Project Daytona – Iterative MapReduce on Windows Azure、無償提供開始

Microsoft Research より Windows Azure 上で巨大データを扱う解析コンピューティングを行うためのツールキット、Iterative MapReduce on Windows Azure が CTP 版として無償提供が開始されました。 これにより、Windows Azure 上で 巨大データの Data Analysis および Machine Learning のアルゴリズムのランタイムを稼働させ、 MapReduce 理論により 数GB~TB の分散データを用いたデータ解析を行うためのプログラミングを容易に行うことができ、クラウドの可用性を活用することができます。 Microsoft Research > Project Daytona: Iterative MapReduce on Windows Azure こちらは Microsoft Reserch eXtreme Computing Group による ‘Project Daytona’ と呼ばれる、研究者・教育関係者むけに巨大なスケールのデータ解析がより容易に行えるための手段を提供するための取り組みの一環です。 Microsoft Research News > Free Tool Kit to Assist Big-Data Scientists Hadoop…

0

Windows HPC Server 2008 R2 SP2 リリース~ HPC による Windows Azure の利用が容易に

Microsoft Developer Forum 2011 でもご紹介していた、HPC (High Perfformance Computing)。ローカルのマシンノードに加えて Windows Azure のインスタンスを利用できる Windows HPC Server 2008 R2 の SP2 がリリースされました。 今回のリリースでは Windows Azure API との統合によって Windows Azure をリソースとして利用するための機能が強化されており、アプリケーションやデータのノードを Windows Azure に割り当てることが可能になっています。 また、MPI ((Message Passing Interface : 並列・分散プロセス間のメッセージング標準規格) スタックの改善により、Windows Azure 上のアプリケーションが仮想ネットワークを通じてオンプレミスのサーバーにアクセスできることにより、Windows Azure Connect による自動設定が可能になります。Windows Azure VM ロールもサポートされます。 Windows Azure Team Blog > HPC Pack 2008 R2 Service…

0