[Tips] Windows 7 : ジャンプリストの表示方法


先日、2 月 20 日にヒルトン東京で開催された Windows 7 セミナーにご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。「Windows 7 で追加された新たな API」というセッションを担当させていただきましたが、いかがだったでしょうか?(当日は風邪気味で鼻をすすりながらのセッションとなり、若干お聞き苦しい点があったこと、お詫びいたします・・・)

近く、このセッションの Web キャストも公開になる予定ですので、お聴き逃したみなさん、ご期待ください!また、今月 3 月 18 日に名古屋、同 23 日に大阪で Windows 7 セミナーが開催されます。こちらでは「Windows 7 及び Windows Server 2008 R2 アプリケーションの互換性」のセッションを私が担当する予定です。こちらの方もぜひご参加いただけたらと思います。

参加登録は↓です。
Future Technology Days : Windows 7 セミナー ロードショー

さて、2/20 のセッションでご紹介しました Windows 7 のタスクバーの新機能であるジャンプリストの表示方法について、簡単にご紹介します。セッション中では「タスクバー上でマウスクリックで表示されます」とご紹介しましたが、別な表示方法として、次のスクリーンショットのように、タスクバー上のプログラムアイコンをマウスボタンでデスクトップ上に(赤い矢印のように)ドラッグすると、マウスの動きに合わせてスライド&フェードしながらジャンプリストが表示されます。

JumpList

この動きが絶妙でして、ジャンプリストを表示するのが楽しくなるはずです♪
また、この表示方法はマルチタッチ環境でも同じで、タスクバー上のアイコンを指でタッチしながらデスクトップ上にドラッグすることでも表示することができます。

お試しください!

Comments (0)

Skip to main content