de:code 2019 Microsoft Azure Cognitive Services 最新情報

5/29(水)-30(木)で開催されました、マイクロソフトの開発者向けカンファレンス de:code 2019 にご参加いただきました皆様、有難うございました! 今年も以下の Cognitive Services & Bot 関連セッションを担当いたしました。近日中にスライドおよびオンデマンド視聴ができるかと思いますので、気になるサービスを是非チェックしてください。 Cognitive Services 最新情報 AI01: “Everyday AI” 時代の人工知能使いこなし ~ Azure Cognitive Services を効果的に利用するための基礎知識 2019年、Cognitive Services は皆様の “データ分析アシスタント” と言える存在に成長しました。 新たに追加された Decision (決定) グループのサービス、Form Recognizer などのビジネス要件を含んだサービスの発表、NLPを更に簡単に利用できる機能の拡充、エッジデバイスの利用を想定した Container サービス (10種) など、また大きなサービス拡充があった中、新規サービスを中心に以下の API をデモを交えてご紹介いたしました。 Anomaly Detector 時系列データの異常検知 (教師なし。バッチ or リアルタイム) Demo: PowerBI で Anomaly Detector の結果を視覚化する 手順書 Personalizer: 強化学習を使ったパーソナライズエンジン作成&再学習 (リコメン回答取得、リワード結果の送信とモデルの再学習自動化) Form…


Azure Bot Services ではじめるチャットボット開発 ~ 構成、新規作成からデプロイまで

チャットボットのエンジンは、ユーザーからの入力に対して応答する上で Web アプリ (Web API) が良く使われています。 Azure Bot Service を利用すると、Azure に用意されている各種サービスを組み合わせたパッケージを使ってチャットボット(Web アプリ)を一度に構成できます。 Azure Bot Service を構成する Azure の各サービス Azure Bot Service は チャットボット開発フレームワーク Microsoft Bot Framework をベースとした Web アプリを、Azure App Service (Web App) で稼働させるテンプレート さまざまなチャットツールへの接続を提供する Bot Channel への登録 (とその登録条件となる Microsoft Application Registration) を提供するサービスです。 例えば、Microsoft Azure の各サービスを組み合わせると、このようなチャットボット用の構成が考えられます。 そして、その中のメインの部分を Azure Bot Service が担っていることになります。   Azure Bot Services 新規作成時のパラメーター、および作成エラーの対処方法…