Visual Studio LightSwitch Beta1 リリース

ビジネス アプリケーション構築のための簡易で柔軟な開発ツールである、Visual Studio LightSwitch の Beta1 がリリースされました。8/23 より一般向けダウンロードが開始され、Microsoft Tech・Ed 2010 Japan の Keynote にてデモが公開されました。 Microsoft Visual Studio LightSwitch →ダウンロードもこちらからMicrosoft Tech・Ed 2010 Japan 基調講演オンデマンド配信 デスクトップ、Web、そしてクラウドをターゲットにしたビジネスアプリケーション構築を目的としており、あらかじめ用意されているアプリケーションのテンプレートをもとに開発することができます。データベースとしては SQL Server や SQL Azure、Excel、SharePoint  なども利用でき、Visual Basic や C# を利用してコーディングを行います。また、Silverlight アプリケーションにビルドすることができる他、Windows Azure 上にデプロイすることも可能です。 MSDN Visual Studio LIghtSwitch Developer Center →チュートリアルなども用意されていますMSDN Library : Visual Studio LightSwitch Beta1

0

Microsoft Online Services のシングルサインオン・端末アクセス制御を可能にするサービス「Online Service Gate」が Windows Azure 上で稼働

先週、Microsoft Tech・Ed 2010 Japan が開催されましたが、Keynote でもご紹介されたソリューション事例をご紹介いたします。 Microsoft Online Services : Exchange Online 対応ソフトウェアとソリューション「Online Service Gate」ソフトバンク・テクノロジー株式会社 : Online Service Gate Exchange Online, SharePoint Online などの Microsoft Online Services をご利用の際、社内ログインアカウントによるシングルサインオンや IPアドレス・端末IDによる社外アクセス制限を実現するソリューションで、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が開発・提供しています。 Keynote でご紹介された 株式会社バンテック の事例では、このソリューションを Windows Azure上に構築し、Microsoft Online Exchange と連携、従来の社内設置型と同等のセキュリティをクラウド上でも実現しています。 プレスリリース : 株式会社バンテックが、マイクロソフトのクラウドベースのメールシステムを全社導入 【10/12 追記】 マイクロソフトWebサイトの事例紹介でも詳しくご紹介させていただいております。 マイクロソフト 導入事例 : 株式会社バンテック

0