Windows Azure、21Vianet による中国でのサービス正式提供を開始

中国最大のインターネットプロバイダーである 21Vianet との提携による Windows Azure の中国でのサービス提供が 昨年 5 月に発表され、プレビュー提供が始まっていました。 このたび、サービスが正式に提供開始となり、マイクロソフトは中国初のグローバル パブリック クラウド プロバイダーとなりました。21Vianet により運営、提供される Windows Azure のサービスが中国で利用できるようになります。(利用の際の契約先は 21Vianet になります。) Windows Azure Team Blog > Windows Azure, operated by 21Vianet, now generally available in China The Official Microsoft Blog > Microsoft becomes the first global public cloud provider in China with the general availability of Microsoft Azure…

0

Windows Azure ブランド名を変更、Microsoft Azure へ

これまでご紹介して参りました Windows Azure は、名称を “Microsoft Azure” に変更する旨が発表されました。変更日は 2014 年 4 月 3 日~ となります。(丁度、米国サンフランシスコでの //Build 開催時となります。) “Windows Azure Platform” としてサービスが登場して以来、PaaS に加えて IaaS サービスが追加され、OS は Windows および Linuxに対応、開発言語は .NET / Python / Ruby / Node.js / Java をご利用いただくことができ、データベースも SQL / MySQL / Oracle といった RDB と NoSQL に対応、Apache Hadoop クラスター、メディア配信など、様々な機能を備えて参りました。 マイクロソフトのクラウドサービスとして Office 365 / Dynamics CRM / Bing /…

0

Windows Azure 日本データーセンター開設記念&4周年お祭り by JAZUG&日本マイクロソフト (2/26 開催)

2/26 に Windows Azure 日本データセンター 開設に伴い、Windows Azure のユーザーグループである Japan Windows Azure Users Group (JAZUG) と共催でお祝いイベントを開催いたしました。マイクロソフト側の担当として (普段とは少々テイストを変えて) この “お祭り” のレポートです。 元々 JAZUG では Windows Azure (日本での) サービス開始 4 周年を記念した勉強会の開催が予定されており、急遽 Join させていただいてのイベント開催となりました。イベント名は「Windows Azure 4周年記念 & Japan DC オープン マジデシタ! JAZUG大会」 (※2/25 データセンター開設の発表前は “マジデマジカ」” だったのが “マジデシタ” に変更!)  日本マイクロソフト本社 (品川) も Windows Azure 仕様でお客様をお迎えいたしました。(こちらは暫くこのままですので、弊社にお越しの折にお楽しみください。) 2/26 に弊社にお越しいただいたお客様に全員、 記念わたあめ (“Cloud Candy”) をプレゼントいたしました。 日本のお祝い≒お祭りということで、赤白の横断幕にお祭りゲームとフードの屋台、そしてお祝いの樽酒をセッティング!株式会社FIXER には…

0

Windows Azure 日本データセンター、2014 年 2 月 26 日よりサービス提供を開始

2014 年の早い段階に開設となることが公表されておりましたが、いよいよ Windows Azure 日本データセンターが開設され、2/26 よりサービスの提供を開始することが発表されました。 データセンターは 東日本リージョン および 西日本リージョン(地域) として国内2か所に設置され、お互いのデータのバックアップを行います(地理冗長)。日本データセンターの開設に伴い、Windows Azure を含む マイクロソフトのクラウド製品導入の際の相談窓口 「Cloud Direct」(無料) がご利用いただけるようになっています。 なお、Windows Azure ユーザーコミュニティ の Japan Windows Azure Users Group (JAZUG) 主導でイベントが日本各地で企画されています。 東京 2/26(水) http://atnd.org/event/2014azurejpdc 名古屋 3/1(土) http://atnd.org/events/47623  大阪 3/6(木) http://atnd.org/events/47827 札幌 3/7(金) http://atnd.org/event/2014azuresapporo 福岡 3/8(土) http://atnd.org/events/47720 仙台 3/15(土) http://atnd.org/events/47959 Microsoft News Center > クラウドビジネス強化、日本データセンター開設 Windows Azure Japan Team Blog > 祝 日本国内データセンター始動   【2/28 追記】 Windows Azure の東日本および西日本リージョンで利用可能となったサービスは、以下になります。 コンピューティングサービス: 仮想マシン、クラウドサービス、Webサイト データサービス: ストレージ、SQLデータベース、In-Role キャッシュ ネットワークサービス:…

