MSDN サブスクリプションの Windows Azure クレジット特典対象を拡大

追加費用なしで利用できる Windows Azure クレジット が付与される MSDN サブスクリプション の種類が拡大されました。 これまで Visual Studio Ultimate / Premium / Professional with MSDN をお使いの場合、月々無料でご利用いただける Windows Azure クレジットが含まれており、この度、Visual Studio Test Professional with MSDN および MSDN Platforms (Visual Studio なし) でも Windows Azure クレジットが含まれるようになります。 また、Windows Azure クレジットが含まれている MSDN サブスクリプションをお持ちで、今回初めて Windows Azure クレジットを有効化される場合、更に ¥17,000 のクレジットが最初の月に追加されるという特典がついています。 ※ MSDN サブスクリプションの Windows Azure クレジットをご利用いただくには、最初に有効化が必要です。(手順) なお、MSDN サブスクリプションをお持ちの方は、この Windows…

0

TechEd 2013 North America アップデート (1): Windows Azure 価格体系見直しを発表 ~ 停止インスタンスを無償化、分単位課金、MSDN サブスクリプション利用者への特典強化

米国ニューオリンズで6/3~6(現地時間)の日程で開催されている開発者向けカンファレンスである TechEd 2013 North America で Windows Azure に関する各種アナウンスが行われました。まずは、開発から運用まで Windows Azure をより柔軟に利用できるための価格体系の見直しが行われています。 停止インスタンスの無料化 Windows Azure 仮想マシンを利用する際、インスタンス (仮想マシン) を配置した際に、インスタンスが「停止」状態になっていても課金対象となっていましたが、このたび課金なしに変更になります。これにより、利用していない夜間にインスタンスを停止 (=課金なし) にするといった運用にも対応できます。 時間単位から分単位課金へ変更 Windows Azure 仮想 マシン および Windows Azure クラウドサービス のインスタンスに対する課金の単位が1時間単位から1分単位に変更され、必要なときに必要な時間だけ、より柔軟に利用できるようになりました。 なお、MSDN サブスクリプション をお持ちの方がWindows Azure を柔軟にお使いいただけるように、Windows Azure 上での利用に関するライセンス体系が変更され、また、Windows Azure 利用料金に対する特典が大幅に強化されています。 MSDNサブスクリプションのライセンス体系の変更 Windows Azure 上で開発およびテストの目的で利用する場合、マイクロソフトのサーバー製品がインストールおよび利用可能になりました。 Windows Azure 特典の変更 それぞれのサービスの使用量ではなく、月々決まったクレジット(無償利用の上限金額)が設定され、Ultimate ¥12,500/月、Premium ¥8,500/月、Professional ¥4,500/月まで、Windows Azure の各サービスを無料で利用できます。 従量課金と比較して、Windows Azure 仮想マシンは…

0