Django が Windows Azure Web サイトのギャラリーに追加

Python の Web アプリケーションフレームワークである Django が Window Azure Web サイト のギャラリーに追加されました。Windows Azure Web サイトのギャラリーテンプレートで Django を選択でき、Web サイト側にパッケージがインストールされた形で、すぐに利用できます。 Windows Azure クラウドサービス で Python / Django を利用する場合は、Windows Azure 用ライブラリやコマンドラインツール、PowerShell、エミュレーターが含まれた Windows Azure SDK for Python、Visual Studio のプラグインである Python Tools for Visual Studio (CodePlex で無償公開) を利用することで、容易に開発を行うことができます。   Windows Azure Web サイトで Django を使うには、新規作成の際に「ギャラリーから作成」を選択、URL を指定して作成します。    Python, Django の必要なリソースがインストールされた状態から利用できます。   Windows…

0

Visual Studio 2012 Update 2 公開

Visual Studio 2012 の更新プログラムである Visual Studio 2012 Update 2 (VS2012.2) が公開、利用可能になりました。 Update 1 (VS2012.1) より Windows 開発 / SharePoint 開発 / アジャイルチーム開発 / 品質向上 といった機能が強化されましたが、VS2012.2 でもその方向性をさらに進める機能強化が行われています。先行してリリースされた ASP.NET の機能強化である ASP.NET and Web Tools 2012.2 はこちらに含まれています。    アジャイル計画 (Agile Planning) VS2012.1 でプロジェクトのトラッキング機能 (カンバン ボードなど) が追加されていますが、さらに Team Foundation Server (TFS) の機能強化 が行われています。 作業項目へのタグ付けにより管理作業を容易に カンバンボードにカスタマイズ項目を追加可能に TFS Web Access ポータルからのメール告知機能 品質向上 (Quality Enablement) Windows…

0

ASP.NET and Web Tools 2012.2 リリース、Windows Azure SDK 1.8.1 公開

先日 RC が公開されていた ASP.NET and Web Tools 2012.2 がリリースとなりました。 Windows Azure 関連では、Windows Azure 認証が ASP.NET MVC, Web ページ, Web フォーム で利用できるようになっています。Office365 アカウント や Windows Azure Active Directory に登録されているカスタムドメイン、Windows Azure Active Directory と同期されているオンプレミスの Active Directory のアカウントでこの認証機能を利用できます。 こちらは後日公開される Visual Studio 2012 Update 2 に含まれます。 【参考】ASP.NET and Web Tools 2012.2 RC 公開 (1/9 Post) ASP.NET and Web Tools 2012.2…

0

Team Foundation Server および Visual Studio 2012 で Git をサポート

米国レドモンドで1/29-31(現地時間) の日程で開催されている ALM (アプリケーションライフサイクル管理) 関連のカンファレンスである ALM Summit 3  にて Visual Studio および Team Foundation Server / Team Foundation Service の機能強化が発表されました。 オンプレミスの Team Foundation Server が Git レポジトリに対応することが発表され、クラウドの Team Foundation Service では Git レポジトリの利用が開始されました。また、Visual Studio 2012 更新プログラム 2 CTP 版が公開され、Visual Studio のプラグイン (Visual Studio Tools for Git) で Git を利用できるようになりました。 Windows Azure の Web サイトやクラウドサービスでは既に Git が利用可能になっていますが、Windows Azure モバイルサービス…

0

ASP.NET and Web Tools 2012.2 RC 公開

少し前の話題になりますが、2012 年末アップデートの一つとして。 2012 年の Build で発表された ASP.NET Fall 2012 Update (Build Prerelease) がアップデートされ、ASP.NET and Web Tools 2012.2 Update という名称で RC (Release Candidate : リリース候補版) として公開されています。こちらは Visual Studio 2012 および Visual Studio Express 2012 for Web で ASP.NET ランタイムの更新 や 拡張機能を追加できるパッケージとして提供されています。 主なアップデートは下記になります; ASP.NET MVC テンプレートの追加 Facebook アプリのテンプレート、Single Page Application テンプレート ASP.NET Web API の機能追加 OData, Tracing, Help Page Windows…

