Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labs 2011 年 12 月版リリース

Windows Azure Service Bus EAI & EDI Labs が利用可能になっています。プライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境をつなぐ メッセージプロセッシング機能である Enterprise Application Integration (EAI)、および B2B メッセージングを実現する Electric Data Interchange (EDI) 機能がプレビュー版 として公開されています。 Windows Azure Team Blog > Announcing the Service Bus EAI & EDI Labs Release MSDN Library > Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labs – December 2011 Release こちらは、下記 SDK をダウンロード&インストールし、Lab サイトで試用可能です。 Microsoft Download…

0

Windows Azure SDK 1.6、Windows Azure HPC Scheduler SDK とTraining Kit を合わせて公開

Windows Azure SDK の最新版 v1.6 が公開されました。 これにより Visual Studio + Windows Azure Tools で下記の機能が利用できるようになります。 接続するための証明書 (Certification) の管理 証明書作成・管理の自動化 証明書なしでリモートデスクトップ接続 Windows Azure 管理ポータルなしで操作可能に ホステッドサービスの新規作成 ストレージアカウントの作成と管理、 ロールのアクティビティログによる管理 より柔軟な開発のための対応 In-Place Update の実行 アプリケーション発行時の複数プロファイルを保持 複数サブスクリプションの利用 複数の開発環境の保持 なお、これまで Windows Azure AppFabric SDK と呼ばれていたものが、Windows Azure Libraries for .NET 1.6 となり、Service Bus、Caching のクライアントライブラリの強化、Queue の機能強化が盛り込まれています。 また、SDK 1.6 に対応した WIndows Azure Platform Training Kit の最新版も利用可能になっています。 この…

0

Windows Azure Service Bus の Relay Endpoint ロードバランシング機能追加

Windows Azure Service Bus の Relay Endpoint にロードバランシング機能が追加されました。 1 個の Endpoint あたり 25 個の Listener (リスナー) を割り当てることができるようになり、リクエストを分散して処理することが可能になります。 Windows Azure Team Blog > Now Available: Relay Load Balancing for Windows Azure Service Bus MSDN Library > Windows Azure AppFabric Release Notes for the September 2011 Release : Service Bus – Relay load balancing Service Bus の機能強化は、BUILD…

0

Windows Azure Platform Training Kit、SDK1.5 対応版公開

Build で発表された Windows Azure Platform 関連の新機能などの内容を反映した、トレーニングキットが公開されました。 Microsoft Download Center > Windows Azure Platform Training Kit – September Update (ダウンロード版) MSDN > Windows Azure Platform Training Kit – September Update (オンライン版) デモやハンズオンが Windows Azure SDK 1.5 / Windows Azure AppFabric v1.5 対応にアップデートされた他、Windows Azure AppFabric Service Bus Messaging のハンズオンなども含まれています。 このトレーニングキットなどで Windows Azure 開発をこれから体験される場合は、MSDN Windows Azure Platform デベロッパーセンターに 準備から実践まで、Step-by-Step ガイドや解説がありますので、こちらもご利用ください。 Windows…

0

Build の Windows Azure Platform 関連アップデート(2) : Service Bus, Storage Geo-Replication, TFS on Azure

先週開催された Buid での Windows Azure Platform 関連アップデート第 2 弾です。 ■ Windows Azure AppFabric Service Bus これまで May 2011 CTP としてプレビュー版で公開されていた、 Windows Azure AppFabric Service Bus がリリースとなりました。こちらは、永続的ストアであるキュー(Queue)、キューのパブリッシュ・サブスクライブを行うトピック(Topic) といったメッセージサービス機能です。 Windows Azure SDK 1.5 とあわせて Windows Azure AppFabric SDK v1.5 としてアップデートされています。 Windows Azure Team Blog > Now Available: The Service Bus September 2011 Release MSDN Library > Windows Azure…

0

Windows Azure SDK 1.5 利用可能に

Windows Azure SDK 1.5 / Windows Azure AppFabric v1.5が利用可能になりました。 WebPI経由 Windows Azure Platform Website(US) > Download Windows Azure SDK 直接こちらからでもOKです→http://www.microsoft.com/web/gallery/install.aspx?appid=WindowsAzureToolsVS2010 Web PI を使わない場合は... Microsoft Download Center > Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 1.5 (September 2011) Microsoft Download Center > Windows Azure AppFabric SDK V1.5 – September 2011 他、Build の Day 2 Keynote…

