Windows Azure の SSL ルート証明書が 2013 年 4 月より Baltimore CyberTrust Root に変更

Windows Azure の SSLルート 証明書はこれまで GTE CyberTrust Global Root が使われてきましたが、2013 年 4 月 15 日より Baltimore CyberTrust Root に変更となります。 Baltimore CyberTrust Root は、PC や モバイル端末 のさまざまな OS、ブラウザに対応しており、より強力なハッシュアルゴリズムを用いた暗号化通信を行うことができます。 4 月 15 日以降、Windows Azure の各サービスのSSLルート証明書の更新が順次行われ、ご利用中の各種 OS / ブラウザーによって自動更新が行われるため、通常は特に対応は必要ありません。アプリケーションに独自の証明書認証ロジックを実装している場合など、GTE CyberTrust Global Root と Baltimore CyberTrust Root の両方を受け入れる設定が必要になります。 Windows Azure Blog > Windows Azure Root Certificate Migration   【3/19…

0

Windows Azure Platform 向け SSL サーバー証明書「ワンコインSSL」提供開始

日本ベリサイン株式会社と日本ジオトラスト株式会社は、SBI ベリトランス株式会社 によるオンライン決済ソリューションを通じて、Windows Azure Platform 向け SSL サーバー証明書「ワンコインSSL」の提供を開始しました。 クラウドサービスの利用形態に合わせて1 日単位で購入・利用が可能となっており、申し込みから発行までの時間も大幅に短縮(最短 2 分) されています。 日本ベリサイン株式会社 プレスリリース : 「Microsoft Windows Azure Platform」へ電子証明書『ワンコインSSL』の提供開始

0