Microsoft Azure アップデート @TechEd North America 2014 (1) Azure Files, Azure RemoteApp など

米国ヒューストンにて 2014年5月12~15日(現地時間) で開催されている TechEd North America 2014 の Keynote で Microsoft Azure 関連の数々のアップデートが発表されました。以下、Microsoft Azure の新サービス / 機能を中心にまとめました。 【5/14 追記】 Keynote 以外のアップデートを別途まとめました (→Part 2)   ID管理 (Azure AD) Cloud App Discovery [preview] (→ 管理サイト: Microsoft Azure Active Directory Cloud App Discovery) 社内で利用している SaaS アクセスする際、Azure AD により 組織 ID を使用できるよう設定、それぞれの SaaS の利用状況をダッシュボードなどで確認できるサービスです。不正なアクセスを感知する機能などを含め、デモで紹介されました。 コンピューティング intensive VM (A8,A9) GA 仮想マシンのインスタンスで演算機能を強化した…

0

マルウエア対策 Microsoft Endpoint Protection for Windows Azure、CTP 版公開

Windows Azure の VM (Web / Worker ロール) に マルウエア対策コンポーネントを組み込むことができる、Microsoft Endpoint Protection for Windows Azure が CTP (Customer Technology Preview) 版として公開されています。 Microsoft Download Center > Microsoft Endpoint Protection for Windows Azure Customer Technology Preview こちらのツールは、開発環境の Visual Studio + Windows Azure SDK に追加してインストールすることで、開発しているサービスパッケージにマルウエア対策機能を追加することができます。 主な機能として マルウエア実行のチェック、および阻止を行うための リアルタイム監視 悪意のあるファイルの隔離や削除、レジストリ変更の修正など、マルウエアによる問題の修復 スケジューリングによる定期スキャンチェック マルウエア対策定義ファイルの最新版更新 検出された脅威や疑わしいリソースなどに関するレポートをマイクロソフトへ報告 を行います。 イベントログは Windows Azure Diagnostics (Windows Azure…

0