Windows Azure 仮想マシンのアクセス管理リスト設定、Web サイトのWebソケット対応、 New Relic によるパフォーマンス管理、TFSとの統合、通知ハブ&サービスバスの機能アップデート

2013年11月 初頭 の発表では、新しいプレビュー機能 に加えて、さまざまな機能が追加されています。 ■ Windows Azure 仮想マシン: アクセス管理リスト(ACL: Access Control Lists) によるアクセス管理、イメージギャラリー のアップデート Windows Azure 仮想マシンのエンドポイントに対するアクセス制御を行う ACL の設定が PowerShell および 管理API から設定できるようになっており、この度管理ポータルからも GUI で設定が可能になりました。(仮想マシンで稼働しているOSレベルでのアクセス設定は別途行う必要があります。) また、Windows Azureでご用意しているイメージを表示するギャラリーがアップデートされ、OS別などにイメージを探しやすくなりました。   ■ Windows Azure Web サイト: Web ソケット を利用可能に、PHP 5.5 対応、リモートデバッグに対応 Web アプリケーションでリアルタイムな表示更新を行う場合など、双方向通信を行う Web ソケットに Windows Azure Web サイトが対応し、SignalR や soket.io などのライブラリも利用可能になりました。また、PHP5.5 にも対応しました。 なお、先日 Windows Azure クラウドサービスで利用可能になったリモートデバッグに Windows…

0