AT&T とマイクロソフト、Windows Azure へのVPN接続に関する戦略的提携を発表

AT&T と マイクロソフトは、仮想プライベートネットワークを利用した Windows Azure への接続を向上させる戦略的提携を発表しました。 Windows Azure ではオンプレミスとクラウドを仮想プライベートネットワーク(VPN) で接続するサービスとして Windows Azure 仮想ネットワーク を提供しています。それに加えて、今回の提携により、AT&T の VPN サービスを支える 高速な MPLS (Multiprotocol Label Switching) サービスを利用して、エンタープライズレベルのセキュリティおよびパフォーマンスを満たす、信頼性の高い 仮想プライベートネットワークが提供されることになります。 既存の MPLS VPN を利用し、社内のデータセンター (プライベートクラウド環境) とWindows Azure を接続、インターネット接続より ネットワーク遅延を 50% 低減した、より高速なデータ転送が可能になります。 Microsoft News Center > AT&T and Microsoft to bring enterprise-grade security, speed and reliability to cloud for businesses Windows Azure Team…

0

TechEd 2013 North America アップデート (2): Windows Azure 機能強化 ~ Windows Azure BizTalk Services, SSL on Windows Azure Web Sites, Active Directory 同期ツール

TechEd 2013 North America では、Windows Azure の機能面の強化についてもアナウンスされています。 TechEd 2013 North America アップデート (1): Windows Azure 価格体系見直しを発表 ~ 停止インスタンスを無償化、分単位課金、MSDN サブスクリプション利用者への特典強化   Windows Azure BizTalk Services プレビュー公開 クラウド上で Microsoft BizTalk Server の機能を提供する Windows Azure BizTalk Service がプレビュー公開されました。クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境における エンタープライズアプリケーション統合サービスとして、オンプレミス環境の SAP / SQL Server / Oracle / Siebel などと接続でき、オンプレミスの BizTalk Server と クラウド上の Windows Azure BizTalk Service を統合することも可能です。 プレビュー利用するには…

0

Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加 ~ Point-to-Site 接続、ソフトウエア VPN 接続を可能に

先日 GA (正式公開) になった Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加がアナウンスされました。 これまでに提供されている Windows Azure に構成した仮想ネットワークと社内ネットワークの VPN 接続は Site-to-Site VPN (サイト間接続) と呼ばれ、社内ネットワーク側では固定 IP アドレスを持つ VPN 機器 (ハードウエア) で接続する必要がありました。今回、Point-to-Site VPN (ポイント対サイト接続) と呼ばれる SSTP を使用した個別デバイスからの接続が可能になりました。(こちらはプレビュー機能としての公開です。) また、Site-to-Site VPN の接続元として、ソフトウエアの VPN 機能を利用できるようになり、Windows Server 2012 RRAS (Routing and Remote Access Services: ルーティングとリモート アクセス サービス) を利用して、Windows Azure に VPN 接続できます。 他の仮想ネットワークのアップデートとしては、仮想ネットワークの DNS サーバー の設定を行った際、仮想ネットワークや仮想ネットワークに参加している仮想マシンを再度デプロイ/再起動しなくても、新しい設定が適用されるようになりました。    【追記】 なお、合わせて…

0

Windows Azure 仮想マシン、仮想ネットワークがサービス正式公開、IaaS サービスを提供

Windows Azure で IaaS 型サービスを提供する Windows Azure 仮想マシン および Windows Azure 仮想ネットワーク がサービス正式公開 (GA: General Availability) となりました。これらのサービスは Windows Azure インフラストラクチャ サービス という総称になりました。   ■ Windows Azure 仮想マシン の GA と機能強化 クラウド上で 仮想マシンによるサーバー環境を提供する Windows Azure 仮想マシンでは、Windows Server および Linux をサポート、予めギャラリーに用意されているイメージから仮想マシンを作成できるほか、ご自身の仮想マシンイメージ (VHD) をコピーして稼働させることもできます。(Hyper-V からの VHD コピー、配置といった操作がオンプレミス(社内設置型)環境と同様に行えます。) また、VMDepo のオープンソースギャラリーと統合されており、VMDepo に公開されているイメージから仮想マシンを作成、稼働することも可能です。ギャラリーから SQL Server / BizTalk Server / SharePoint Server…

0

Windows Azure の最新技術情報やチュートリアルを Channel 9 で配信中

これまでもさまざまなオンラインセッションやイベントでの Windows Azure 情報をオンデマンドストリーミングで公開している Channel 9 ですが、Windows Azure のページがリニューアルし、Windows Azure の概要や新機能、Step by Step のチュートリアルなどがサービス別にご覧いただけるようになっています。Windows Azure Training Kit のハンズオンを始める前に、どのような機能が作成できるのか予習するといった使い方も可能です。(英語ですが、デモ中心なので分かりやすいかと思います。) チュートリアルページは、下記のようにサービス別に掲載されています。 Windows Azure Mobile Services Tutorials Windows Azure モバイルサービスでの Windows ストアアプリ や iOS アプリ の作成、プッシュ通知やユーザー認証の組み込み手順について個別に解説されています。 Windows Azure Media Services Tutorials 先月 GA (正式リリース) となった Windows Azure メディアサービスではマルチプラットフォーム (Windows / iOS / Android) に対応しており、SDK の利用方法や iOS 用のアプリケーション作成についても解説されています。 Windows Azure Cloud…