0

Windows Azure サービスのシンボル&アイコンセットを公開

Windows Azure の各種サービスを示すシンボル&アイコンの図一式が公開され、ダウンロードしてご利用いただけるようになりました。 windowsazure.com や  Windows Azure 管理ポータル の他、Windows Azure のサービスを視覚的に表した インフォグラフィックス (infographics) などで利用されているものと同じです。 Visio / Visio ステンシル、PNG (と PNG を PowerPoint に張ったもの) が用意されており、システム構成図を描くときなどにご利用いただけます。利用ガイドでは クラウド (Windows Azure / Office 365) やオンプレミス (社内設置) を表現するためのカラーリングなどについても言及しており、Windows Azure のサービスはもちろん、関連するアプリケーション、ツールなどを、ハイブリッドクラウド環境でご利用いただくイメージを可視化しやすいように考慮されています。 Microsoft Download Center > Windows Azure Symbol/Icon Set

0

ソチオリンピック 公式 Web サイト が Windows Azure で稼働中、NBC による映像配信に Windows Azure メディアサービス 採用

先週より 2014 年ソチ冬季オリンピック が開催されていますが、Web サイトや映像配信に Windows Azure のテクノロジーが使われています。 2014年ソチオリンピック のオフィシャル Web サイト(http://www.sochi2014.com/) は、開発期間および本番稼働を通じて Windows Azure が利用されており、マイクロソフト ロシアの技術協力により開発、保守が行われています。Windows Azure の世界中のデータセンターを利用した冗長構成になっており、クラウドならではの伸縮性を活用してピーク時のアクセスにも対応します。 また、米国の主要メディアネットワークである NBC のオリンピック映像配信には Windows Azure メディアサービス が採用され、全 98 種 1,000 時間以上のコンテンツが NBC ソチオリンピックWebサイト (http://www.nbcolympics.com/ ※日本からは動画再生できません) から マルチデバイス、Windows 8 / Windows RT (Surface) / Windows Phone はもちろんのこと、iOS / Android デバイスで視聴できます。 なお、2012 年 ロンドンオリンピック から Windows Azure メディアサービスが複数の放送局に採用されている他、昨年の春より NBC スポーツのチャンネルでも Windows…

0

マイクロソフトが Open Compute Project に参加、クラウド向けサーバーデザインを提供

マイクロソフトは、クラウドや大規模コンピューティングのための効率的なハードウエアを構築することを目的とした、オープンなコラボレーションプロジェクトである Open Compute Project (OCP) に参加することを発表しました。そして、マイクロソフトが運営するデータセンターのために設計された “cloud server specification” と呼ばれる、世界規模でWindows Azure や Bing、Office 365 といったクラウド コンピューティングサービスを提供するための、サーバーハードウエア仕様が提供されることになりました。合わせて、 サーバー診断 / 電源供給 / ファン調整 といったハードウエア管理のためのソフトウエアコードも Microsoft Open Technology Inc. から公開されています。 マイクロソフトは 1989 年より自社データセンターの運用を開始し、世界向けオンラインサービスとして 1995 年に MSN のサービスを提供し始めて 19年が経っています。$150 億 以上がクラウドインフラに投資され、現在では 200 以上のクラウドサービスが提供され、10 億人以上のユーザー、2000万以上 のビジネスユース、90 以上の国 / 地域にサービスを提供しています。 Windows Server 向けに最適化され、Windows Azure を 可用性・拡張性・効率性の高いクラウドサービスとして提供できるように構築されている、このデータセンターのシステムデザインにおいて、下記のような原則が用いられています; 発生する障害を拡大させない / 可用性への影響を防ぐための、デザインの簡素化 TOC を削減するための、コスト /…

