株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフト、Windows Azure をベースとした次世代自動車技術の研究開発環境を提供

株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフトは、次世代自動車技術の研究開発環境を提供することを発表しました。Windows Azure を活用した、自動車の車載センサー情報の収集や解析、制御を行う、ビックデータ処理の開発環境を自動車メーカーや部品メーカーなどの自動車関連企業、通信、IT関連企業等に提供します。 トヨタ自動車株式会社のプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」では、ベース車両に搭載されたセンサーや ゼット エムピー製の車両の姿勢計測センサー「IMU-Z」、「POSITION-Z」や障害物の距離画像を取得する「RoboVision」、死角検知「OpticalFlow-Z」 による情報がインターネット経由で Windows Azure に送信、保存されます。 それらの膨大なデータは SQL Azure にデータベース化して保存され、開発者はこの情報を容易に利用してプログラム開発などを行うことが可能です。これにより、実車試験によるデータなどもリアルタイムでクラウドにて処理でき、データ解析やプログラム修正などを遠隔から行うことも可能になります。 こちらは 日本マイクロソフトの開発・検証施設である マイクロソフト イノベーションセンター に設置され、今後プリウス以外の自動車をベースとした開発環境の提供も予定されています。 Microsoft PressPass > ゼットエムピーと日本マイクロソフト、次世代自動車技術の研究開発環境を提供 株式会社ゼットエムピー > 製品情報 : 世界と結びつくクラウド・ロボカー “connected” RoboCar HV 【参考】 トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure 採用 (2011/04/8 Post)

0

Windows Azure Trust Center でセキュリティ & プライバシー、コンプライアンス情報を公開

Windows Azure の Web サイト内に Windows Azure Trust Center のページが公開、Windows Azure や SQL Azure  のセキュリティ、プライバシー、およびコンプライアンスについての情報がまとめられています。 Windows Azure Website [English | United States] > Windows Azure Trust Center ISO/IEC 27001 認証 および EUデータ保護指令 に対応する “Safe Harbor” 認証 をベースとしたプライバシーの確保について、安全性を確保するための設計や利用方法についての詳細、ホワイトペーパーなどが用意されています。 なお、ボリュームライセンス契約でご利用中のお客様に対して、EUの個人情報保護法に対応して下記を行う旨がアナウンスされています。 個人情報保護法にあたる EUデータ保護指令* および ISO/IEC 27001:2005 を遵守する データ保護契約 EU外の第三国への個人情報移転について定めた EU モデル契約条項** 対応 これらにより、EU向けサービスを提供するにあたり、個人情報保護に関する遵守が保障されることになります。 * EUデータ保護指令 日本情報経済社会推進協会 > よく分かるプライバシーマーク制度…

0

Hadoop based service for Windows Azure、"2nd" プレビュー公開

大規模データの分散処理を行うフレームワークである Hadoop を Windows Azure 上で利用できる Hadoop based service for Windows Azure がアップデートされました。”Second Preview” として利用が可能になっています。 機能強化などは以下になります; 格納できるデータ量を 4 倍に HDFS(Hadoop Distributed File System) NameNode の障害復旧による信頼性向上 Apache Mahout といった Hadoop プロジェクトの分析手法をサポート SQL Server Analysis Services / Reporting Services による Excel / Sharepoint (PowerPivot)、SQL Server 2012 Power View からの利用 これまでも招待制プレビューとして公開されておりましたが、引き続き招待制となっており、Microsoft Connect の Web サイト よりお申し込みいただけます。 Apache Hadoop-based Service…

0

SQL Azure Data Sync プレビュー版、Service Update 4 にアップデート

プレビュー版として試用可能な SQL Azure Data Sync が Service Update 4 にバージョンアップされています。 データベーススキーマ上に作成済みの同期グループ(Sync Group) を修正することができるようになり、また、同期グループを再作成しなくても新機能が適用されます。 管理ポータルに表示される管理情報もアップデートされており、ローカル側にインストールするクライアント (Data Sync Agent) のバージョン表示やサポート切れの警告、変更の適用が失敗している同期グループの表示といった機能が追加されています。 なお、ORM (オブジェクト リレーショナル モデル) フレームワークに関連する問題の修正も行われています。  MSDN Library > SQL Azure Data Sync : New in this Release Microsoft Download Center > SQL Azure Data Sync Agent Preview →こちらもアップデートされています Windows Azure Team Blog > Announcing SQL Azure Data Sync…

0

Microsoft Research における Windows Azure の活用 ~ Microsoft Translator Hub, ChronoZoom, FetchClimate

