SQL Server 2014 リリース発表、Hadoop 2.2 対応 Windows Azure HDInsight 正式リリースに

SQL Server 2014 が 4/1 に正式リリースとなることが発表され、また、プレビュー公開となっていた Windows Azure HDInsight の Hadoop 2.2 クラスターが正式公開となりました。 Windows Azure でも SQL Server の AlwaysOn 機能を正式サポート しており、ミラーやバックアップ先として Windows Azure を利用できます。SQL Server 2014 のリリースと合わせて、Windows Azure 仮想マシン のイメージとしても提供される予定です。 現在時点では SQL Server 2014 CTP2 試用版 が利用可能です。 Windows Azure HDInsight は Hadoop 2.2 クラスターに対応し、クエリー応答時間 40 倍、データ圧縮率 80 % など、大幅な機能改善がなされています。Windows Azure HDInsight 自体は正式リリース、2 月にプレビュー公開していた Hadoop 2.2…

0

プレビュー機能追加: Windows Azure Web サイトのバックアップ機能、モバイルサービスの.NET 対応 & PhoneGap テンプレート

日本データセンター開設などで少々遅くなりましたが、Windows Azure Web サイト、モバイルサービス などのアップデートが行われています。 ■ Windows Azure Web サイト: バックアップ機能 Windows Azure Webサイトのコンテンツ、およびデータベースのバックアップおよび復元を行う機能がプレビューとして追加されています。こちらは標準モードで利用できます。バックアップはストレージに保存され、バックアップからの復元はもちろん、別の Web サイトへ移行も可能です。 ■ Windows Azure モバイルサービス: .NET サポート、PhoneGap テンプレートの追加 Windows Azure モバイルサービスのバックエンド側のサービスとして .NET が選択できるようになりました。ダウンロードできるテンプレートに、クライアント側に加えてバックエンド側も含まれるようになり、ASP.NET Web API のプロジェクトとして、ローカル環境での開発、テストなどが可能になりました。(プレビュー機能となります。) モバイル向けサービス開発のフレームワークは Xamarin / PhoneGap / Sencha に対応しており、Xamarin に加えて PhoneGap 用のテンプレートが提供されるようになりました。   そのほかにも、Windows Azure HDInsight の Hadoop 2.2 対応、サブスクリプションの共同管理者(Co-Admin) 数の引き上げ(10→200)、管理ポータルからのサービス障害情報の閲覧、Windows Azure 仮想マシン の VM エージェントの追加、などの機能強化が行われています。…

0

Windows Azure 仮想マシンの Oracle ソフトウエア込みイメージ が 2014 年3月より正式公開

Windows Azure 仮想マシン のギャラリーに Oracle を搭載したイメージはこれまでプレビュー公開となっていましたが、いよいよ 3/12 より正式公開となります。 現在(=プレビュー期間中)、Windows Azure 仮想マシン のギャラリーから利用できる Oralce ソフトウエア搭載イメージでは、OSは Windows Server 2012 / 2008R2 / Oracle Linux 6.4 となり、JDKのみ / Oracle Database / WebLogic Server / Oracle データベース+WebLogic Server を インストールしたイメージが用意されています。この中で OS が Linux イメージのもののみが 「BYOL(bring your own license: ライセンス持ち込み) Oracle VM」 として昨年(2013/9/23)より正式提供されていました。 なお、Windows Azure 仮想マシン上でご利用いただく場合の Oracle ソフトウエア料金(時間制、従量課金) が公開されており、仮想マシン部分(OS込)の料金+このOracle ソフトウエア料金でお使いいただけるようになります。取得済みのライセンスを…

0

Windows Azure Web サイト のギャラリーに WordPress 日本語 最新版 を追加

Windows Azure Web サイト のギャラリーに WordPress の日本語テンプレートが追加され、数クリックで Windows Azure で WordPress 日本語版がインストールされた Web サイトが利用可能になります。 Windows Azure 管理ポータルから [新規作成] → [Web サイト] → [ギャラリーから] をクリックして、Windows Azure Web サイトのギャラリーを表示し、WordPress (Japanese) を選択します。現在の最新バージョンである 3.8.1 になっています。URLの指定、データベース (新しく作成、または既存データベースを使用)、リージョン(日本に一番近い東アジアなど) を選択し、他の項目は適時設定します (←デフォルトのままでもインストールできます)。   管理ポータルで Web サイトの作成が完了したら、指定した URL をクリックし、WordPress の初期設定を行ってください。初期設定画面も日本語になっています。 設定が完了すると、WordPress の管理画面やサイトが利用できるようになります。     Windows Azure Web サイト のギャラリーには、データベースに MySQL の代わりに Windows Azure SQL…

0

Windows Azure 仮想マシンのアクセス管理リスト設定、Web サイトのWebソケット対応、 New Relic によるパフォーマンス管理、TFSとの統合、通知ハブ&サービスバスの機能アップデート

