただくことができるようになります。お楽しみに!

で、、、

Windows 7 は準備 OK でも、その上で使用されるアプリケーションの移行準備は OK でしょうか?もし、皆様が開発されているアプリケーションの Windows 7 対応はこれからという方や、対応に関してわからないことなどがある方にお勧めのセミナーのご紹介です。

[Future Technology Days (FTD) Windows 7 セミナー]
Windows 7 & Windows Server 2008 R2 アプリケーション移行の為の開発ポイント

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/ftd/windows7/default.mspx

と題した開発者向けセミナーが下記の日程で開催されます。

◆ 2009 年 8 月 19 日 (水) 10:00 ~ 16:00 (受付 9:30)
マイクロソフト株式会社 新宿本社 5F セミナールーム A/B

◆ 2009 年 9 月 03 日 (木) 10:00 ~ 16:00 (受付 9:30)
マイクロソフト株式会社 新宿本社 5F セミナールーム A/B

◆ 2009 年 9 月 18 日 (金) 13:00 ~ 18:00 (受付 12:30)
新宿マインズタワーセミナールーム 4

各日とも、全て同じ内容のセミナーとなりますので、ご都合のよろしい日にぜひともご参加してみてはいかがでしょうか。

アジェンダ(概要)は下記の内容を予定しています。

■ Windows 7 対応アプリケーション開発の変更点と対応のポイント
- Window 7 のバージョンとその対応
- UAC (ユーザー アカウント制御) とその対応
- UIPI (ユーザー インターフェイス特権の分離)、セッション 0 の分離、WRP (Windows リソース保護) とその対応
- ファイルとフォルダ関連の変更とその対応
- その他の主な変更点とその対応
■ 64 ビットアプリケーション開発のポイント
■ Windows Server 2008 R2 固有の変更点とポイント
■ Appendix (Hyper-V、RDS (Remote Desktop Service)、VDI (Virtual Desktop Infrastructure))

参加費用は毎度のことならが、なんと 無料!! となっています。(FTD セミナーはいつも無料ですね♪)

今すぐ、お申し込みを!!(なんか、どこかのテレビショッピングみたいな文章ですねぇ・・・)

お申込みはこちらから

Comments (0)

Skip to main content