Windows Azure クラウドサービス Guest OS アップデート (2014年2月度: 4.5 / 3.12 / 2.24 / 1.32)

Windows Azure クラウドサービスは、PaaS 型サービスとして、仮想マシンのベースとなる Windows Server や各種ランタイムなどのアプリケーション稼働環境のメンテナンスは マイクロソフト側で行われています。 ほぼ月1回のペースで、セキュリティアップデートなどを含む Windows Sever の OS アップデートが行われ、”February 2014” 版のアップデートが行われています。 MSDN Library > Windows Azure Guest OS Releases and SDK Compatibility Matrix : Future, Current and Transitional Guest OS Versions 現在の最新版は Guest OS 4.5 / 3.12 / 2.24 / 1.32 となり、それぞれ利用期限は リリース日+60日、となっています。60日後には管理ポータルで表示されなくなり、(現在では)120日後からそれ以降のバージョンにアップデート必須となります。 Guest OS ファミリー 互換性 ID 4.5 Windows Server 2012…

0

Windows Azure クラウドサービスに InfiniBand 採用の A8、A9 インスタンスを追加

Windows Azure クラウドサービスに InfiniBand を備え、RDMA にも対応した A8、A9 インスタンスが追加となりました。 Windows Azure のコンピューティングサービス (クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト、モバイルサービス) のサーバースペックは、仮想コア(CPU) やメモリ、IO リソースがセットになっています。クラウドサービスの場合は “標準インスタンス” と、標準インスタンスよりメモリが増強されている “メモリ集中型インスタンス(Memory Intensive Instances)” があります。  この度、さらにサーバースペックを強化した “コンピューティング集中インスタンス (Compute Intensive Instances)” と呼ばれる A8 (8コア / 56GB) および A9 (16 コア / 112GB) が正式提供 (GA: General Availability) され、利用できるようになりました。これらのインスタンスには 40 Gbps InfiniBand が備えられており、RDMA (Remote Direct Memory Access) 対応により、HPC など MPI (Message…

0

Windows Azure クラウドサービス Guest OS (Release 201312) 更新

Windows Azure クラウドサービス の Guest OS のアップデートをしばらく失念しておりましたが、最新版が公開されて 4.3 / 3.10 / 2.22 / 1.30 となりました。自動更新ありに設定している場合は、クラウドサービスで稼働している各ロールは自動で更新が適用され、リブートされます。 Windows Azure Guest OS アップデート RSS Feed クラウドサービスの各ロール(Web ロール / Worker ロール) は Windows Server 互換のOSで稼働しており、それぞれのバージョンに対応する Windows Server と .NET Framework は下記のようになります。   互換性 .NET Framework Guest OS Family 4 (4.x) Windows Server 2012 R2 4.0 / 4.5 / 4.5.1…

0

Visual Studio 2013 正式提供開始 &Windows Azure SDK 2.2 公開

Windows Server 2012 R2 と同日(10/18)、Visual Studio 2013 も正式提供が開始されました。 Windows Azure 仮想マシンのイメージでも Visual Studio 2013 インストール済みのイメージ (MSDN サブスクリプションをお持ちの方向け) が利用可能になっています。 Visual Studio 2013 対応 SDK として Windows Azure SDK for .NET 2.2 が公開されました。Visual Studio 2013 Preview 対応の v2.1 からさまざまなアップデートが行われています。(Visual Studio 2013版 / 2012 版 が用意されています) ■ Windows Azure へのサインインと Visual Studio からのサブスクリプション、証明書、各種サービスの管理 Visual Studio 2013 では起動時にサインインすると Team Foundation…

0

Windows Server 2012 R2 提供開始、Windows Azure 仮想マシンで利用可能に&クラウドサービスに対応 Guest OS を追加

少々遅くなりましたが、10月後半のアップデートをまとめていきます。 10/18(木) に Windows Server 2012 R2 が正式提供開始となり、Windows Azure でも各種対応がされています。 ■ Windows Azure 仮想マシンに Windows Server 2012 R2 イメージ追加 Windows Azure 仮想マシンのギャラリーに Windows Server 2012 R2 (Preview 取れました) のイメージが追加され、利用できるようになっています。同日公開された SQL Server 2014 CTP2 インストール済みイメージも追加されています。 ■ Windows Azure クラウドサービス Guest OS 4.x 追加 Windows Azure クラウドサービス の Guest OS に Windows Sercer 2012 R2 互換の 4.x…

0

Windows Azure Guest OS 3.7 / 2.19 / 1.27 公開

Windows Azure クラウドサービスの Guest OS 3.7 / 2.19 / 1.27 がリリースとなっています。 Guest OS 3.4 / 2.16 / 1.24 で問題が発生していた SQL Native Client Libraries の v10 および11 が side-by-side でインストールされています。 また、 Guest OS 3.6 / 2.18 / 1.26 でのバグも修正されています。 windowsazure.com > Windows Azure Guest OS Releases and SDK Compatibility Matrix

