5ステップでズバリ!笑顔判定BOT を作成しよう by Microsoft Bot Framework and Cognitive Services


[English version available]

Tech Summit 2016 でもご紹介いたしました「笑顔判定BOT」を5ステップで作成する手順をご紹介いたします。こちらは写真を送ると、人物の表情を分析し、スコア (0~100%) を返答する BOT です。Bot Framework の C# テンプレートをベースとして、Cognitive Services の Emotion API を利用するクラスライブラリーを追加して開発を行います。

 

必要な準備

  • Microsoft アカウント
    Bot ディレクトリーへの登録やCognitive Services サブスクリプションの申し込みに必要です。Azure サブスクリプション でも利用します。(→Microsoft アカウント登録手続き)
  • Visual Studio 2015
    Enterprise, Pro の他無料の Visual Studio Community でもOKです。
  • Bot Framework Template & Emulator
    Bot Framework C# テンプレート をダウンロードして、zip ファイルのまま Visual Studio のテンプレートフォルダに配置します。デフォルトでは C:\Users\[Username]\Documents\Visual Studio 2015\Templates\ProjectTemplates\Visual C# というフォルダになるはずです。
    また、Bot Framework Channel Emulator (Windows版) をダウンロードしてインストールしておきます。
  • Azure サブスクリプション
    Bot アプリを公開するために Azure App Services (API App) を利用します。(→Azure 無料試用版サブスクリプションにサインアップする)
  • Cognitive Services サブスクリプション
    Cognitive Services > Pricing から Emotion API の行にある [Try for Free] をクリックし、サブスクリプション申し込み画面で [Subscribe]をクリックして申し込みます。Keysの列に表示される文字列 (=サブスクリプションキー) を使って Cognitive Services にアクセスします。
    bluesky_20161111_01  bluesky_20161111_02

 

5ステップでズバリ!チュートリアル

Step1: テンプレートから新規 Bot アプリの作成 & クラスライブラリーの追加

Visual Studio を起動し、上部ツールバーから [ファイル]>[新規作成]>[プロジェクト] を選択して、新規プロジェクトを作成します。中央列に表示されるテンプレートから [Bot Application] を選択し、名前を入力した後、[OK] をクリックして作成します。

bluesky_20161111_03

プロジェクトが作成されたら、[ソリューションエクスプローラー]から [参照] を選択して右クリックし、[NuGet パッケージの管理] を選択します。[参照] タブで 「Project Oxford Emotion」と入力して検索し、Microsoft.ProjectOxford.Emotion を選択してインストールします。
bluesky_20161111_04 bluesky_20161111_05

 

Step2: コーディング&ローカルテスト

[ソリューションエクスプローラー] に表示されている [Controllers] フォルダをクリックして開き、MessageController.cs をクリックして表示、コードを編集します。

最初に Microsoft.ProjectOxford.Emotion への参照を追加します。

using Microsoft.ProjectOxford.Emotion;
using Microsoft.ProjectOxford.Emotion.Contract;

bluesky_20161111_06

Task<HttpResponseMessage> Post の内容を修正します。
下記のように

if (activity.Type == ActivityTypes.Message) 
{
   :(略)
}
else

の if 部分の中身を入れ替えます。YOUR_SUBSCRIPTION_KEY は準備で取得した Emotion API のサブスクリプションキーをコピーしてください。

if (activity.Type == ActivityTypes.Message)
{
    // ConnectorClient を作成、デフォルトの返答メッセージをセット
    ConnectorClient connector = new ConnectorClient(new Uri(activity.ServiceUrl));
    var responseMsg = "こんにちは!表情分析BOTです。写真を送ってね!";

    // 受信したメッセージに Attachment (画像ファイル) がある場合
    if (activity.Attachments?.Any() == true)
    {
        // 画像ファイルを Stream として取得
        var photoUrl = activity.Attachments[0].ContentUrl;
        var client = new HttpClient();
        var photoStream = await client.GetStreamAsync(photoUrl);