0

Windows Azure 正式サービススタート 3 周年 ~ サービスおよび公開ステータス一覧

本日 2/1 で Windows Azure が日本で正式リリースとなって 3 周年です。(2011 年 2 月に正式提供開始)  この 1 年で Windows Azure Web サイトや 仮想マシン をはじめとして、サービスの幅がぐっと広がりました。 現在のサービスの 正式公開(GA: General Availability) / プレビュー (Preview/Private Preview) のステータスをまとめました。有償サポートは GA となったサービスが対象になります。プレビューのサービスは MSDN/TechNet フォーラムでの Q&A となります。 日本語では Windows Azure 全般 / SQL Azure 全般 という 2 つのフォーラムが用意されています。GA / プレビュー のどちらでも無償でご質問いただけます。英語では各サービス別にフォーラムが用意されていますので、より詳細はそちらでお尋ねいただくと良いかと思います。   サービス公開 フォーラム (英語) コンピューティング Windows Azure…

0

Windows Azure の 2012 年末一斉アップデート: モバイルサービス、Web サイト、SQL データ同期、ACS、メディアサービス、仮想ネットワーク、ストア

Windows Azure 管理ポータル のアップデートでお気づきの方も多いかと思いますが、Windows Azure 各サービスでクリスマス前の一斉アップデート(?) が公開、利用可能になっています。先に利用可能になっていたものもありますが、今回のアップデートをまとめると以下のようになります。 Windows Azure モバイルサービス スケジュールジョブ (Scheduled Job) の作成 データセンターの追加 (North Europe) クロスプラットフォーム(Windows/Mac) コマンドラインツール による操作 → 詳細 : 2012 年末一斉アップデート(2) Windows Azure モバイルサービス: スケジュールジョブ、コマンドラインツール対応 Windows Azure Web サイト インスタンス数、サイズの変更 TFS, Git (ローカル / CodePlex / GitHub / BitBucket) によるソース管理 → 詳細 : 2012 年末一斉アップデート(1) Windows Azure Web サイト: インスタンス拡張、ソース管理 Windows…

0

HPC Pack 2012 公開、Windows Azure 上にクラスターを作成可能に

Windows Server で HPC (Hi-Performance Computing) を実現するクラスター(*)を構築するための HPC Pack 2012 (v.4) がリリースとなりました。 Windows Server 2012 より HPC Edition がなくなり、HPC Pack もすべてのエディションが統合され、HPC Pack 2012 として無償で提供されるようになっています。 こちら、Windows Server 2012 に合わせて Windows Azure を活用するための機能が強化されています。 社内ネットワークのクラウド拡張 Windows Azure 仮想ネットワークに対応しており、仮想プライベートネットワークを構成して 社内ネットワークと Windows Azure に安全に接続できます。 ヘッドノード(**)を Windows Azure 仮想マシン 上に配置 計算ノード(**)は Windows Azure クラウドサービスのワーカーロールを使用でき、Windows Azure 上に完全なクラスターを構築することも可能になりました。 アプリケーション VHD の自動マウント先として Windows Azure に配置した計算ノードを指定可能 (*) クラスター…

0

Windows Azure 管理ポータルの機能強化 ~2012年10-11月アップデートまとめ

先日、Windows Azure 管理ポータル (manage.windowsazure.com) で日本語が利用可能になりましたが、他にも便利な機能が追加、アップデートされています。 6 か国語のサポート 日本語のサポートと同時にドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語も利用できるようになり、英語と合わせて 6 か国語で利用可能になりました。 2012 年 10 月の Windows Azure 一斉アップデート : .NET 4.5 & Windows Sever 2012 対応、SDK 1.8 リリース、管理ポータル日本語対応 (10/29 Post) 操作ログの取得 Windows Azure クラウドサービスやストレージに対する操作 (サービス作成やデプロイなど)のログがサブスクリプション別に簡単に抽出できます。 Windows Azure SQL データベースの稼働状況ダッシュボード コンピューティングサービス (クラウドサービス、Webサイト、仮想マシン) と同様に、SQL データベースの稼働状況を確認できるダッシュボードが利用できるようになりました。 Windows Azure 仮想マシンの Quick Create オプション 予め用意されているVMイメージを利用するギャラリーにも、”Quick Create (簡易作成)” のオプションが追加され、仮想マシンの作成ステップが簡易になりました。仮想マシンのイメージ(VHD) を配置する ストレージを指定したい場合は従来のギャラリーからの作成を行って下さい。 全てのデータセンターにおける…

0

Windows Server 2012 RTM 版 が Windows Azure 仮想マシンで利用可能に

今月に入って Windows Server 2012 が開発完了、RTM (Release To Manufacturing) となったことが発表されましたが、Windows Azure 仮想マシンで用意されているイメージでも Windows Server 2012 RTM 版が公開され、利用が可能になりました。 Windows Server 2012 は、オンプレミス(社内設置型) の仮想環境、および Windows Azure 上におけるアプリケーションの展開や System Center による一括管理など、クラウドに最適化したソリューションを提供します。 実際に VM を作成してリモートデスクトップで確認すると、Windows Server 2012 Datacenter エディションとなっています。 Windows Azure 仮想マシンはまだプレビュー機能として提供されていますが、コンピューティング (正式公開前のため割引) および VM をホストするストレージの料金がかかります。料金の詳細は 料金の詳細 : 仮想マシン をご確認ください。 Windows Server Blog > Windows Server 2012 released to manufacturing!…

0