Microsoft Azure & Office 365 金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス 公開

金融情報システムに関する自主基準として、FISC (金融情報システムセンター: The Center of Financial Industry Information Systems) により 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書 が策定されており、クラウド利用における安全対策基準として 第8版追補 が追加されています。 この度、Microsoft Azure および Office 365 に関して、この第8版追補の各項目に対する対応状況を整理した「金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」が公開されました。FISC 安全対策基準の各項目(137の設備基準、108の運用基準、51の技術基準について、株式会社三菱総合研究所、日本ビジネスシステムズ株式会社、トレンドマイクロ株式会社、株式会社電通国際情報サービス の4社にて調査された内容になっています。 ▶ FISC > 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第8版追補) ▶ 金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス (各社サイトにてダウンロード可能)株式会社三菱総合研究所 / 日本ビジネスシステムズ株式会社 / トレンドマイクロ株式会社 / 株式会社電通国際情報サービス   【1/30 追加】 ▶ Microsoft Azure Japan Team Blog > 「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」(FISC 安全対策基準)に対する Azure の対応状況リストを公開 

0

Microsoft Azure のコンプライアンス情報アップデート (2015 年 1 月)

国際標準から国別、業界別の基準、規制への Microsoft Azure の対応については、サードパーティー (第三者) によって監査、準拠の確認が行われています。 2015年1月時点での状況は以下のようになっています。   ■ ISO 270001: 情報セキュリティ統制 2013 年度版 ISO 270001 (ISO/IEC 27001:2013) 更新監査が完了し、British Standards Institute (BSI) America による監査証 が BSI の Web サイトで確認できます。 また、Azure はパブリッククラウドにおける 個人情報 (PII: Personally Identifiable Information) 保護に関する実施標準 ISO 27018 (ISO/IEC 27018:2014) を実現するための制御が組み込まれています。   ■ Service Organization Controls (SOC) 1 & 2 受託業務を行う企業の内部統制を保障する国際基準である SSAE 16 / ISAE…

0

マイクロソフト、モバイル分析ソリューションを提供する Capptain を買収

マイクロソフトは、モバイル向け および Web ベースのアプリケーションに ユーザーアクセス分析と利用パターンに応じたプッシュ通知を実装できるソリューションを提供する、フランスのスタートアップである Capptain の買収を発表しました。 Capptain のソリューションを利用して、モバイル向けアプリの開発を行う上で、ユーザーのアクションを容易に取得でき、その分析を行うことができることに加えて、ユーザーのニーズに合ったプッシュ通信を行うよう実装できます。こちら Microsoft Azure のサービスに組み込まれる予定になっています。 Microsoft Azure Blog > Announcing the Acquisition of Capptain Capptain Website

0

Microsoft Open Licensing プログラムに Azure を追加、販売代理店による再販が可能に

2014 年 8 月より Microsoft Azure が Open Licensing プログラムに追加となることが発表されました。 これまでは Azure の Web サイトからの購入、または EA (Enterprise Agreement) 契約など、利用するお客様が直接マイクロソフトからご購入いただく形態になっていました。Open Licensing プログラム追加により、マイクロソフトのパートナー各社が Azure を再販することができるようになり、Azure の各種サービスを利用できる トークン (token) の形でパートナー(販売代理店) からお客様に提供可能になります。 Worldwide Partner Conference 2014 Website > Coming Next to Open Licensing: Microsoft Azure Microsoft Partner Network – Partner Marketing Center > Microsoft Azure in Open Licensing

0

SAP 製品が Microsoft Azure で利用可能に

マイクロソフトと SAP 社は、2011 年よりクラウドおよび仮想化テクノロジーにおける連携を進めており、このたび Microsoft Azure が SAP 製品のプラットフォームとして認定されることが発表されました。 2014 年 6 月末までに、SAP 製品 / ソリューション (Business Suite, Business All-In-One, Mobile Platform, Adaptive Server Enterprise (ASE), HANA Developer Edition など) の Azure での稼働がサポートされます。また、既存の SAP ソリューションを SAP Cloud Appliance Library ツールを利用して、容易に Azure に移行可能になります。 なお、Power BI Connectivity to SAP BusinessObject BI が正式リリースされ、Microsoft Excel や Power BI for Office…

0

Microsoft Azure アップデート @TechEd North America 2014 (2) Hybrid Connections、Virtual Networks 機能強化など