0

Team Foundation Service の 2012 年 12 月版 アップデート、Windows Azure SDK 1.8 対応

Windows Azure 上で アプリケーション ライフサイクル管理を行うサービスを提供している Team Foundation Service が 2012 年 12 月版にアップデートされました。 Windows 8 向け Windows ストアアプリに対応したほか、デフォルトの表示画面である ”Source” のデザイン見直しや Code Exploroer Viewのフォルダ表示ナビゲーションの改善、修正 / 追加 / 削除されたコードのマーカー表示など、Webツールからの操作性が大幅に向上しています。また、今回のアップデートで Visual Studio 2012 Update 1対応となり、Windows Azure SDK 1.8 および TypeScript 0.8.1 でのビルドがサポートされます。 なお、これまでは Windows Azure VM ロールでサービスが提供されていましたが、今回のアップデートでWindows Azure 仮想マシン 上に移行、Windows Server 2012 かつ より大きいディスク領域にて再構築されています。 Team Foundation Services > Team…

0

Windows Azure SDK 1.8 以降の Visual Studio による Web サイト配置

こちらも少々アップデートが遅れましたが、Windows Azure SDK 1.8 より Web サイト配置のオプションが追加されています。 Web サイト プロジェクト (WSP)  をサポートするようになり、Web アプリケーション プロジェクト (WAP) と同じ手順で Windows Azure Web サイトに直接配置できるようになっています。 これまで WSP を配置する場合は、毎回すべてのファイルを Windows Azure 側にアップロードする必要がありましたが、Web 配置を利用して差分を検出し、変更されたファイルのみをアップデートするようになっています。なお、Visual Studio による Web サイト 発行では、直接 サーバーへ Web 配置を行う他、Web 配置用のパッケージ、FTP、ファイルシステム、FPSE による発行をサポートしています。 .NET Web Development and Tools Blog > Web Publish Updates with Windows Azure SDK 1.8 MSDN ライブラリ >…

0

Windows Azure Active Directory の機能強化、ASP.NET Fall 2012 Update でユーザー認証機能を簡単に組み込み

Windows Azure Active Directory の機能強化がアナウンスされました。 Build にて発表された ASP.NET Fall 2012 Update (Build Preview) により  Windows Azure Active Directory を用いたユーザー認証機能を簡単に Web アプリケーションに組み込むことができるようになっています。Offce365、オンプレミス環境のActive Directory から同期する 社内アカウント、もちろん Windows Azure Active Directory で作成したドメインを利用して認証できます。 Visual Studio 2012 のウィザードが用意され、数ステップで完了、Windows Azure Web サイトに配置可能です。 その他に発表された機能強化は以下になります; Web SSO の機能強化 SAML 2.0 のサポート、WS-Federation によるサインアウトのサポート、アプリケーション ID に URI を利用可能になります Differential Query (差分クエリ) のサポート Windows Azure Authentication Library (Windows Azure…

0

Visual Studio で Windows Azure 向け Python アプリケーション開発 ~ Python Tools for Visual Studio 1.5&Windows Azure SDK for Python 2012 年 10 月版公開

Windows Azure では Python をサポートしていますが、Python を Visual Studio で開発するための Python Tools for Visual Studio 1.5 が CodePlex にて公開されています。また、Windows Azure SDK for Python も 2012 年 10 月版が公開されており、合わせて Windows Azure 上で稼働するアプリケーションの開発・発行・管理などをサポートします。 Python Tools for Visual Studio では、CPython, IronPython を利用でき、 Intellisence を含めたコーディングやデバッグ、リファクタリングなど Visual Studio としての機能を活用可能です。今回のアップデートで Visual Studio 2012、Python 3.3 のサポートなども行われています。 なお、Windows Azure クラウドサービスや 仮想マシン、Web サイト でも Django に対応、Windows…

0

Visual Studio Team Foundation Service 正式リリース

アプリケーション開発における管理を行う Visual Studio Team Foundation Server の機能をクラウドで提供する Team Foundation Service は、これまでプレビュー版として公開されていましたが、正式リリースとなりました。 Team Foundation Service は Windows Azure と連携しており、クラウドサービス や Web サイトに展開するアプリケーション開発・配置プロセスにも統合可能です。 正式リリース後も無償プランが用意されており、5 ユーザーまではプロジェクト数に関係なく利用できます。また、MSDN サブスクリプションをお持ちの場合も利用分が含まれており、無償でご利用頂けます。 Team Foundation Service Website (サインアップ および 利用) Team Foundation Service Website > Team Foundation Service updates – Oct 31 : Team Foundation Service is Released! Team Foundation Service Website > Pricing : Free…

0