マイクロソフト と NTT コミュニケーションズ、Windows Azure Platform+Microsoft Office 365 対応ハイブリッドクラウド協業拡大

マイクロソフトと NTT コミュニケーションズは Windows Azure Platform に加えて Microsoft Offce 365 にも協業を拡大、協業パートナーとして、ハイブリッドクラウドソリューションが強化されます。 Windows Azure と NTT コミュニケーションズ のホスティングサービスを組み合わせた ハイブリッドクラウド ソリューション「Biz ホスティングサービスエンタープライズ Azure ハイブリッドオプション」が既に提供開始されていますが、今回、Microsoft Office 365 にも対応することで、ハイブリッドクラウド環境でシングルサインオンを実現する、オンプレミスを含めた認証連携ソリューションが提供されます。 Microsoft PressPass : NTT コミュニケーションズと日本マイクロソフト、ハイブリッドクラウドサービスにおける協業を拡大 これまでの協業内容はこちら; 2011/4/26 Blog記事 : クラウド運用監視機能つき 「Biz ホスティングエンタープライズ Azure ハイブリッドオプション」提供開始NTTコミュニケーションズ Web サイト : 高いセキュリティと経済性を両立するBizホスティングサービス エンタープライズ「Azure ハイブリッドオプション」の提供開始について 2010/10/15 Blog 記事 : NTTコミュニケーションズとマイクロソフト、ハイブリッドクラウドサービス提供へMicrosoft PressPass : 先進的ハイブリッドクラウドサービスの提供に向け、NTTコミュニケーションズとマイクロソフトが協業

0

「IT 管理者のための Windows Azure Platform 管理ガイド」公開

クラウドを利用することによるメリットの一つとして、ハードウエア選定・管理といった業務が削減されることが挙げられます。これまでそのような業務を担ってきた IT管理者(IT Pro)、インフラ担当の仕事がなくなる...というわけではなく、クラウドとオンプレミス(そしてベンダー)、ハードウエア・ソフトウエア・ネットワークをどのように組み合わせ、自社の業務に最も合った最適な企業システムを構築する、というより戦略的な業務を担うようになると考えられます。 Windows Azure Platform という選択肢を踏まえて、パブリッククラウド検討・導入実施のためのIT管理者向け実践的ガイド「IT 管理者のための Windows Azure Platform 管理ガイド」が公開開始となりました。 Microsoft TechNet : IT Pro (IT 担当者) のための Windows Azure Platform 運用管理ガイド 1.0 こちら、Japan Windows Azure Users Group のメンバーによる執筆チームにより制作されています。 ひとつおまけでご紹介ですが、MSDN で公開されている Windows Azure に関する How-to Tips のリンク集がこちらに紹介されています。ご活用ください。 UK ISV Developer Evangelism Team : Windows Azure MSDN How To tips in one place…

0

クラウド運用監視機能つき 「Biz ホスティングエンタープライズ Azure ハイブリッドオプション」提供開始

NTTコミュニケーションズのホスティングサービス「Bizホスティング エンタープライズ」にて、Windows Azure Platform が利用でき、ハイブリッドクラウド環境の運用監視機能が付加された「Azure ハイブリッドオプション」が提供開始となりました。Windows Azure Platform の運用監視機能として、Windows Azure / SQL Azure のサービス稼働状況の監視やログ抽出、また、サービスの負荷状況に応じた自動スケールアウト機能、スケジューリング機能が提供されます。 これにより、NTTコミュニケーションズが提供する プライベートクラウドとパブリッククラウドである Windows Azure Platform を柔軟に組み合わせて利用でき、そのハイブリッドクラウド環境の一元管理が可能となり、また、サポートサービスも提供されます。 NTTコミュニケーションズ Web サイト : 高いセキュリティと経済性を両立するBizホスティングサービス エンタープライズ「Azure ハイブリッドオプション」の提供開始についてNTTコミュニケーションズとマイクロソフト、ハイブリッドクラウドサービス提供へ

0

ハイブリッドクラウド管理ツール、Microsoft System Center Project codename "Concero" 発表

先週の 3 / 21 ~ 25(現地時間) に Microsoft Management Summit 2011 が米国ラスベガスにて開催されました。その中でマイクロソフトは引き続きクラウドに投資をしていくことを再度明言し、今後サーバー管理ツールである Microsoft System Center も PaaS ・ IaaS を含めた管理性能を強化することが発表されました。その一つとして、ハイブリッドクラウド (オンプレミス+クラウド) の管理ツールとなる System Center Project codename “Concero” が発表されました。 これは、Microsoft System Center 2012 に追加される機能で、システム管理者から見れば同じ IT 資産である、オンプレミスとクラウド両方のリソースを一度に管理できるツールとなります。初期リリースでは、System Center Virtual Machine Manager 2012 で管理されているオンプレミスのシステム (プライベートクラウド) と Windows Azure (パブリッククラウド) が一画面で管理できるようになる予定です。 Windows Azure Team Blog : JUST ANNOUNCED at…

0

"The Economics of the Cloud" Whitepaper 公開

ホワイトペーパーの話題が連続してしまいますが、マイクロソフト本社 Corporate Strategy Group により “The Economics of the Cloud” Whitepaper が公開されました。 “The Economics of the Cloud” こちらはクラウド利用をビジネス視点から見たホワイトペーパーで(テクノロジーなどを特定していません)、supply-side savings(データセンター集約・効率化による費用逓減)、demand-side aggregation(多様な利用形態が集約されることによるサーバー利用率の向上)、multi-tenancy efficiency(マルチテナントによるテナント毎のアプリケーション&アプリケーション管理コストの低減) によるクラウドの経済効果について考察しています。また、長期的なITポートフォリオを考える上でのクラウド利用メリットや、費用削減の可能性(スケールメリットや利用パターン、需要に合ったリソースの有効活用)、パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリット・デメリット比較などのトピックも取り上げています。 Microsoft on The Issues : Economics of the Cloud

0

NTTコミュニケーションズとマイクロソフト、ハイブリッドクラウドサービス提供へ

NTTコミュニケーションズとマイクロソフトは ハイブリットクラウド提供に向けて連携することを発表しました。この連携は、NTTコミュニケーションズの提供するプライベートクラウドと、Windows Azure Platform などパブリッククラウド を組み合わせた ハイブリッドクラウド サービスの提供を実現します。 Microsoft PressPass : 先進的ハイブリッドクラウドサービスの提供に向け、NTTコミュニケーションズとマイクロソフトが協業 これにより、①NTTコミュニケーションズのホスティングサービス「Bizホスティング エンタープライズ」による、国内データセンター上に構築された プライベートクラウド環境、②パブリッククラウドである Windows Azure Platform および Microsoft Online Services、そして ③オンプレミス(自社運用)、の3つを柔軟に組み合わせ、利用することが可能になります。機密性の高いデータやシステムはプライベートクラウドへ、パブリッククラウドでもシングルサインオンやセキュアアクセスを実現など、業務に応じてより自由な利用、システム構築が実現されます。

0