HPC Pack 2012 公開、Windows Azure 上にクラスターを作成可能に

Windows Server で HPC (Hi-Performance Computing) を実現するクラスター(*)を構築するための HPC Pack 2012 (v.4) がリリースとなりました。 Windows Server 2012 より HPC Edition がなくなり、HPC Pack もすべてのエディションが統合され、HPC Pack 2012 として無償で提供されるようになっています。 こちら、Windows Server 2012 に合わせて Windows Azure を活用するための機能が強化されています。 社内ネットワークのクラウド拡張 Windows Azure 仮想ネットワークに対応しており、仮想プライベートネットワークを構成して 社内ネットワークと Windows Azure に安全に接続できます。 ヘッドノード(**)を Windows Azure 仮想マシン 上に配置 計算ノード(**)は Windows Azure クラウドサービスのワーカーロールを使用でき、Windows Azure 上に完全なクラスターを構築することも可能になりました。 アプリケーション VHD の自動マウント先として Windows Azure に配置した計算ノードを指定可能 (*) クラスター…

0

Windows Azure がスパコン処理能力 世界ランキング TOP500 にランクイン

年2回発表されるスーパーコンピューターの処理能力世界ランキングである TOP500 に Windows Azure がランクインしました。Top500 は日本の理化学研究所の「京」が 2011 年 6 月 および 11 月に世界 1 位となったのが記憶に新しいかと思います。 今回、 2012 年 11 月版のランキングで、Windows Azure は 8,065 コアで 151.3 TFlops となり 165 位、90.2 % の論理性能比を達成しました。こちらは RDMA (remote direct memory access) による InfiniBand を導入し、Windows Azure で Hyper-V 上に稼働する仮想マシンに展開された Windows Server 2012 で実現しています。 こちら ベンチマーク用の特殊な環境ではなく、Microsoft HPC Pack 2012 と Windows Azure を利用して ハイパフォーマンスコンピューティング が実現できます。  今後、Windows Azure…

0

Project Daytona – Iterative MapReduce on Windows Azure、無償提供開始

Microsoft Research より Windows Azure 上で巨大データを扱う解析コンピューティングを行うためのツールキット、Iterative MapReduce on Windows Azure が CTP 版として無償提供が開始されました。 これにより、Windows Azure 上で 巨大データの Data Analysis および Machine Learning のアルゴリズムのランタイムを稼働させ、 MapReduce 理論により 数GB~TB の分散データを用いたデータ解析を行うためのプログラミングを容易に行うことができ、クラウドの可用性を活用することができます。 Microsoft Research > Project Daytona: Iterative MapReduce on Windows Azure こちらは Microsoft Reserch eXtreme Computing Group による ‘Project Daytona’ と呼ばれる、研究者・教育関係者むけに巨大なスケールのデータ解析がより容易に行えるための手段を提供するための取り組みの一環です。 Microsoft Research News > Free Tool Kit to Assist Big-Data Scientists Hadoop…

0