2013年11月 初頭 の発表では、新しいプレビュー機能 に加えて、さまざまな機能が追加されています。 ■ Windows Azure 仮想マシン: アクセス管理リスト(ACL: Access Control Lists) によるアクセス管理、イメージギャラリー のアップデート Windows Azure 仮想マシンのエンドポイントに対するアクセス制御を行う ACL の設定が PowerShell および 管理API から設定できるようになっており、この度管理ポータルからも GUI で設定が可能になりました。(仮想マシンで稼働しているOSレベルでのアクセス設定は別途行う必要があります。) また、Windows Azureでご用意しているイメージを表示するギャラリーがアップデートされ、OS別などにイメージを探しやすくなりました。   ■ Windows Azure Web サイト: Web ソケット を利用可能に、PHP 5.5 対応、リモートデバッグに対応 Web アプリケーションでリアルタイムな表示更新を行う場合など、双方向通信を行う Web ソケットに Windows Azure Web サイトが対応し、SignalR や soket.io などのライブラリも利用可能になりました。また、PHP5.5 にも対応しました。 なお、先日 Windows Azure クラウドサービスで利用可能になったリモートデバッグに Windows…

0

Visual Studio 2013 正式提供開始 &Windows Azure SDK 2.2 公開

Windows Server 2012 R2 と同日(10/18)、Visual Studio 2013 も正式提供が開始されました。 Windows Azure 仮想マシンのイメージでも Visual Studio 2013 インストール済みのイメージ (MSDN サブスクリプションをお持ちの方向け) が利用可能になっています。 Visual Studio 2013 対応 SDK として Windows Azure SDK for .NET 2.2 が公開されました。Visual Studio 2013 Preview 対応の v2.1 からさまざまなアップデートが行われています。(Visual Studio 2013版 / 2012 版 が用意されています) ■ Windows Azure へのサインインと Visual Studio からのサブスクリプション、証明書、各種サービスの管理 Visual Studio 2013 では起動時にサインインすると Team Foundation…

0

Windows Server 2012 R2 提供開始、Windows Azure 仮想マシンで利用可能に&クラウドサービスに対応 Guest OS を追加

少々遅くなりましたが、10月後半のアップデートをまとめていきます。 10/18(木) に Windows Server 2012 R2 が正式提供開始となり、Windows Azure でも各種対応がされています。 ■ Windows Azure 仮想マシンに Windows Server 2012 R2 イメージ追加 Windows Azure 仮想マシンのギャラリーに Windows Server 2012 R2 (Preview 取れました) のイメージが追加され、利用できるようになっています。同日公開された SQL Server 2014 CTP2 インストール済みイメージも追加されています。 ■ Windows Azure クラウドサービス Guest OS 4.x 追加 Windows Azure クラウドサービス の Guest OS に Windows Sercer 2012 R2 互換の 4.x…

0

Windows Azure 仮想マシンで Oracle ソフトウェアのプリインストール済みイメージ が利用可能に

マイクロソフトとオラクル社の戦略的提携発表の際にアナウンスされていた、仮想マシンイメージ提供が開始となりました。 Oracle ソフトウェア (Java, Oracle Database, Oracle WebLogic) が Windows Server 2012 / 2008 および Oracle Linux に予めインストールされた、仮想マシンイメージが利用できるようになっています。既存のプリインストールイメージと同様に、クリック&設定で利用できるようになります。 現在、Oracle ソフトウェア 込みの仮想マシンイメージは プレビュー でのご提供となり、Oracle ソフトウェア の使用料金はかかりません。(Windows Azure 仮想マシン の 利用料金のみとなります。) Windows Azure Team Blog > Deploy Pre-configured Oracle VMs on Windows Azure windowsazure.com > Oracle と Windows Azure のパートナーシップ windowsazure.com > 料金詳細 – 仮想マシン : Oracle ソフトウェア windowsazure.com > Oracle Virtual Machine…

0

Ubuntu デプロイ自動化ツール、Juju が Windows Azure に対応

クラウド環境への各種ツールやアプリケーションのデプロイを自動化するツールである Juju が Windows Azure に正式対応しました。 Windows Azure 仮想マシンのギャラリーには最新の Ubuntu イメージが利用できるようになっており、Juju を利用して、Windows Azure 仮想マシン上の Ubuntu に 100 以上のサービス (Juju の “Charm” ) を自動で構成してデプロイすることが出来ます。 Windows Azure Team Blog > Windows Azure now fully supported by Juju windowsazure.com > Windows Azure での動作保証済み Linux ディストリビューション    

0

Windows Azure 概要セミナー&ハンズオントレーニングを毎月開催中

Windows Azure の概要や最新情報についてのセミナー、実機を使ってハンズオン形式でWindows Azure の各サービス、機能を学べるハンズオントレーニングを開催しています。(もちろん無料です。) 【9/17 追記】 最新情報を Windows Azure セミナー&ハンズオントレーニング にまとめました。 セミナー、ハンズオンの両方とも、9月より毎月開催され、今月の開催はこちらになります; ■ Windows Azure 概要セミナー マイクロソフトの Windows Azure は開発したアプリケーションを動作させる基盤としての PaaS (Platform As A Service)機能、そして OS 含め様々なカスタマイズが可能な IaaS (Infrastructure As A Service) 機能等、幅広い IT ニーズにお応えする機能を「必要なときに必要なだけ」従量課金でお使いいただけるパブリック クラウド サービスです。このセミナーでは、多彩な機能を持つ Windows Azure の特徴とその代表的な機能を紹介し、また常に機能追加を続けている Windows Azure の最新の情報をご紹介いたします。 (※セミナー形式(座学) となります。) Windows Azure 概要 09/12(木) 19:00~ 東京 マイクロソフト品川本社 セミナールーム お申込み Windows…

0