de:code 2019 Microsoft Azure Cognitive Services 最新情報


5/29(水)-30(木)で開催されました、マイクロソフトの開発者向けカンファレンス de:code 2019 にご参加いただきました皆様、有難うございました!

今年も以下の Cognitive Services & Bot 関連セッションを担当いたしました。近日中にスライドおよびオンデマンド視聴ができるかと思いますので、気になるサービスを是非チェックしてください。

Cognitive Services 最新情報

AI01: "Everyday AI" 時代の人工知能使いこなし ~ Azure Cognitive Services を効果的に利用するための基礎知識

2019年、Cognitive Services は皆様の "データ分析アシスタント" と言える存在に成長しました。

新たに追加された Decision (決定) グループのサービス、Form Recognizer などのビジネス要件を含んだサービスの発表、NLPを更に簡単に利用できる機能の拡充、エッジデバイスの利用を想定した Container サービス (10種) など、また大きなサービス拡充があった中、新規サービスを中心に以下の API をデモを交えてご紹介いたしました。

  • Anomaly Detector
    • 時系列データの異常検知 (教師なし。バッチ or リアルタイム)
    • Demo: PowerBI で Anomaly Detector の結果を視覚化する
  • Personalizer: 強化学習を使ったパーソナライズエンジン作成&再学習 (リコメン回答取得、リワード結果の送信とモデルの再学習自動化)
  • Form Recognizer 
    • 画像から帳票などのフォームを認識、Key-Value および テーブル データを抽出
    • Demo: 学習データ用画像を送信してフォーム認識エンジン作成、テスト画像からデータを取得
  • Ink Recognizer
    • ペンタッチを使った描画ストロークから図形や文字を認識
    • Demo: Web で絵画ストロークを取得し、図形と文字を認識
  • Speech to Text - Conversation Transcription
  • Language Understanding : 自然言語の処理、意味やエンティティの推測を行うエンジン(分析モデル)の作成&利用
    • Dashboard, List Entity の利用、Entity Role、外部情報の注入
  • QnA Maker : FAQ リストからの NLP 検索エンジンの作成&利用
    • 学習データの Context 取得、特定シナリオにおける複数ターン回答

コーチング × #Azure & Cognitive Services 活用事例

AI09 : そのコーチングを ”見える化” するソリューション「Coaching AI」 〜 オムロン株式会社における現場の現場による現場の課題を解決するための AI 利用

社員の生産性やチームワーク向上のための方法として注目されている 1 on 1 (1対1 による対話セッション) の際によく用いられる手法がコーチングです。一方的に情報や解決方法を伝える "ティーチング" と異なり、コーチングは、あくまでもコーチ側がクライアント側から話を引き出し、自律的に解決方法などを考えさせるという自律性の育成に注目が集まっています。

会社組織の中で、コーチ役 (上司や先輩などが担当することが多いと思われます) を任される側が必ずしもコーチング手法を習得しているとは限らないため、オムロン株式会社では 1 on 1 の内容をモニターしてガイドを行う "Coaching AI" を研究開発されました。

サービスの概要はこちらのお客様事例に掲載されています。

マイクロソフト お客様事例: オムロン株式会社様

セッションでは、Coahing AI の開発に至った経緯や、Azure の各サービスの活用や Cognitive Services を利用して収集したデータをどのように分析しているか、といった内容をご紹介いたしました。

Chatbot チョークトーク

AI53: All About Chatbot! ~ チャットボット構築 & 実践 Chatbot Chalk Talk

 

【追記】セッションのレポートを書いていただきました。有難うございます!

Skip to main content