Windows Azure Backup 正式提供開始、Hyper-V Recovery Manager は公開プレビューに

Windows Azure をつかってローカル環境のバックアップ機能を提供する、Windows Azure Backup が正式公開され、Windows Azure Hyper-V Recovery Manager は公開プレヒューとなりました。 Windows Azure Backup は Windows Server の フォルダーやファイルを Windows Azure ブロブストレージにバックアップできるサービスで、バックアップを行いたい Windows Server にエージェントをインストールすることで、スケジュールを設定して自動でバックアップを行います。Windows Azure 側にデータを送る前にデータ圧縮や暗号化、スロットリングを行っています。なお、Microsoft System Center Data Protection Manager や Windows Server Essentials のバックアップにも対応しています。 Windows Azure Hyper-V Recovery Managerは、招待制プレビューとして先行公開されていましたが、この度公開プレビューとして誰でもご利用いただけるようになりました。System Center 2012 によるプライベートクラウド環境の複製、リカバリー機能を提供するもので、データの自動保護や非同期複製、順次リカバリーにより、災害時などを含めた復旧機能を提供します。リカバリー対象のアプリケーションデータ自体はプライベートクラウド(社内設置)に留まり、サーバー環境情報のみが Windows Azure 上に保持されます。 Windows Azure Team Blog > Announcing the release of Windows Azure…

0

Windows Azure Backup & Windows Azure Hyper-V Recovery Manager プレビュー公開

Windows Server の バックアップ および リカバリー機能をクラウドで提供する Windows Azure Backup が Windows Azure のプレビュー機能として利用可能になりました。(これまでプレビュー公開されていた Windows Azure Online Backup では Windows Azure Active Directory が別のポータルで管理、Office 365 への紐づけになっていました。) Windows Azure Backup は Windows Server 2012, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2008 R2 SP1 に対応し、System Center Data Protection Manager 2012 SP1 から操作できます。バックアップ対象は フォルダ / ファイルで、差分のみをバックアップすることでバックアップ領域や帯域を節減でき、複数のリカバリーポイントを持つことで特定の時間の状態に戻す (point-in-time recovery) ことができるようになっています。  Windows…

0