マイクロソフトの研究開発部門である Microsoft Research の新技術紹介イベント、TechFest が開催されています。 その中でも Windows Azure を活用したプロジェクトが紹介されており、Windows Azure の利用によりコンピューティング パワーの活用とオンラインサービス提供を行っています。 Microsoft Translator Hub 翻訳サービスである Microsoft Translator をベースとした自動翻訳システムで、翻訳と内容確認、Web 公開までをサポートしたシステムになっています。 ChronoZoom 宇宙の歴史を一元的にまとめて年表のように表示する HTML5 ベースの Web サイトで、Windows Azure  および SQL Azure が使われています。 FetchClimate 地球上の数十年にわたる気候情報を提供するデータサービスで、Bing Map 上に表示される Web ページ、または .NET APT 経由でにアクセスするなどして利用できます。 Windows Azure Team Blog > Microsoft Research and Windows Azure Partner to Influence Discovery and…

0

SQL Azure サーバーが異なるサブスクリプション間で移動可能に

異なるサブスクリプション間での SQL Azure サーバーの移動が容易に行えるようになりました。 これまでは、オンプレミスから SQL Azure への移行、バックアップ・同期を目的としたツールはいくつか用意されていました (SQL Server Migration Assistant、SQL Azure インポート / エクスポート機能、SQL Azure Data Sync など)。 今回利用可能になった機能により、無料評価版や MSDN プラン で利用していた SQL Azure サーバーをそのまま他のサブスクリプションに移行したり、SQL Azure サーバーの費用を特定のサブスクリプションに集約 / 分散したりすることが可能になります。 Windows Azure Team Blog > Moving SQL Azure Servers Between Subscriptions この操作は Windows Azure 管理ポータル から行うことができます。(移動元と移動先、両方のサブスクリプションで Administrator または Co-Administrator の権限が付与されている必要があります。) Windows Azure 管理ポータルで [データベース] を表示します。移動元のサブスクリプションに配置されている SQL…

0

SQL Azure 価格改定、100 MB プラン追加と 1 GB 以上の利用で大幅値下げ

SQL Azure の価格改定が発表され、100 MB までの利用プランの追加と、1 GB 以上の利用に際して 45~75 % の大幅な価格引き下げが行われています。 新価格 旧価格 0 ~ 100 MB \ 437.05 (定額) \ 873.23 (定額) 100 MB 超 ~ 1 GB \ 873.23 (定額) \ 873.23 (定額) 1 GB ~ 10 GB \ 873.23 (最初の 1 GB) + 1GB 増えるごとに \ 379.64 \ 873.23 (最初の 1 GB) +…

0

Microsoft SQL Server Migration Assistant v5.2 リリース、SQL Azure への移行も容易に

2012 年上半期に製品版がリリースされる SQL Server 2012 (Codename “Denali” と呼ばれていました)、これに合わせて SQL Azure でも利用できる各種ツールが利用可能になっています。 SQL Server や SQL Azure へ Oracle ・ Sybase ・ MySQL ・ Microsoft Access からの DB 移行が容易に行える、SQL Server Migration Assistant (SSMA) v5.2 がリリースされました。データベースの自動移行範囲を診断する Database Migration Analyzer、スキーマオブジェクトを 同等の SQL Serveri オブジェクトなどに変換する Schema Converter、データの移行を行う Data Migrator といった機能が用意されています。 SQL Azure への移行は、MIcrosoft Access ・ MySQL ・ Sybase がサポートされています。 SQL Server…

0

Windows Azure Platform のデータセキュリティ

2 月 2 日は 情報セキュリティの日 というのはご存じでしたか?これにちなんで (?) Windows Azure のデータセキュリティに関してご紹介します。 Thoughts on ALM, Azure, and Agile (Myers III’s Blog) > Windows Azure Data Security (Cleansing and Leakage) Windows Azure や SQL Azure の各サービスはデータセンターサーバー上に作成される 仮想ドライブ (VM : Virtual Machine) 上で稼働しています。 データ保護の観点から、ユーザーが保存したデータは、いくつかのデータブロックに分配されて保持されています。そして、ユーザーはデータが保持されている物理的なドライブに直接アクセスするのではなく、各データの配置とポインターが保存されている Data Block Allocaton Table (データブロック分配テーブル) を通じてアクセスします。 気になる削除したデータの行方ですが、ユーザーがデータ削除の操作を行うと、該当するデータブロックが “Free” にマークされ、未分配の状態になります。ユーザーは未分配のデータブロックにはアクセスできず、またデータブロックの(旧)管理者も特定できません。”Free” となったデータブロックは、再度分配されてデータが上書きされてから再度利用可能になります。 こちらの解説は TechNet EDGE のビデオでどうぞ。 他、Windows…

0

SQL Azure Data Sync Preview 利用可能に

オンプレミスの SQL Server や クラウド上の SQL Azure の データベースを同期する SQL Azure Data Sync は CTP2 版として公開されていましたが、最新版の “January 2012 Update” と称されている プレビュー版が利用可能になりました。 主なアップデートは、 ツールが 日本語を含む 10 ヶ国語で利用可能 全ての Windows Azure データセンターのロケーションで 同期設定を行う Sync Server を作成可能 15分毎の同期ログを作成やトラブルシュートのためのエラーログメッセージ改善などの機能強化 となっています。 MSDN Library > SQL Azure Data Sync : New in this Release – January 2012 update MSDN Library > SQL…

0