Windows Azure で SQL Server AlwaysOn を正式サポート & Windows Azure 通知ハブを正式リリース

これまでフィードバック、評価などいただいていた機能、サービスが正式対応となりました。 Windows Azure 仮想マシン で SQL Server AlwaysOn 機能をサポート Windows Server 2012 + SQL Server 2012 以降で利用可能な AlwaysOn に Windows Azure が正式対応し、Windows Azure 仮想マシン で稼働する SQL Server を 可用性グループ (Availability Group) に含めることが可能になりました。 Windows Azure 仮想マシン 自体の 可用性を高めるための VM バックアップ は Windows Azure 側で行われていますが、トランザクション処理を含めた データベースの 高可用性および災害対応 (HADR :High Availability and Disaster Recovery) を実現するため、Windows Azure 上の SQL…

0

WPC 2013 アップデート: Windows Azure AD Application Access, Power BI for Office 365, Premium Offer for Windows Azure SQL Database

全世界のマイクロソフト パートナー企業向けカンファレンスである Microsoft Worldwide Partners Conference 2013 が 米国ヒューストン にて 7/7~ 11 (現地時間)の日程で開催されており、マイクロソフトの Device + Services Vision はもちろん、さらに “Cloud First” のソリューションを展開してゆくためのクラウドサービス関連の最新情報、アナウンスが発表されています。 Windows Azure Active Directory Application Access Enhancements Build 2013 Keynote でアナウンスされていた、3rd Party のクラウドサービス でも Active Directory を利用できる機能が Windows Azure Active Directory に追加され、プレビューとして利用が可能になりました。こちら プレビュー機能 のページから申込&利用が可能です。 Power BI for Office 365 Office 2013 のアドオンとして プレビュー公開されていた “Data…

0

Windows Azure モバイルサービス関連アップデート: カスタムAPI, ローカルGit によるソース管理, クライアントライブラリ, 20MB SQL データベースが無料に, Android のプッシュ通知にも対応

Windows Azure モバイルサービス、および 関連サービスのアップデートが発表され、さらに機能が強化されました。   Windows Azure モバイルサービス: カスタム API の作成と公開 Windows Azure モバイルサービス のバックエンド側の処理として、データテーブルに付属しない カスタム API の作成と公開ができるようになりました。 これにより、Windows Azure SQL データベース以外にも Windows Azure テーブルや他のデータベースサービスを利用したり、データベース操作と関連しないバックエンド処理 (キューやサービスバスとの統合、Windows Periodic Notification (Windows ストアアプリのタイル更新などを行う定期的な通知) など のカスタム通知、Windows Azure BizTalk サービス などを利用したリクエストのルーティングなども可能) を行ったりすることができるようになります。 この カスタム API は Node.js によるサーバーサイドJavaScript を利用するほか、node NPM パッケージも利用できます。また、.NET によるカスタム API にも対応予定です。   Windows Azure モバイルサービス: ローカル Git によるソース管理 Windows…

0

Windows Azure PowerShell v0.6.10 公開、デバックモードを追加

Windows Azure Powershell がアップデートされ、バージョン 0.6.10 として公開されました。ベースは Windows Powershell 3.0 となりました。 追加機能としては、デバッグモードが追加され、Request と Reponse をコンソール上で確認できるようになりました。また、クラウドサービス、仮想マシン用 cmdlets のソースコードのリリース、クラウドサービス用の cmdlets の追加 (Web/Worker ロールの追加など) 等が行われています。 なお、2012 年 11 月版 (v0.6.9) の Windows Azure SQL データベース 用 cmdlets によりデータベースサーバーの新規作成やファイアウォール設定、データベースの作成・変更・削除などが行えるようになっています。 GitHub > Windows Azure Powershell Avkash Chauhan’s Blog > Windows Azure Powershell 0.6.10 is out and check out $DebugPreference feature to get Request and…

0

Windows Azure SQL データベースのパフォーマンス改善ガイドを公開

Windows Azure SQL データベースは SQL Server をベースとする RDB ですが、クラウド上のサービスとして提供される上で SQL Server と異なる点がいくつかあります。例えば、複数のデータベースに分割した方がパフォーマンスが向上する、接続に失敗した場合のリトライ機能を実装する、といった特徴があります。 この度、Windows Azure SQL データベースのパフォーマンスと拡張性を維持するためのガイドが MSDN Library 上で公開されました。 こちらでは Windows Azure SQL データベースを利用する上で適しているシナリオやメリットをまとめ、SQL Server と比較しながら SQL  データベースのパフォーマンスをチェックし、クラウドならではの拡張性を保持しながら利用するためのガイドになっています。 SQL Server Blog > Windows Azure SQL Database and SQL Server — Performance and Scalability Compared and Contrasted  MSDN Library > Windows Azure SQL Database and SQL…