0

Windows Azure Web サイトでステージング環境を利用可能に、モニタリング&アラート機能追加、Windows Azure Hyper-V Recovery Manager の正式提供開始

先週、PCI DSS  準拠 と同時に、Windows Azure の機能追加についてもアナウンスが行われています。 Windows Azure Web サイト : ステージング環境、Always On (常時接続)、Web Job これまで Windows Azure クラウドサービス では、1 つのサービスの中に 本番環境 (Production) とステージング環境 (Staging) があり、アプリケーションやサイトのアップデート時、またはテストなどでステージング環境を利用し、本番環境とステージング環境を入れ替えて運用できる VIP スワップ 機能が備わっています。これと同様の機能が Windows Azure Web サイトにもプレビュー機能として追加されました。Always On (常時接続) は、言葉通り常時サーバーに接続できる状態を保つ (Always On Being Available) 機能です。 ※ Windows Azure Webサイト でステージング、Always On を利用するには、標準モードにしておく必要があります。 Web Job は、オンデマンド または スケジュールで、あるいは継続的にジョブを 実行できる機能で、Windows コマンド( *.exe /…

0

Windows Azure、クレジットカード情報セキュリティ基準 PCI DSS に準拠、 ISO 準拠のサービスも拡大

PCI DSS (Payment Card Industory Data Security Standard) は、米国 PCI データセキュリティ標準審議会 (PCI SCC: Payment Card Industory Security Standards Council) が定めたクレジット産業向けデータセキュリティ基準です。カード会社 / 加盟店 / サービスプロバイダー を含め、支払やカード所有者の情報など、クレジットカード情報を取り扱う全ての会社が順守すべき、国際的なセキュリティ基準となっています。 この度、Windows Azure は QSA (Qualified Security Assessor) と呼ばれる認定審査機関により、PCI DSS 準拠と認定されました。これによりクレジットカード情報を含むアプリケーションを構築するプラットフォームとして、Windows Azure は安全なフレームワークを提供します。 もちろん、Windows Azure および Windows Azure 上に構築されるアプリケーションの両方で、安全なアプリケーションを構築するための取り組みが必要であり、Windows Azure および (アプリケーション構築を担う) 利用者 の双方の担当範囲・内容がガイドとしてまとめられています。(→ Windows Azure Customer PCI Guide) なお、以前より対応していた ISO 標準に関しても、対応する Windows Azure…

0

Windows Azure ネットワークセキュリティ ホワイトペーパー & クラウドデザインパターンガイド 公開

年末に向けて(?) まとめられていた Windows Azure 関連のドキュメントをご紹介します。 ■ Windows Azure Network Security Whitepaper クラウドコンピューティングというサービス提供形態では、一つのハードウエアに複数のお客様の環境が稼働しています。Windows Azure では、お客様が購入している 1 つのサブスクリプションの中で実行環境を複数作成することができ、また、それらは仮想ネットワークとして統合することも独立させることもでき、社内ネットワークと VPN 接続することも可能です。 こちらのホワイトペーパーでは、管理ポータルや RDP、Powershell など管理ツールからの接続、インターネットからの直接接続、同一または複数のサブスクリプションや地域で稼働する 仮想マシン(VM) 同士の接続 が必要な場合の手法や制限事項、留意事項など、ネットワークセキュリティに関する情報がまとめられています。 【1/14 追加】日本語訳も用意されています! Windows Azure Network Security Whitepaper ダウンロード (日本語) Windows Azure Team Blog > New Windows Azure Network Security Whitepaper   ■ patterns & practices Cloud Design Patterns 利用シナリオを元にした Windows Azure の実践的ガイドである patterns &…

0