Microsoft Build 2019 アップデート in Conversational AI ~ Cognitive Services & Bot Framework


[go to English ver]

2019/5/6–8 (現地時間) に Microsoft Build 2019 が開催されており、Day1 から 3つの Keynote が行われました。先週からの情報先出し(?)が行われていた通り、Cognitive Services の一層の強化が行われています。また、Bot Framework は会話による新たな UI/UX 、チャットボット および Virtual Assistant & Skills (AIアシスタント や スマートスピーカーなどのスキル) を構築するためのコアテクノロジーと位置付けられています。

Azure Blog > Making AI real for every developer and every organization

Microsoft News Center > Microsoft delivers new advancements in Azure from cloud to edge ahead of Microsoft Build conference

The AI Blog > As AI explodes in popularity, Microsoft aims to make adoption as simple as possible 

The AI Blog > What’s Microsoft’s vision for conversational AI? Computers that understand you

Cognitive Services 関連アップデート

Cognitive Services は AI (認知機能、 pre-build モデル) 機能を Web API で利用できる Managed Services (SaaS) です。

Microsoft Azure > Cognitive Services (Top Page)

今回、Cognitive Services はカテゴリーが見直され、Vision, Speech, Language, Decision, Search の5つとなりました。新規追加となった “Decision” の API は、データを用意すればすぐに意思決定を行うアルゴリズムを利用できるサービスです。

このカテゴリー変更と新規追加サービスを合わせると、Cognitive Services は以下のラインアップとなりました。(太字は新規)

  • [Vision] : Computer Vision, Custom Vision, Face, Video Indexer, Ink Recognizer, Form Recognizer
  • [Speech] : Speech Services, Speaker Recognition
  • [Language] : Text Analytics, Translator Text, Language Understanding, QnA Maker, Bing Spell Check
  • [Decision] : Content Moderator, Personalizer, Anomaly Detector
  • [Search] : Bing Web Search, Bing Image Search, Bing Video Search, Bing News Search, Bing Visual Search, Bing Custom Search, Bing Entity Search, Bing Autosuggest, Bing Local Business Search

Decision のサービス群は機械学習のアルゴリズムがベースとなっており、データや利用シナリオに合わせた調整が可能です。

  • Personalizer : 強化学習を用いて AI モデルを構成するためのデータ収集およびモデル生成ツール
  • Anomaly Detector : 時系列データを用いた異常検知を行うアルゴリズムを利用可能

新しく追加になったサービスの中でも Vision のサービス群では手書きを含む図表や文字から、その構成や目的を抽出することができるようになりました。

  • Ink Recognizer : digital ink (63 言語/地域対応の手書き文字、図形(円、四角…))の検出
  • Form Recognizer : ドキュメントの様式(文書、申込書、レシートなど) とデータ (key-value、テーブル)の検出

既存のサービスでもいくつか機能強化が行われています

  • Speech Service : Conversation Transcription による話者認識機能の追加
  • QnAMaker : Multi-turn Conversations 複数回のやり取りを想定した会話のデザイン(1:1 の返答ではなく、連続 and/or 絞り込む会話形式)
  • Language Understanding (LUIS) : Entity Roles, External Entities, Dynamic Lists による柔軟なモデルの構築

 

Bot Framework 関連アップデート

Build 2019 での Bot Framework 関連のアップデートは Github のドキュメントとしてまとめられており、サンプルコードにも反映されています。

Github > What's New

Github > microsoft/BotBuilder-Samples

  • Adaptive Dialog : 複雑な会話ダイアログの構成 (Bot Framework v4.3 から 大幅なアップデートありのため、Dialogs library をご確認ください)
  • Language Generation : ユーザーの入力を簡易に抽出して分類する機能
  • Direct Line Speech : Azure Bot Service の一つの Bot Channel としての機能強化、音声入力を利用可能に (Cognitive Services Speech Service を利用)
  • SDK Channel adapters : 3rd Party を含むメッセージングツール (Web, Slack, Facebook messenger, Hangouts, WebEx …) と Bot を接続するための SDK

Semantic Machines Showcases として Video で紹介されましたが、 すぐに利用可能な Bot Framework ソリューションテンプレートが公開されており、Microsoft Graph で Microsoft 365 情報を活用し、認知機能に Cognitive Services を利用した Virtual Assistant Template および Skills Template をダウンロード可能です。

Github >microsoft/AI : Bot Framework Solutions

Skip to main content