Windows Azure Platform 導入特別プランで XSインスタンス 750 時間無償利用可能に

Windows Azure Platform をお試しいただくための購入プランとして、一定以内なら利用が無償となる「Windows Azure Platform 導入特別プラン」でXSインスタンスの利用が可能になりました。これにより、XSインスタンスで750時間分を無償で使用でき、開発・テスト・試用などのほか、比較的小規模なアプリケーションにもご利用いただけます。このプランは 2011 年 6 月 30 日までの提供が予定されています。 Windows Azure Platform Webサイト : Windows Azure Platform 導入特別プランWindows Azure Platform Webサイト : Windows Azure Platform 購入プラン比較表Windows Azure Platform 利用申し込み – Microsoft Online Services カスタマーポータル Windows Azure Team Blog : Announcing NEW Windows Azure Platform Introductory Special – Includes 750 Free Hours…

0

Windows Azure Extra Small インスタンス β版 提供開始

PDC10でアナウンスされていた、Windows Azureコンピューティング機能のExtra Smallインスタンスが、β版として提供開始となりました。こちらは開発・テスト・試用などの目的や、比較的小規模なアプリケーションによる利用を想定しており、手頃な価格(CPU 1.0GHz、メモリ 768MB、ストレージ 20GB、¥4.9 / 時間(予価))でサービスを提供します。 Windows Azure Team Blog : Windows Azure Extra Small Instances Now Available As Public BetaWindows Azure Platform Webサイト : Windows Azure コンピューティング

0

Microsoft PDC10 アップデート(3) : Windows Azure 機能強化 & Extra Smallインスタンス提供

PDC10では、VM ロール以外にもWindows Azure Platform のさまざまな機能強化がアナウンスされました。 (1) Windows Azure のエンタープライズ向け各サービス新機能・機能強化 Elevated Privileges : Guest OSやアプリケーションのレイヤーでのサービス管理を可能にするAdminアクセス機能が、Web ロール および Worker ロールに追加されます。IIS 設定や MSI (Microsoft Software Installer) インストールなどの機能も追加され、2010年中に提供が開始される予定です。 Full IIS : Webロールの機能強化として提供され、IISモジュールをインストールすることが可能になります。こちらも2010年中に提供開始予定です。 リモートデスクトップ : 稼働中のアプリケーション・サービスのインスタンスに接続し、クラウド上での稼働状況をモニタリングし、トラブルシュートを行うことができるようになります。 サブスクリプション管理の利便性向上 : Windows Azure Portalの機能強化、複数のWindows Live IDによるWindows Azure アカウント管理、サブスクリプション購買プロセスの簡易化などが2010年中に提供される見込みです。 Windows Azure Platform Website : Windows Azure Compute – Web and Worker Role Enhancements (2)…

0

Microsoft PDC10 アップデート(1) : Windows Azure VM Role

10/28-29(米国時間) マイクロソフト本社にて開催された Microsoft PDC10 にて Windows Azure Platform や Windows Phone 7、Internet Explorer 9などの最新情報が公開されました。その中でWindows Azure Platform に関する最新情報をご紹介していきます。 その中でも一番大きなニュースは Windows Azure Virtual Machine Role (VM ロール) です。Windows Azure の VM イメージ上で管理者権限を持つロールで、Windows Server 2008 R2 上で稼働するアプリケーションを Windows Azure でそのまま稼働させることができるようになります。VM ロールは 2010 年中にβ版の提供開始を予定しています。また、Windows Azure に VM ロールが稼働する VM 環境を直接構築できる機能も提供されます。こちらは 2011 年に提供開始予定です。 オンプレミスのアプリケーションをクラウドに移行する新機能として、VM ロール と合わせてアナウンスされたのは Server Application Virtualization、既存のアプリケーションを Windows…

0