国士舘大学、学内 ICT システムにマイクロソフトクラウドを全面採用

国士舘大学は日本マイクロソフトとの連携により、学内ICTシステムを全面クラウド化、Windows Azure Platform、SharePoint Online、Microsoft Dynamics CRM Online、Live@edu を採用し、既存システムの移行 および 先進的な学生向けICTサービスの提供 を行います。 個別に管理していた学内システム (入試管理、履修管理、Eラーニング、学術リポジトリ、図書館、就職支援、財務会計、人事・給与など) をクラウドに移行するにあたり、開発生産性や運用コストの他、システム間連携や横断検索などの機能を重視、ホストコンピューターやシステム管理などにかかっていた ICT 関連経費は約30%削減が見込まれます。 また、ネットに接続できる環境にあれば時間と場所を選ばない、データ容量を柔軟に調整できる、というクラウドの特長を生かして、学内 SNS や 学生個人利用リポジトリサービスといった ICTを活用した学生向けサービスの充実が図られます。 Microsoft PressPass > 国士舘大学と日本マイクロソフトが連携し、先進的な学生向け ICT サービスの提供を目指し国内の大学として初の学内 ICT システムの全面クラウド化を実現 マイクロソフト導入事例 > 国士舘大学

0