TechEd North America 2014 Keynote で触れられていた (→ Part 1) 以外にも、様々なアップデートが行われています。   Azure Virtual Machines OS+データドライブのイメージキャプチャが可能に VM イメージ (OS ディスク および データディスク) をキャプチャできるようになっていますが、コマンドラインツールだけでなく 管理ポータルから操作可能になり、VM を稼働させたままスナップショットが取得できます。 Azure Virtual Networks 複数の サイト対サイト接続 VPN および Virtual Network 同士の接続が可能に 複数のオンプレミスのサイト(ロケーション)を Azure Virtual Network に接続できるようになり、また Azure Virtual Network 同士の接続も可能になりました。これにより複数の Azure のリージョンを接続したり、SQL Server の AlwaysOn を設定することもできるようになりました。 パブリック IP アドレスの予約 (Reserved IP) アプリケーションの再配置や再起動の際に…

0

Microsoft Azure アップデート @TechEd North America 2014 (1) Azure Files, Azure RemoteApp など

米国ヒューストンにて 2014年5月12~15日(現地時間) で開催されている TechEd North America 2014 の Keynote で Microsoft Azure 関連の数々のアップデートが発表されました。以下、Microsoft Azure の新サービス / 機能を中心にまとめました。 【5/14 追記】 Keynote 以外のアップデートを別途まとめました (→Part 2)   ID管理 (Azure AD) Cloud App Discovery [preview] (→ 管理サイト: Microsoft Azure Active Directory Cloud App Discovery) 社内で利用している SaaS アクセスする際、Azure AD により 組織 ID を使用できるよう設定、それぞれの SaaS の利用状況をダッシュボードなどで確認できるサービスです。不正なアクセスを感知する機能などを含め、デモで紹介されました。 コンピューティング intensive VM (A8,A9) GA 仮想マシンのインスタンスで演算機能を強化した…

0

マイクロソフトが GreenButton の買収を発表、Azure のサービスとして統合

マイクロソフトは、GreenButton 社の買収を発表しました。 GreenButton 社は、コンピューティングパワーを多く必要とするアプリケーションをクラウド上で稼働させ、Web によるオンデマンド提供を可能にするなど、クラウドによる HPC (High Performance Computing) ソリューション を提供する ニュージーランドの会社です。 GreenButton 社のソリューションは現在新規提供を中止していますが、Azure のサービスとして統合され、来年には提供される予定になっています。 Windows Azure Team Blog > Big Compute for Microsoft Azure – Announcing the Acquisition of GreenButton Microsoft Case Studies > GreenButton

0

Microsoft Azure SQL データベース、新しいサービス体系を導入

Microsoft Azure SQL データベースは、Build 2014 にて Premium の機能強化が発表されており、この度プレビュー利用が開始されることと合わせて、サービス体系が変更になることがアナウンスされました。 これまでの Web Edition (~5GB) / Business Edition (~150GB) + Premium という体系から、Basic (基本) / Standard (標準) / Premium (プレミアム) の3つのカテゴリーに変更となります。Web / Business Edition は 1 年後 (2015 年 4 月) に廃止され、利用中のデータベースは Basic / Standard / Premium のいずれかに移行となります。 現在は、Web / Business は正式リリース、 Basic / Standard / Premium はプレビューとしてご利用いただけます。  Basic /…

0

Build 2014 Day2 Keynote の Microsoft Azure 関連アナウンス

現在開催中の Build 2014 にて マイクロソフトの製品やサービス、各種テクノロジーに関する新機能などの発表がされており、Microsoft Azure のアップデートは Day2 Keynote の前半で取り上げられました。直前に発表済みの内容も含めて、Azure の各種サービスのアップデートがデモを交えて紹介、アナウンスされました 。 ■ インフラストラクチャサービス関連: Azure 仮想マシン / 仮想ネットワーク■ Web アプリケーション / サービス 関連: Azure Web サイト / CDN■ モバイルアプリケーション 関連: Azure モバイルサービス / AD / 通知ハブ■ データベース関連: Azure SQL データベース / ストレージ■ 開発言語関連: .NET■ 管理ツール関連: Azure 管理ポータル / Resource Manger / Visual Studio Online この中でも一番最後に公開された Azure 新ポータルに驚かれた方が多かったのではないでしょうか。…

0