Microsoft Connect(); 2018 : Cognitive Services Container に LUIS 追加 & Tranlsator のカスタム機能


[English Ver]

米国時間 2018/12/4 (日本時間 12/5 早朝) に開催された Microsoft Connect(); 2018 にて、これらの Cognitive 関連の発表がありました;

  • Cognitive Services Container に Language Understanding (LUIS) を追加
  •  Translator Text に Custom translation 機能を追加

Azure Updates > Language Understanding Container Support: Preview
Azure Updates > Custom Translation capability of Text Translator

Language Understanding (LUIS) Container

早速プレビュー使用が可能になっている LUIS Container を利用する方法をご紹介します。

準備

 - Container Services

以下の Docker 環境で Cognitive Services Container を利用可能です:

  • Local on Windows*/macOS/Linux (*be configured to support Linux containers on Windows)
  • Azure Kubernetes Service
  • Azure Container Instances
  • Kubernetes cluster deployed to Azure Stack

今回は local PC (Windows) にインストールした Docker 環境を使用します。

 - Azure Potal で申し込んだ LUIS サービス

F0(無料版) で大丈夫ですので、Azure Portal から LUIS サービスを作成します。

作成した LUIS サービスの Endpoint (アクセス URL) と API key を取得しておきます。これらは課金のためにContainer からアクセスされます。(分析データなどのデータは一切送られません。)

- LUIS App

Language Understanding は 簡易自然言語処理サービス (モデリング用 と分析用のGUI およびAPI) ですので、LUIS App (NLP モデル)を作成して、それをローカルの Container にExport します。
Export してダウンロードした LUIS App は ZGIP のまま Docker からアクセスできるフォルダに保存しておきます。

LUIS containerの準備、設定と利用

LUIS container のダウンロード

Docker コマンドで LUIS container image を pull します。"latest" オプションで最新版を取得できます。
docker pull docker pull mcr.microsoft.com/azure-cognitive-services/luis:latest

LUIS container の起動

LUIS container image をダウンロードしておいた LUIS app をマウントして起動します。
docker run --rm -it -p 5000:5000 --memory 4g --cpus 2 --mount
type=bind,src=c:\demo\container\luis,target=/input --mount
type=bind,src=C:\demo\container\luis,target=/output
mcr.microsoft.com/azure-cognitive-services/luis Eula=accept Billing=https://westus.api.cognitive.microsoft.com/luis/v2.0 ApiKey=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

上記ではこのような設定になっています:

  • Port 5000, 2 CPU, Memory 4GB
  • Mount LUIS App in input folder (c:\demo\container\luis in this case)
  • Save log in output folder (c:\demo\container\luis in this case)
  • Billing (set your endpoint copied from Azure Potal - West US in this case)
  • ApiKey (set your ApiKey copied from Azure Portal)

LUIS container を試す

Docker image が起動したら、http://localhost:5000 をブラウザーに入力して動作を確認できます。

Swagger (http://localhost:5000/swagger) のページで API の仕様や、実際にGET/POST を行って自然言語の分析結果を取得できます。

 

詳細

Microsoft Azure Blog > Getting started with Cognitive Services Language Understanding container
Github > Azure Samples - Container support for Azure Cognitive Services

Comments (0)

Skip to main content