0

Windows Azure 正式サービススタート 3 周年 ~ サービスおよび公開ステータス一覧

本日 2/1 で Windows Azure が日本で正式リリースとなって 3 周年です。(2011 年 2 月に正式提供開始)  この 1 年で Windows Azure Web サイトや 仮想マシン をはじめとして、サービスの幅がぐっと広がりました。 現在のサービスの 正式公開(GA: General Availability) / プレビュー (Preview/Private Preview) のステータスをまとめました。有償サポートは GA となったサービスが対象になります。プレビューのサービスは MSDN/TechNet フォーラムでの Q&A となります。 日本語では Windows Azure 全般 / SQL Azure 全般 という 2 つのフォーラムが用意されています。GA / プレビュー のどちらでも無償でご質問いただけます。英語では各サービス別にフォーラムが用意されていますので、より詳細はそちらでお尋ねいただくと良いかと思います。   サービス公開 フォーラム (英語) コンピューティング Windows Azure…

0

Windows Azure SQL データベース (東アジア) のアップグレードによるサービス中断のお知らせ (2013年2月6日)

東アジアのデータセンターに配置されている Windows Azure SQL データベース が、アップグレードのため 2013 年 2 月 5 日に 2 分程度サービスが中断されることが予告されています。Windows Azure SQL データベース をご利用中のサブスクリプション管理者の方々にはメールにてご連絡があるかと思います。 対象のデータセンター: 東アジア (East Asia) 対象のサービス: Windows Azure SQL データベース サービス中断時間: 日本時間 2013 年 2 月 6 日 (火) AM 6:00 (GMT: 2/5 (月) 21:00) ※約 2 分 稼働状況は、通常と同じく Windows Azure サービスダッシュボード にて表示されます。 今回は East Asia データセンター において Windows Azure…

0

SQL Server 2012 SP1 CU2 でデータベースを Windows Azure へバックアップ、ODBC ドライバーで Windows Azure 向け機能強化

SQL Server 2012 SP1 の 累積的な更新プログラム (CU: Cumulative Update) #2 と 新しい ODBC Drivers for SQL Server が公開されました。 この CU2 により SQL Server Native Backup の機能を利用して SQL Server データベース を Windows Azure ストレージに容易にバックアップできるようになりました。オンプレミス (社内設置) はもちろん Windows Azure 仮想マシンなどクラウドで稼働している SQL Server のデータベースで利用でき、T-SQL および SMO を用いて Windows Azure ブロブ ストレージ へバックアップできます。ご自身でバックアップ用のリソースを準備する必要がなく、また Windows Azure ストレージ 自体がデータ保護のために多重化されており、地域冗長を利用することでより強固にバックアップできます。 新しい ODBC Drivers for SQL Server…

2

株式会社ゼットエムピー、研究開発向け実験車両を発売開始、Windows Azure でデータ収集&分析

株式会社ゼットエムピーは 遠隔操作 および 搭載センサーのデータ収集 が行える 研究開発向けの実験車両である RoboCar PHV の販売を開始しました。 2012 年 5 月にゼットエムピーと日本マイクロソフトは Windows Azure をベースとした次世代自動車技術の研究開発環境を提供することを発表しており、この度、データを計測できる車両が販売となりました。 RoboCar PHV は市販プラグインハイブリッド車をベースに開発され、車両に装備されたデータを車載ネットワークで取得することが可能です。これらのデータはインターネット経由で Windows Azure (SQL データベース) に収集され、必要なデータを遠隔地からでも取得・解析することが可能になっています。 株式会社ゼットエムピー プレスリリース > 市販プラグインハイブリッド車をベースにしたRoboCar PHVを販売開始 株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフト、Windows Azure をベースとした次世代自動車技術の研究開発環境を提供 (2012/5/24 Post) Windows Azure ~究極のオープンクラウドサービス~ 最新情報、日本での活用事例 (2012/6/29 Post) GoAzure > Day1 Opening & Keynote : クラウド利用のあらゆるニーズに応える Windows Azure の進化

0

Web 上で SQL データベースをレポート化、Windows Azure SQL レポートの価格変更

Windows Azure をご利用中の方に Email が送られているかと思いますが、Windows Azure SQL レポート (SQL Reporting) が価格が変更されます。他のサービスに比べて話題に上ることが少ないようですが、Windows Azure SQL レポートは Windows Azure SQL データベース のデータからレポートを生成し、Web 上で公開できるサービスです。 これまで ¥ 76.93 / 時間 (~200 レポート) でしたが、2013 年 2 月 1 日より ¥ 13.29 / 時間 (~30 レポート) に課金体系が変更となります。この時間当たりの価格は、レポート定義を保存し、レポートを生成するための Reporting Server の利用費用です。 SQL レポートを利用するには、まずレポートサーバーを設定し、SQL データベースから生成したいレポートの定義ファイルを作成し、レポートサーバーにアップロードします。 サンプルDBの作成方法やレポート定義ファイルの作成も含めて、Windows Azure サポートチームのドキュメント(日本語です!) で解説されています。また、SQL Server でお馴染みのサンプル DB、Adventure Works の Windows Azure…

0