Windows Azure 管理ポータルのアップデート: エンドポイント監視機能、サービスバス設定、ストレージ操作

Windows Azure モバイルサービスの Android 対応 や Windows Azure Active Directory の機能強化 と合わせて、Windows Azure 管理ポータル がアップデートされています。   ■ エンドポイント監視機能 (Windows Azure クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト(占有モード) ) こちらは 最大 3 か所のサブ地域から エンドポイントに対して HTTP/HTTPS による監視テストを行うもので Windows Azure クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト(占有モード) でプレビュー機能として利用できます。監視するエンドポイントは [構成] のページから設定でき、[ダッシュボード] のページで 5 分ごとの監視データ を確認できます。      ■ サービスバス (キュー、トピック) の設定機能 キューおよびトピックの設定を確認、変更できるようになりました。また、キュー、トピック、サブスクリプションのダッシュボードが追加されています。   ■ ブロブ ストレージの操作 Windows Azure  管理ポータル から…

0