Windows Azure 仮想マシンのアクセス管理リスト設定、Web サイトのWebソケット対応、 New Relic によるパフォーマンス管理、TFSとの統合、通知ハブ&サービスバスの機能アップデート

2013年11月 初頭 の発表では、新しいプレビュー機能 に加えて、さまざまな機能が追加されています。 ■ Windows Azure 仮想マシン: アクセス管理リスト(ACL: Access Control Lists) によるアクセス管理、イメージギャラリー のアップデート Windows Azure 仮想マシンのエンドポイントに対するアクセス制御を行う ACL の設定が PowerShell および 管理API から設定できるようになっており、この度管理ポータルからも GUI で設定が可能になりました。(仮想マシンで稼働しているOSレベルでのアクセス設定は別途行う必要があります。) また、Windows Azureでご用意しているイメージを表示するギャラリーがアップデートされ、OS別などにイメージを探しやすくなりました。   ■ Windows Azure Web サイト: Web ソケット を利用可能に、PHP 5.5 対応、リモートデバッグに対応 Web アプリケーションでリアルタイムな表示更新を行う場合など、双方向通信を行う Web ソケットに Windows Azure Web サイトが対応し、SignalR や soket.io などのライブラリも利用可能になりました。また、PHP5.5 にも対応しました。 なお、先日 Windows Azure クラウドサービスで利用可能になったリモートデバッグに Windows…

0

Windows Azure で SQL Server AlwaysOn を正式サポート & Windows Azure 通知ハブを正式リリース

これまでフィードバック、評価などいただいていた機能、サービスが正式対応となりました。 Windows Azure 仮想マシン で SQL Server AlwaysOn 機能をサポート Windows Server 2012 + SQL Server 2012 以降で利用可能な AlwaysOn に Windows Azure が正式対応し、Windows Azure 仮想マシン で稼働する SQL Server を 可用性グループ (Availability Group) に含めることが可能になりました。 Windows Azure 仮想マシン 自体の 可用性を高めるための VM バックアップ は Windows Azure 側で行われていますが、トランザクション処理を含めた データベースの 高可用性および災害対応 (HADR :High Availability and Disaster Recovery) を実現するため、Windows Azure 上の SQL…

0

Windows Azure モバイルサービス関連アップデート: カスタムAPI, ローカルGit によるソース管理, クライアントライブラリ, 20MB SQL データベースが無料に, Android のプッシュ通知にも対応

Windows Azure モバイルサービス、および 関連サービスのアップデートが発表され、さらに機能が強化されました。   Windows Azure モバイルサービス: カスタム API の作成と公開 Windows Azure モバイルサービス のバックエンド側の処理として、データテーブルに付属しない カスタム API の作成と公開ができるようになりました。 これにより、Windows Azure SQL データベース以外にも Windows Azure テーブルや他のデータベースサービスを利用したり、データベース操作と関連しないバックエンド処理 (キューやサービスバスとの統合、Windows Periodic Notification (Windows ストアアプリのタイル更新などを行う定期的な通知) など のカスタム通知、Windows Azure BizTalk サービス などを利用したリクエストのルーティングなども可能) を行ったりすることができるようになります。 この カスタム API は Node.js によるサーバーサイドJavaScript を利用するほか、node NPM パッケージも利用できます。また、.NET によるカスタム API にも対応予定です。   Windows Azure モバイルサービス: ローカル Git によるソース管理 Windows…

0

各種モバイルにプッシュ通知を送信できるWindows Azure の新サービス、通知ハブ がプレビュー公開

昨日の Windows Azure メディアサービス のリリースと共に、通知ハブ (Notification Hubs) と呼ばれる新しい機能がアナウンスされました。(こちらはプレビュー版ですが...。) 通知ハブ は、各種デバイスにプッシュ通知メッセージを送ることができるサービスで、各種デバイスに対応、メッセージ送信サービスをAPI経由で容易に利用できます。 こちらは遅延を抑えて何万ものデバイスにプッシュ通知を行えるように設計されており、自分でルーティングのインフラ構築を行うことなく Pub/Sub モデルで通知を行うことができます。 現在 Windows 8 および iOS 向けアプリケーション で即時利用できるようになっており、Android および Windows Phone もまもなく対応予定です。 また、 per-user-tag と呼ばれるタグによって、デバイスやアプリケーションは識別できる仕様になっており、アプリケーションからユーザー ID やお気に入り、場所などをタグに設定 / 取得することで、デバイス別やタグ情報に沿ったプッシュ通知などを行うことができます。 なお、通知ハブは Windows Azure モバイルサービス からの利用はもちろん、クラウドサービスや仮想マシン、Web サイトに配置されているアプリケーションからも利用できます。  通知ハブの作成は、Windows Azure 管理ポータル から (サービスバスに入っています) 。  Windows 8 および iOS 向けアプリへ通知するための Windows Notification System / APNS の設定が行えるようになっています。 こちらの設定ページは、通知ハブを作成するときに 新規作成 (or 既存から選択) した名前空間に紐づいていますので、そちらを選択して通知ハブの詳細を表示します。      ScottGu’s Blog > Broadcast…

0