Language Understanding (LUIS) による自然言語処理: 概要、分析モデル作成、Web API 経由の利用

当記事は Cogbot Advent Calendar 2017 に参加中です。 自然言語処理のための分析モデルを容易に作成できる Language Understanding (LUIS)。LUIS では、分析モデルを作成するうえで、学習データの準備やエンジンの作成に自然言語処理 (NLP) が使われています。LUIS をより良くお使いいただくために、自然言語処理の基本となる NLP のプロセス、および それに沿って LUIS による分析モデルを作成する上で必要となる手順をご紹介します。 自然言語処理 (Natural Language Processing (NLP)) とは 自然言語処理のプロセス Language Understanding (旧称: Language Understanding Intelligent Service (LUIS)) とは Language Understanding (LUIS) による分析モデル (LUIS App) の作成方法 分析モデル (LUIS App) の 設計 分析モデル (LUIS App) の Web API からの利用 分析モデル…

0

Cognitive Services: 自然言語分類エンジンを LUIS (Language Understanding Intelligent Service) でスピード作成 ~ Prebuild Domain の利用方法

[English Version Available] Cognitive Services: 自然言語分類サービス Language Understanding Intelligent Service (LUIS) LUIS は口語などの文章を予め設定した分類に判別できる自然言語解析エンジンを作成でき、文章に含まれるエンティティを合わせて抽出できます。この自然言語解析エンジンは、お好みの分類(Intent と呼ばれます)と抽出したいエンティティ(Entity)を設定、典型的な例文(学習データ)をセットして自由に構成可能です。 2017年5月頃より各ドメインで良く使用される Intent と Entity をセットにした Prebuild Domain を使って、より簡単にエンジンを構成できるようになりました。以下では、この Prebuild Domain を利用して、自然言語解析エンジン (LUIS では App と呼ばれます) を構成する方法をご紹介します。(※ 2017/6 現在、LUIS では日本語を利用可能ですが、Prebuild Domain は英語のみの対応です。)   準備するもの Microsoft アカウント LUIS のサインインアカウントとして必要になります  (-> Microsoft アカウント 新規登録) LUIS サブスクリプションキー LUIS app から API アクセスする際に必要になります (-> Azure Portal から申込: 無料プラン(F0) を利用可能です)…

2

Cognitive Services: Building Natural Language Analyzer with LUIS(Language Understanding Intelligent Service), using Prebuild Domains

[日本語版はこちら] Cognitive Services: Language Understanding Intelligent Service (LUIS) LUIS is natural language analyze engine, to categorize and extract entities from colloquial sentence. You can build App (engine) easily setting up “Intents” (categories) and “Entities” on your own, or instantly using “Prebuild Domains” which are sets of commonly-used Intents and Entities. Here is how to build…

0

Build2016 : LUIS による自然言語入力解析

LUIS (Language Understanding Intelligent Service) Build 2016 で Bot アプリケーション開発の中で紹介されていた LUIS(Language Understanding Intelligent Service) (beta) は、現在どなたでも試用可能になっています。今回の Bot アプリでは、自然言語(話ことばに近い文章) を解析し、返答に必要な要素を認識する役割を担っています。 例えば、ニュース検索を行う Bot アプリを作成する際、入力された文章 (“Tell me news about Microsoft”) から返答に必要な要素 (Action: “Get News”, Subject: “Microsoft”) を返す、という部分を LUIS で実行することができます。 利用するには、Web サイト (https://www.luis.ai/) からマイクロソフトアカウントでログインします。   新規アプリケーションの作成 新規にアカウント作成すると、チュートリアルが始まります。後でもう一度見たい場合は、[Start Tutorial] から。 [+New App] から新規アプリケーションを作成します。言語は英語を選択しておきます (現在 英語/フランス語/イタリア語/スペイン語/中国語 のみ対応)。   こちらの管理画面で、入力される文章から判別したいパラメーター、エンティティである”Entity”、リターンアクションとなる “Intent” を作成します。例えば、以下のような入力から識別したい要素 (Entity,…

0