Windows Azure 仮想マシンの Oracle ソフトウエア込みイメージ が 2014 年3月より正式公開

Windows Azure 仮想マシン のギャラリーに Oracle を搭載したイメージはこれまでプレビュー公開となっていましたが、いよいよ 3/12 より正式公開となります。 現在(=プレビュー期間中)、Windows Azure 仮想マシン のギャラリーから利用できる Oralce ソフトウエア搭載イメージでは、OSは Windows Server 2012 / 2008R2 / Oracle Linux 6.4 となり、JDKのみ / Oracle Database / WebLogic Server / Oracle データベース+WebLogic Server を インストールしたイメージが用意されています。この中で OS が Linux イメージのもののみが 「BYOL(bring your own license: ライセンス持ち込み) Oracle VM」 として昨年(2013/9/23)より正式提供されていました。 なお、Windows Azure 仮想マシン上でご利用いただく場合の Oracle ソフトウエア料金(時間制、従量課金) が公開されており、仮想マシン部分(OS込)の料金+このOracle ソフトウエア料金でお使いいただけるようになります。取得済みのライセンスを…

0

Windows Azure 仮想マシンで Oracle ソフトウェアのプリインストール済みイメージ が利用可能に

マイクロソフトとオラクル社の戦略的提携発表の際にアナウンスされていた、仮想マシンイメージ提供が開始となりました。 Oracle ソフトウェア (Java, Oracle Database, Oracle WebLogic) が Windows Server 2012 / 2008 および Oracle Linux に予めインストールされた、仮想マシンイメージが利用できるようになっています。既存のプリインストールイメージと同様に、クリック&設定で利用できるようになります。 現在、Oracle ソフトウェア 込みの仮想マシンイメージは プレビュー でのご提供となり、Oracle ソフトウェア の使用料金はかかりません。(Windows Azure 仮想マシン の 利用料金のみとなります。) Windows Azure Team Blog > Deploy Pre-configured Oracle VMs on Windows Azure windowsazure.com > Oracle と Windows Azure のパートナーシップ windowsazure.com > 料金詳細 – 仮想マシン : Oracle ソフトウェア windowsazure.com > Oracle Virtual Machine…

0

マイクロソフトとオラクル、クラウド環境における戦略的パートナーシップを発表、Windows Azure で Oracle 製品を利用可能に

マイクロソフト米国本社 および オラクル コーポレーション は戦略的パートナーシップを発表、プライベートクラウドによる仮想環境でホストされている Windows Server、およびパブリッククラウドである Windows Azure で オラクル社のソフトウエア製品を柔軟に利用できるようになります。 この提携により、オラクルは Windows Server Hyper-V および Windows Azure において Oracle ソフトウエア (Oracle Database、Oracle WebLogic Server、および Java を含む) の認定およびサポートを行います。こちら 6/24 より有効となり、合わせてライセンスモビリティが提供され、お客様はプライベート / パブリック / ハイブリッド、いずれのクラウド環境においてもサポートされた Oracle ソフトウエア を利用できます。 マイクロソフトは Windows Azure においてライセンス済み・サポートされた Java を提供し、また、近い将来、Oracle ソフトウエア (Java、Oracle Database および Oracle WebLogic Server を含む) の一般的な構成を構築済みの Windows Azure 仮想マシン インスタンスをイメージギャラリーに追加する予定です。オラクルは Windows Azure 向けの Oracle Linux イメージ…

0