0

MSDN Library の Window Azure Platform セクションが日本語化

案外知られていないようなので改めてご紹介ですが、MSDN Library の Windows Azure Platform のセクションが日本語化されています。 MSDN Library > Windows Azure Platform Windows Azure Platform のセクションは下記の項目から構成されています。 Windows Azure Platform クイック ガイド Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio Windows Azure Windows Azure AppFabric SQL Azure 他に役立ちそうなページをピックアップすると…  Windows Azure 用語集  Windows Azure Platform のテクノロジーや機能の名称と説明が一覧になっています。 Microsoft Windows Azure プラットフォームでのクラウド用アプリケーションの開発 Microsoft Windows Azure プラットフォームでのクラウドへのアプリケーションの移行 pattens & plactices – Windows…

0

Windows Azure Platform でサービス連携、SaaS型プロジェクト原価管理サービス「Time Krei PLUS MCFrame online原価管理」提供開始

株式会社テンダ の SaaS 型 グループウエア&プロジェクト管理統合サービス「Time Krei」が 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 の SaaS 型原価管理システム「MCFrame online 原価管理」と Windows Azure Platform を活用して Webサービス連携され、ソフトウエア開発などにおけるプロジェクト原価管理サービスが提供開始となりました。 Time Krei PLUS MCFrame online 原価管理 – クラウド・SaaS 型 プロジェクト原価管理 このサービスにより、非製造業、特にソフトウエア開発におけるプロジェクトの進捗確認から予算実績管理などを行い、それを人件費の算出に連携させたり、直接・間接経費を組み込んだりすることができ、プロジェクト原価管理を行うことが可能になります。 こちらは Windows Azure AppFabric Service Bus を利用しており、Web サービス連携を実現しています。 株式会社テンダ ニュースリリース > 「Time Krei ASP」、Windows Azure(TM) Platformを活用して「MCFrame online原価管理」とクラウド連携 ~非製造業向けのプロジェクト原価管理ソリューションを提供開始~ 食品原材料・製品情報管理サービス「FOODS eBASE Cloud」と原価管理サービス「MCFrame online 原価管理」、Windows Azure Platform により連携、総合的食品製造業向けソリューション提供 (7/15 Post)

0

Windows Azure AppFabric July 2011 リリース

Windows Azure AppFabric July 2011 がリリースされています。 今回の大きな変更としては、Access Control Service (ACS) 2.0 、また、Windows Azure 管理ポータルのアップデートに合わせて、AppFabric サービスのページも日本語を含む 11 か国語で利用できるほか、AppFabric セクションで Co-Admin (複数管理者)による管理も可能になっています。 ACS 2.0 の変更点として、(1)入力クレームを 2 つ設定、利用することが可能、(2)全ての OAuth 2.0 レスポンスで UTF-8 エンコードを利用、(3) 同一の ACS 名前空間に作成できるオブジェクトの数の制限廃止、があります。 Windows Azure Team Blog > Announcing the Windows Azure AppFabric July Release 【7/30 追記】 Windows Azure AppFabric の June 2011 CTP で追加された…

0

Windows Azure AppFabric SDK V2.0 CTP June 2011 リリース ~ AppFabric Developer Tools 利用可能に

TechEd North America 2011 でアナウンスされていた、Windows Azure AppFabric SDK V2.0 CTP June 2011 がリリースになりました。 Microsoft Download Center : Windows Azure AppFabric SDK CTP – June Update 今回のアップデートでは、クラウドおよびオンプレミス環境において、プレゼンテーション層 / ビジネスロジック層 / データ層 からなるn 階層型のアプリケーションの開発、デプロイ、管理・モニタリングが容易にできることを主眼として、Composition Model による開発ができるようになったことが大きな変更点になります。 Visual Stuio ツールとして追加される AppFabric Developer Tools で Composition Model 開発のテンプレートが用意されており、視覚的にアプリケーション構成が可能になる Design View なども用意されています。また、AppFabric Application Manager と呼ばれるオンライン管理ツールにより、アプリケーションの構成管理を容易に行うことができます。 また、Windows Azure 上での WF (Windows Workflow Foundation)…

0