Windows Azure Plugin for Eclipse for Java、2012 年 11 月プレビュー版にアップデート

Windows Azure SDK for .NET 1.8 とともに Windows Azure の Java アプリケーション開発を行うための Windows Azure Plugin for Eclipse for Java の 2012 年 11 月プレビュー版 が公開されました。 今回のアップデートでは、相互運用性を実現するメッセージプロトコルである AMQP (Advanced Message Queuing Protocol) 1.0 が Windows Azure サービスバスでサポートされ、対応するクライアントライブラリである Package for Apache Qpid Client Libraries for JMS が提供されます。 他にも、Windows Server 2012 (Guest OS 3.x) への対応や Windows Azure Caching…

0

Windows Server 用 Service Bus 1.0 正式リリース

Window Azure でメッセージングサービスを提供しているWindows Azure サービスバス が Windows Server に対応、Service Bus 1.0 として正式リリースになりました。 サービスバスにはキュー、およびトピック/サブスクリプションと呼ばれる機能があり、キューはメッセージングのための領域と、選択されたプロトコルおよびAPIからのアクセスを提供します。また、トピック/サブスクリプションは、複数の同時接続サブスクライバーがパブリッシュされたメッセージストリームの一覧をフィルタ有/無で個別に取得できる、パブリッシュ/サブスクライブ機能を提供します。 Service Bus for Windows Server および Windows Azure サービスバスには互換性があり、オンプレミス、クラウド双方で利用できるアプリケーション開発が容易になります。 Windows Azure > Announcing Public Availability of Service Bus for Windows Azure Server (Service Bus 1.0) Microsoft ダウンロードセンター > Service Bus for Windows Server (日本語)

0

Windows Azure SDK for PHP アップデート、サービスバスに対応

Windows Azure SDK for PHP が最新版 (2012 年 7 月版) にアップデートされ、サービスバスの REST API による PHP アクセスが利用可能になっています。 PHP 5.3 以降に対応した PHP クライアントライブラリやWindows Azure PowerShell、Winddows Azure Emulator の他、Mac / Linux 用のコマンドラインツールも含まれています。 Windows Azure Website [English|US] > PHP Developer Center Windows Azure Website [English|US] > Download the Windows Azure SDK for PHP (インストールガイド) PHP アプリケーションを Mac OS で開発、Git…

0

Windows Azure サービスバス無料期間が 2012 年 5 月で終了

Windows Azure のサブスクリプションを購入(無償パスを含む) されている方にはメールが送られていますが、Windows Azure サービスバスの無料期間が 2012 年 5 月末で終了、6 月より課金となります。 料金は、Quere / Topic 利用の場合は ¥0.88 / 10,000 メッセージ、リレー利用の場合は ¥8.75 / 100 リレー となります。 Windows Azure Web サイト [日本語 | 日本] > 料金の詳細 : サービスバス これまでのサービスバスの利用量は、Windows Azure Web サイト> アカウントセンター で確認できます (サブスクリプション管理者の Windows Live ID でログインしてください)。

0

Windows Azure Libraries for Java リリース、Windows Azure Service Bus をサポート ~ マイクロソフトのオープンソース、オープン標準への取り組み

Windows Azure Libraries for Java (の最新版) が利用可能になっており、Windows Azure Service Bus で REST API によるアクセスがサポートされています。 GitHub > Windows Azure Libraries for Java Windows Azure アプリケーションを Java で開発するための Eclipse ツールやエミュレーターなどは Windows Azure SDK for Java に含まれています。 Windows Azure Website (English | United States) > Windows Azure Java Developer Center ※日本語ページ (www.windowsazure.com/ja-jp/) に遷移してしまう場合は、画面左下の言語&ロケーション を “日本語 (日本)” から “English (United…

0

Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labs 2011 年 12 月版リリース

Windows Azure Service Bus EAI & EDI Labs が利用可能になっています。プライベートクラウド環境とパブリッククラウド環境をつなぐ メッセージプロセッシング機能である Enterprise Application Integration (EAI)、および B2B メッセージングを実現する Electric Data Interchange (EDI) 機能がプレビュー版 として公開されています。 Windows Azure Team Blog > Announcing the Service Bus EAI & EDI Labs Release MSDN Library > Windows Azure Service Bus EAI and EDI Labs – December 2011 Release こちらは、下記 SDK をダウンロード&インストールし、Lab サイトで試用可能です。 Microsoft Download…

0

Windows Azure SDK 1.6、Windows Azure HPC Scheduler SDK とTraining Kit を合わせて公開

Windows Azure SDK の最新版 v1.6 が公開されました。 これにより Visual Studio + Windows Azure Tools で下記の機能が利用できるようになります。 接続するための証明書 (Certification) の管理 証明書作成・管理の自動化 証明書なしでリモートデスクトップ接続 Windows Azure 管理ポータルなしで操作可能に ホステッドサービスの新規作成 ストレージアカウントの作成と管理、 ロールのアクティビティログによる管理 より柔軟な開発のための対応 In-Place Update の実行 アプリケーション発行時の複数プロファイルを保持 複数サブスクリプションの利用 複数の開発環境の保持 なお、これまで Windows Azure AppFabric SDK と呼ばれていたものが、Windows Azure Libraries for .NET 1.6 となり、Service Bus、Caching のクライアントライブラリの強化、Queue の機能強化が盛り込まれています。 また、SDK 1.6 に対応した WIndows Azure Platform Training Kit の最新版も利用可能になっています。 この…

0

Windows Azure Service Bus の Relay Endpoint ロードバランシング機能追加

Windows Azure Service Bus の Relay Endpoint にロードバランシング機能が追加されました。 1 個の Endpoint あたり 25 個の Listener (リスナー) を割り当てることができるようになり、リクエストを分散して処理することが可能になります。 Windows Azure Team Blog > Now Available: Relay Load Balancing for Windows Azure Service Bus MSDN Library > Windows Azure AppFabric Release Notes for the September 2011 Release : Service Bus – Relay load balancing Service Bus の機能強化は、BUILD…

0

Build の Windows Azure Platform 関連アップデート(2) : Service Bus, Storage Geo-Replication, TFS on Azure

先週開催された Buid での Windows Azure Platform 関連アップデート第 2 弾です。 ■ Windows Azure AppFabric Service Bus これまで May 2011 CTP としてプレビュー版で公開されていた、 Windows Azure AppFabric Service Bus がリリースとなりました。こちらは、永続的ストアであるキュー(Queue)、キューのパブリッシュ・サブスクライブを行うトピック(Topic) といったメッセージサービス機能です。 Windows Azure SDK 1.5 とあわせて Windows Azure AppFabric SDK v1.5 としてアップデートされています。 Windows Azure Team Blog > Now Available: The Service Bus September 2011 Release MSDN Library > Windows Azure…

0

Windows Azure SDK 1.5 利用可能に

Windows Azure SDK 1.5 / Windows Azure AppFabric v1.5が利用可能になりました。 WebPI経由 Windows Azure Platform Website(US) > Download Windows Azure SDK 直接こちらからでもOKです→http://www.microsoft.com/web/gallery/install.aspx?appid=WindowsAzureToolsVS2010 Web PI を使わない場合は... Microsoft Download Center > Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 1.5 (September 2011) Microsoft Download Center > Windows Azure AppFabric SDK V1.5 – September 2011 他、Build の Day 2 Keynote…

0