WPC 2013 アップデート: Windows Azure AD Application Access, Power BI for Office 365, Premium Offer for Windows Azure SQL Database

全世界のマイクロソフト パートナー企業向けカンファレンスである Microsoft Worldwide Partners Conference 2013 が 米国ヒューストン にて 7/7~ 11 (現地時間)の日程で開催されており、マイクロソフトの Device + Services Vision はもちろん、さらに “Cloud First” のソリューションを展開してゆくためのクラウドサービス関連の最新情報、アナウンスが発表されています。 Windows Azure Active Directory Application Access Enhancements Build 2013 Keynote でアナウンスされていた、3rd Party のクラウドサービス でも Active Directory を利用できる機能が Windows Azure Active Directory に追加され、プレビューとして利用が可能になりました。こちら プレビュー機能 のページから申込&利用が可能です。 Power BI for Office 365 Office 2013 のアドオンとして プレビュー公開されていた “Data…

0

System Center 2012 SP1 公開、Windows Azure services for Windows Server リリース

ハイブリットクラウドやデバイスを含む IT システムの運用管理プラットフォームである Microsoft System Center 2012 SP1 が 2012 年 12 月に RTM となり、先行して MSDN / TechNet サブスクライバー向けに公開されていましたが、この度公開がアナウンスされました。合わせて Windows Azure Web サイト のサービスを Windows Server 上でホストできる Windows Azure services for Windows Server  のサービスもリリースとなっています。  Windows Server および Windows Azure を軸として、社内環境 および マイクロソフトや他社のデータセンターにわたって継続性のあるプラットフォームを提供するという ”Cloud OS” と呼ばれるビジョンの元、System Center はハイブリットクラウド環境の管理を自動化などを含めて効率化・軽減できます。 Hosting Insights Blog > Microsoft and Service Providers Deliver on…

0

Windows Server で Windows Azure のサービスを稼働できる "Bringing Windows Azure Services to Windows Server"、ベータ版提供開始

Windows Azure のサービスを Windows Server 上で展開できる Bringing Windows Azure Services to Windows Server、これまで CTP (Customer Technology Preview : プレビュー版) となっていましたが、この度ベータ版として提供を開始しました。 こちら主にホスティングサービスプロバイダー向けに提供されるサービスで、Windows Server+System Center によるクラウドサービスが提供できる基盤となります。 ベータ版リリースに際し、CTP 版から下記のような機能がアップデートされています。 サービス管理ポータル、API : サービス管理ポータル、API の分散インストール、複数プランへのユーザーログイン Web サイト機能 : HTTP/SSL のサポート、高可用性オプションと Live アップグレードを含む分散インストール強化、Generic FastCGI のサポート 仮想マシン機能 : テンプレートからのVM作成ウィザードの強化、ハードウエアプロファイルを用いたVHDからのVM作成 稼働できる環境は Windows Server 2012 + System Center 2012 となっており、2013 年の早い時期に予定されている System Center 2012 Service…

0

Windows Azure Online Backup プレビュー版公開、Windows Server 2012 や System Center 2012 SP1 のクラウドベース バックアップを実現

先週 発売開始がアナウンスされた Windows Server 2012 をクラウドベースでバックアップを行う Windows Azure Online Backup がプレビュー版として公開されました。 こちら Windows Azure ストレージにバックアップを作成するもので、System Center 2012 SP1 からも利用でき、データの保護・リカバリー、モニタリングなど、オンプレミスのバックアップに適用してきた既存のワークフローをクラウドにも適用できます。なお、Windows Server 2012 Essentials からも利用が可能です。 Windows Azure Online Backup を試用するには、プレビューアカウントの申し込みが必要です。この際、Windows Azure Active Directory に紐づけられますので、Office 365 開発者アカウントなどをお持ちの場合はそちらをご利用いただけます。(お持ちでなくても 新規 Windows Azure Active Directory アカウントを作成できます。) また、これに合わせて Windows Azure Active Directory 管理ポータル もプレビュー版公開されました。Windows Azure Online Backup はもちろん、Office 365 を含むドメインやユーザーの管理などが行えます。 windowsazure.com [en-us] > Windows Azure Online…

0

Microsoft System Center 2012 正式リリース、プライベート+パブリッククラウドの管理が容易に

マイクロソフトの IT 管理製品である Microsoft System Center 2012 が Microsoft Intune 次期バージョンの発表 と同じく Microsoft Management Summit 2012 (2012 年 4 月開催)にて正式リリースとなりました。 System Center 2012 は、オンプレミスのサーバーやアプリケーションに留まらず、プライベートクラウド (= オンプレミスに構築された仮想サーバーやアプリケーション) やパブリッククラウド (Windows Azure) までを対象とし、企業のITシステム全体の運営・管理をサポートするための製品ファミリーとして構成されています。クラウド活用の視点から見ると、オンプレミスとクラウドのサーバー、サービスの管理が一元的に行えること、またプライベートとパブリック、クラウドの配置先を意識せずに利用できることを実現しています。 サーバー、サービスの監視と管理を行う System Center Operations Manager (SCOM) から Windows Azure アプリケーションの監視、パフォーマンスの確認などを行うことが可能になっています。(System Center Monitoring Pack for Windows Azure Applications, System Center Monitoring Pack for SQL Azure (※CTP) が必要です) また、System Center App Controller は、System…

