株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフト、Windows Azure をベースとした次世代自動車技術の研究開発環境を提供

株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフトは、次世代自動車技術の研究開発環境を提供することを発表しました。Windows Azure を活用した、自動車の車載センサー情報の収集や解析、制御を行う、ビックデータ処理の開発環境を自動車メーカーや部品メーカーなどの自動車関連企業、通信、IT関連企業等に提供します。 トヨタ自動車株式会社のプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」では、ベース車両に搭載されたセンサーや ゼット エムピー製の車両の姿勢計測センサー「IMU-Z」、「POSITION-Z」や障害物の距離画像を取得する「RoboVision」、死角検知「OpticalFlow-Z」 による情報がインターネット経由で Windows Azure に送信、保存されます。 それらの膨大なデータは SQL Azure にデータベース化して保存され、開発者はこの情報を容易に利用してプログラム開発などを行うことが可能です。これにより、実車試験によるデータなどもリアルタイムでクラウドにて処理でき、データ解析やプログラム修正などを遠隔から行うことも可能になります。 こちらは 日本マイクロソフトの開発・検証施設である マイクロソフト イノベーションセンター に設置され、今後プリウス以外の自動車をベースとした開発環境の提供も予定されています。 Microsoft PressPass > ゼットエムピーと日本マイクロソフト、次世代自動車技術の研究開発環境を提供 株式会社ゼットエムピー > 製品情報 : 世界と結びつくクラウド・ロボカー “connected” RoboCar HV 【参考】 トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure 採用 (2011/04/8 Post)

0

トヨタ、EV/PHV 向け充電スタンドG-Station 発表、クラウドプラットフォームで利用者・設置者への新しいサービスを提供

トヨタ自動車より EV/PHV(*) 向けの充電スタンド「G-Station」が発表されました。 (*) EV(Electric Vehicle) : 電気自動車 / PHV(Plug-in Hybrid Vehicle) : プラグインハイブリッド自動車 G-Station はインターネット経由で、トヨタとマイクロソフトが共同で構築したグローバルプラットフォームを活用した「トヨタスマートセンター」に接続しており、利用者の情報 とG-Station の情報 (設置されている位置情報や空き状況) を組み合わせたサービスを提供することが可能です。トヨタスマートセンターは Windows Azure を採用、先日発表された トヨタとマイクロソフトの戦略的提携により共同で構築されたクラウドプラットフォームです。 トヨタ自動車プレスリリース : トヨタ、EV/PHV向け充電スタンド「G-Station」を開発 利用者は携帯電話やスマートフォンを通じて充電完了メールを受け取ったり、 G-Station の位置・空き状況を確認したりすることができ、設置者は利用状況に応じたサービスなどを展開できるほか、 G-Station の稼働状況をチェックすることができます。また、G-Station の位置・空き情報はトヨタスマートセンターを通じてオープン情報として公開されるため、地図サイトやナビゲーションサービスなどへの利用も可能です。 MSN トピックス : トヨタの充電スタンドはMicrosoftのクラウド対応! トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure 採用 Microsoft PressPass : マイクロソフトとトヨタ、次世代テレマティクスのプラットフォーム構築に向けた戦略的提携について基本合意

0

FIFA クラブワールドカップ応援 Facebook サイト「TOYOTA HEAT! HEART! FOOTBALL – FREESTYLE STADIUM」Windows Azure Platform で稼働中

トヨタ自動車がスポンサーを行っている(*) サッカー FIFA クラブワールドカップ(他計3大会) の応援 Facebook ページ「TOYOTA HEAT! HEART! FOOTBALL!」で、ユーザー参加型サイト「FREESTYLE STADIUM」 が公開、こちら Windows Azure Platform で構築されています。 Facebook : TOYOTA HEAT HEART FOOTBALL > FREESTYLE STADIUM FREESTYLE STADIUM は、ユーザーが自分のリフティング動画を投稿したり、投稿された動画の人気投票を行ったりできるサイトで、日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語の4か国語に対応しています。動画は YouTube を利用、PHPにて構築されています。 (*) 詳しくはこちら; トヨタ企業サイト : スポーツスポンサーシップ – サッカー

0

トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure 採用

トヨタ自動車 と マイクロソフト コーポレーション(本社) は、トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure を採用、共同で独自のグローバルクラウドプラットフォームの構築を目指し、戦略的提携することを発表しました。 Microsoft PressPass : マイクロソフトとトヨタ、次世代テレマティクスのプラットフォーム構築に向けた戦略的提携について基本合意Microsoft News Center : Microsoft and Toyota Announce Strategic Partnership on Next-Generation Telematics トヨタ自動車が実証実験を行っている、人間・車・住居のシームレスな情報統合を行うスマートグリッドへの取り組みである「トヨタスマートセンター」、このグローバルクラウドプラットフォームを通じてグローバル展開が予定されています。こちらの画像(動画)が この取り組みのイメージとして公開されています。 トヨタが考える未来 2 年以上前からマイクロソフトが “Future Vision” として描いていた世界が現実になる実感が湧きます。 Microsoft Showcase : Productivity Future Vision

0