Microsoft WebMatrix 3 プレビュー公開 ~ Windows Azure Web サイトのとの統合、ソース管理、拡張機能の追加

Windows Azure Web サイトの開発でもお馴染み、無償の Web 開発ツールである Microsoft WebMatrix 3 のプレビュー版が公開されています。現在英語版のみですが、WebMatrix 3 プレビュー のサイトからダウンロードして利用可能です。 WebMatrix3 の変更点として、Windows Azure Web サイト との統合、Git/TFS によるソース管理、各種拡張機能の追加などの機能強化がされています。 Windows Azure Web サイト との統合 WebMatrix3 起動時にサインインを行うと、そのアカウントでサービス管理を行っている Windows Azure サブスクリプションに接続し、デプロイされている Web サイトを取得します。 これまでと同様に、OSS アプリケーション や シンプルなアプリケーションテンプレートを選んで Web サイトを作成できます。ちなみに EC-CUBE (日本語版 / 英語版) も利用可能となっており、WebMatrix 経由で Windows Azure へ配置できます。 Windows Azure 管理ポータルで操作しなくても、URL の設定や Windows Azure SQL データベースや…

0

Microsoft WebMatrix 2 リリース、Web サイト作成と Windows Azure への配置を簡単に

Windows Azure Web サイトの開発でもお馴染みの Microsoft WebMatrix 2 が正式リリースとなりました。 Microsoft WebMatrix は無料で利用できるライトな Web 開発ツールで、オープンソースや WebMatrix に用意されているテンプレートから簡単に Web サイトを作成できます。ASP.NET 以外にも PHP / Node.js / HTML5 などに対応、インテリセンス (Intellisense : コード入力支援機能) が利用できます。Web サーバーや DB を含めた開発環境がローカルに構成され、開発したアプリケーションをクラウドやホスティングサービスなどに配置できます。 WebMatix 2 からは Windows Azure との連携が強化されており、Windows Azure Web サイトのギャラリーに用意されているテンプレートを用いた Web サイトのカスタマイズ、WebMatrix で作成したサイトのデプロイが容易にできるようになっています。 Windows Azure ポータルで利用する際にもダウンロード、インストールできますが、予めインストールできます。 Microsoft WebMatrix 2 インストール (WebPI 経由) Windows Azure Team…

0

Node.js、Windows Azure や Windows Server で利用可能に

サーバーサイド JavaScript 「Node.js」が Windows プラットフォームに正式に移植されることになり、マイクロソフトが開発支援を行います。まずは、非同期 I/O 操作を行う IOCP API により Windows 上で高いパフォーマンスと拡張性を実現することに主眼が置かれ、Windows 版の node.exe のバイナリがリリースされる予定になっています。 これにより、Node.js を Windows Azure、Windows Server 2008 (含むR2)、Windows Server 2003 で利用することが可能になります。 Interoperability @ Microsoft > Microsoft working with Joyent and the Node community to bring Node.js to Windows Node blog > Porting Node to Windows With Microsoft’s Help Windows Azure は様々なオープンソース…

0

動的Webサイト構築の無償開発ツール、Microsoft WebMatrix 公開

ASP.NETおよび PHP による動的 Web サイトの開発を構築するための無償開発ツール、Microsoft WebMatrixが公開されました。 WebMatrix には下記のが含まれています; Web 開発・管理ツール Web サーバー : IIS 7.5 Express DB サーバー : SQL Server Compact 4.0 また、ASP.NET “Razor” と呼ばれる、Webサイトに機能を追加する簡易構文(VB/C#コードを記述)が用意されています。 標準的なWebサイトがテンプレートとして用意されている他、WordPress や DotNetNuke など無償オープンソース Web アプリケーションを組み込んで 動的Webサイトを作成することができます。また、データベースエンジン・Webサーバー環境が含まれており、開発環境から実稼働環境への円滑かつシームレスな配置を実現します。 なお、Visual Web Developer を含む Visual Studio との連携機能が用意されているため、WebMatrix で作成した動的 Web サイトを、Visual Studio に移動して開発を続けることも可能です。また、WebMatrix で作成した Web アプリケーションを Windows Azure 上で公開することも可能です。 Microsoft WebMatrix Webサイト  

0