0

Windows Azure キャッシュを更新、クラウドサービス、仮想マシン、Web サイトで利用可能に

Windows Azure キャッシュが新しくなりました。高速な分散型メモリキャッシュのサービスを提供する Windows Azure キャッシュは占有で利用でき、データをメモリ内に保有することでアプリケーションの拡張性とパフォーマンスを向上します。アプリケーションごとに Windows Azure キャッシュの占有インスタンスを作成する、または、複数のアプリケーションで一つのインスタンスを共有する、のどちらの方法でも利用できます。 現在、Windows Azure キャッシュ はクラウドサービス、仮想マシン (Windows/Linux)、Web サイトで利用でき、モバイルサービスの対応も予定されています。こちら引き続きプレビュー機能としての提供で、ご利用は プレビュー機能のページ からお申込みが必要です。 サイズは Basic / Standard / Premium の3種類あり、Standard 以上では名前付きキャッシュの機能などが利用可能です。 キャッシュはこれまで Cache Servie (Dedicated), In-Role Cache (クラウドサービスのキャッシュ), Shared Cashing の3種類が提供されていましたが、Shared Cache は サービス終了となります。   なお、Windows Azure  Web サイト、仮想マシン でも自動スケールのスケジュール機能が利用できるようになっています。 Web サイトではサーバー占有になる 標準モード で利用でき、平日の日中/夜間 および 週末 の 3 パターンで 自動スケールを設定できます。自動スケール機能によりインスタンスの変更があった際はダッシュボードで確認できます。  また、Webサーバーの診断ログをストレージに保存することも可能になっています。…

0

Windows Azure 管理ポータルから自動スケールの設定、監視項目やアラートを指定可能

Windows Azure Web サイト、クラウドサービス、モバイルサービス、仮想マシン には、サーバー負荷に合わせて自動でサーバーインスタンス数を増減する「自動スケール」の機能が備わっており、先日の機能強化 の一つとして Windows Azure 管理ポータルから設定できるようになっています。 自動スケールは、日中と夜間といった時間帯で切り分けて設定を行うことができ、CPU負荷の閾値、またはアクセスされるキューの数によって、インスタンス数を増減させることができます。 サーバー監視機能により自動スケールされたログが確認できるほか、閾値を超えた場合にアラートを送信することも可能です。(サービス管理者、またはその他送信先を指定することもできます。) こちらは、管理ポータルの一番の左のツールバーの「管理サービス」から設定できます。   ScottGu’s Blog > Windows Azure: General Availability of SQL Server Always On Support and Notification Hubs, AutoScale Improvements + More    

0

Windows Azure July 2013 Update : SQL データベースの自動バックアップ, Premium for SQL Database プレビュー開始 Traffic Manager, モバイルサービスの自動スケール機能, 仮想マシン作成ダイアログ改善

Windows Azure の 2013 年 7 月 版アップデートとして、SQL データベースのストレージへの自動バックアップなど、いくつかの機能強化が行われました。   SQL データベースのストレージへの自動バックアップ機能 SQL データベースの ストレージへの自動エクスポート機能が追加されました。 バックアップのタイミングは1日単位で設定でき、BACPAC 形式でバックアップファイルとしてストレージに保存され、指定した期間保管されます。 もちろん自動保存されたバックアップから SQLデータベースを作成することもでき、SQL データベースの作成メニューにも インポート機能が追加されています。   SQL データベース プレミアム版のプレビュー開始 WPC 2013 でアナウンスされた、占有領域で稼働する SQL データベース のプレミアム版のプレビューが開始となりました。windowsazure.com のアカウントからプレビュー機能の申込みページ (https://account.windowsazure.com/PreviewFeatures) から、お申し込みを行ってください。(“Premium for SQL Database” という名称になっています。)   Windows Azure Traffic Manager が Windows Azure 管理ポータルで操作可能に 旧ポータルに残っていた Windows Azure Traffic Manager が現在の管理ポータル (https://manage.windowsazure.com) に移動、操作できるようになりました。作成時のダイアログ、または構成の設定画面で負荷分散ルーティングを行うサービスの設定や、種類…

0

Windows Azure Guest OS 3.3, 2.15, 1.23 公開

Windows Azure クラウドサービスの Guset OS がアップデートされました。最新版は Guest OS 3.3 (Windows Server 2012 互換)、Guest OS 2.15 (Windows Server 2008 R2 互換)、Guest OS 1.23 (Windows Server 2008 SP2 互換) となります。 なお、先日発表され 2013 年 6 月より適用されている ライフサイクルポリシー により、Guest OS Family 1 (1.x, Windows Server 2008 SP2 互換) はリタイアとなります。2014 年 1 月 1 日 より、Guest OS 1.x を使用した クラウドサービスのデプロイができなくなり、また、現在稼働中の Guest OS…

0