Build2016 : LUIS による自然言語入力解析

LUIS (Language Understanding Intelligent Service) Build 2016 で Bot アプリケーション開発の中で紹介されていた LUIS(Language Understanding Intelligent Service) (beta) は、現在どなたでも試用可能になっています。今回の Bot アプリでは、自然言語(話ことばに近い文章) を解析し、返答に必要な要素を認識する役割を担っています。 例えば、ニュース検索を行う Bot アプリを作成する際、入力された文章 (“Tell me news about Microsoft”) から返答に必要な要素 (Action: “Get News”, Subject: “Microsoft”) を返す、という部分を LUIS で実行することができます。 利用するには、Web サイト (https://www.luis.ai/) からマイクロソフトアカウントでログインします。   新規アプリケーションの作成 新規にアカウント作成すると、チュートリアルが始まります。後でもう一度見たい場合は、[Start Tutorial] から。 [+New App] から新規アプリケーションを作成します。言語は英語を選択しておきます (現在 英語/フランス語/イタリア語/スペイン語/中国語 のみ対応)。   こちらの管理画面で、入力される文章から判別したいパラメーター、エンティティである”Entity”、リターンアクションとなる “Intent” を作成します。例えば、以下のような入力から識別したい要素 (Entity,…

0

Build2016 Azure News ~ Keynote Day2 より

Build 2016 Keynote は Day1 で今後の方向性を、Day2 で実際の開発に必要な製品やサービス、ツールをご紹介するような構成になっていましたね。Day2 で主に発表された Azure 関連のアップデートをまとめます。   Azure が稼働する マイクロソフトのデータセンター 30 カ国 (予定含む) Xamarin × Microsoft Xamarin によるモバイルアプリ開発 (Windows/iOS/Android) [事例紹介] アラスカ航空 | Slack, Pinterest などでも活用 Xamarin for Visual Studio: 基本的に無償提供 Xamarin Studio for OSX を提供 Visual Studio Enterprise サブスクライバー向けに Xamarin Enterprise 向け機能を無償提供するなど、エディションによって機能差あり Xamarin SDK のオープンソース化 .NET Foundation には Unity, JetBeans, RedHat が新規参加…

0

Build2016 : Microsoft Bot Framework を使った Bot アプリ作成

Microsoft Bot Framework Build2016 Keynote Day1 にて発表された、簡単に Bot アプリケーションを作成できる Microsoft Bot Framework 。同じく発表された LUIS (Language Understanding Intelligent Service) と組み合わせることで、自然言語処理を容易に組み込むことができるようになり、自然な対話形式でユーザーとコミュニケーションする Bot アプリが比較的簡単に開発できるようになりました。 Microsoft Bot Framework LUIS (Language Understanding Intelligent Service) テンプレート (Bot Application Template) が公開されているので、こちらをベースとした開発手順をご紹介します。 下準備 開発環境は Visual Studio 2015 (無償の Community も可) が必要です。サービスを Microsoft Azure に発行するには、Azure SDK もインストールしてください。(→インストール方法) Bot Framework Emulator も合わせてインストールしておきます。 テンプレート (Bot Application…

0