0

System Center Operations Manager による Windows Azure アプリケーション管理、評価版ダウンロードでお試し

Windows Azure 上のアプリケーションを System Center Operation Manager (SCOM) から管理できる System Center Monitoring Pack for Windows Azure が正式リリースされていますが、こちらを試して評価いただける、一式の評価版がダウンロード可能になっています。 TechNet Evaluation Center > 【評価版ダウンロード】Windows Azure 上にアプリケーションを展開、運用する こちらは、System Center Operations Manager 2007 R2(VHD) 本体と Windows Azure を管理する Windows Azure Application Monitoring Management Pack に、Windows Azure 用のサンプルアプリケーションとStep by Step ガイドがついています。  System Center Monitoring Pack for Windows Azure で Windows…

0

System Center Monitoring Pack for Windows Azure で Windows Azure アプリケーションを管理

少し前のお話になりますが、Windows Azure を System Center Operation Manager (SCOM) から管理できる System Center Monitoring Pack for Windows Azure が RC (release candidate) から RTM (正式リリース) として利用可能になっています。 Microsoft Download Center > System Center Monitoring Pack for Windows Azure これにより、Windows Azure の Hosted Service, Role の管理(ステータス確認、インスタンス数の変更)、アプリケーションリクエストやデータ転送量・使用容量・パフォーマンス・メッセージなどのモニタリング により管理が容易になります。 こちら SCOM 2007 R2 以上で利用可能ということですので、ご興味のある方は SCOM 2012 beta をご利用いただくのも手です。 Nexus SC: The System…

0

マイクロソフト、Linux プロバイダーのCS2C と提携、クラウド関連製品をクロスプラットフォーム対応に

マイクロソフト米国本社は中国の Linux 製品プロバイダーである China Standard Software Corporation (CS2C) と提携を発表、中国国内向けに、パブリックおよびプライベートクラウドの製品やサービス、ソリューションを提供してゆくことを明らかにしました。 この中で、CS2C NeoKylin Linux Server 製品が Windows Server 2008 Hyper-V や Microsoft System Center でサポートされるなどのクロスプラットフォーム対応が見込まれています。 Microsoft PressPass > Microsoft Formalizes Cross-Platform Collaboration With CS2C in China Openness@Microsoft Blog > Mixed Source Collaboration with Leading Chinese Linux Company Fuels Cloud Innovation

0

WPC2011 アップデート(2) : Windows Azure Marketplace アップデート、System Center App Controller

引き続き WPC2011 からのアップデートです。 Windows Azure Marketplace アップデート AppMarket という名称で公開されていましたが、このたび正式リリースとなり、”applications” というカテゴリでWindows Azure Platform 上に構築されたSaaS 型のサービス、アプリケーションをパートナーが展示し、カスタマーが検索、購買・利用することができるようになりました。 アメリカ国内で先行して購買が可能です。これまでの DataMarket は “data” というカテゴリで表示されています。 Windows Azure Marketplace Windows Azure Marketplace に アプリケーション / データ を展示(公開)するには、アプリケーション / データ の利用・課金を Martketplace で管理するためのコントロールを組み込むなどの対応が必要です。詳しくは手順書が用意されておりますので、こちらをご確認ください。 Windows Azure Marketplace > Publishing on Windows Azure Marketplace 【7/14 追記】 SQL Server の次バージョン codename “Denali” の機能である Data Quality Service (データ クレンジング…

0

ハイブリッドクラウド管理ツール、Microsoft System Center Project codename "Concero" 発表

先週の 3 / 21 ~ 25(現地時間) に Microsoft Management Summit 2011 が米国ラスベガスにて開催されました。その中でマイクロソフトは引き続きクラウドに投資をしていくことを再度明言し、今後サーバー管理ツールである Microsoft System Center も PaaS ・ IaaS を含めた管理性能を強化することが発表されました。その一つとして、ハイブリッドクラウド (オンプレミス+クラウド) の管理ツールとなる System Center Project codename “Concero” が発表されました。 これは、Microsoft System Center 2012 に追加される機能で、システム管理者から見れば同じ IT 資産である、オンプレミスとクラウド両方のリソースを一度に管理できるツールとなります。初期リリースでは、System Center Virtual Machine Manager 2012 で管理されているオンプレミスのシステム (プライベートクラウド) と Windows Azure (パブリッククラウド) が一画面で管理できるようになる予定です。 Windows Azure Team Blog : JUST ANNOUNCED at…

0