        // Emotion API のサブスクリプションキーをセットして EmotionServiceClient を作成
        const string emotionApiKey = "YOUR_SUBSCRIPTION_KEY";
        EmotionServiceClient emotionServiceClient = new EmotionServiceClient(emotionApiKey);

        try
        {
            // 画像を判定、happiness スコアのみを取得して、返答メッセージにセット
            Emotion[] emotionResult = await emotionServiceClient.RecognizeAsync(photoStream);
            Scores emotionScores = emotionResult[0].Scores;
            responseMsg = Math.Ceiling(emotionScores.Happiness * 100) + "% の笑顔ですね!";
        }
        catch (Exception e)
        {
            responseMsg = "表情を分析できませんでした";
        }

        // メッセージを返答
        Activity reply = activity.CreateReply(responseMsg);
        await connector.Conversations.ReplyToActivityAsync(reply);
    }
修正前 修正後
bluesky_20161111_07 bluesky_20161111_08

ツールバーから [ビルド]>[ソリューションのビルド] をクリックしてビルドします。エラーなどなければ、ローカル環境でデバッグ実行 (F5) を行います。ブラウザが起動して Bot アプリのデフォルト画面が表示されたら準備完了です。

Bot Framework Channel Emulator を起動して、[Bot URL] に http://localhost:[ポート番号]/api/messages を入力します。Bot アプリが実行されているポート番号になっているか確認してください。(下記環境では Bot アプリが http://logalhost:3979/ で稼働しているので、Bot URL には http://localhost:3979/api/messages を指定しています。) 文章や写真を送信して返答されたらテストは完了です。

bluesky_20161111_09

 

Step3: Azure に発行して公開

Bot アプリを Azure に発行して Web 公開します。、[ソリューションエクスプローラー]からプロジェクトを選択して右クリックし、[公開] を選択します。

bluesky_20161111_10

発行先は Microsoft Azure App Service を選択、必要に応じてリソースグループや App Service プランを作成し、[App Service の名前] にアプリケーション名を入力します。[発行]をクリックして Azure に発行します。公開した Bot アプリのURLは http://[アプリケーション名].azurewebsites.net になります。

bluesky_20161111_11 bluesky_20161111_12 bluesky_20161111_13 bluesky_20161111_14

 

Step4: Bot Directoryへの登録

Bot Framework の Web サイト (https://dev.botframework.com/) で、Step 3 で公開した Bot アプリを登録します。

[Register a bot] をクリックし、Microsoft アカウントでログインします。

bluesky_20161111_15

[Bot Profile] の欄で、 Bot name (Bot の表示名)、Bot handle (Bot Directory で認識される一意のID。Bot ID とも呼ぶ)、Description (Directory で表示される説明) を入力します。[Configration] の Messaging endpoint は https://[アプリケーション名].azurewebsites.net/messages/api を入力します (https にするのをお忘れなく)。その後、[Create Microsoft App ID and password] をクリックします。

bluesky_20161111_16

アプリIDとパスワードの生成画面になりますので、[アプリのパスワードを生成して続行] をクリックします。パスワードが生成されますので、アプリIDと共にコピーしてローカルに保存しておきます。[OK]をクリックして元の画面に戻ります。

bluesky_20161111_17  bluesky_20161111_18

[Configration] の 欄にある App ID が自動入力されます。画面下の Privacy Statement 他確認事項にチェックをつけて [Register] をクリックすると、登録は完了です。

bluesky_20161111_19
[Icon Designed by Freepik]

Visual Studio に戻り、設定した Bot ID, App ID, App Password を設定します。

Web.config をクリックして表示し、

<configuration>
    <appsettings>
    <!-- update these with your BotId, Microsoft App Id and your Microsoft App Password-->
    <add key="BotId" value="YourBotID" />
    <add key="MicrosoftAppId" value="" />
    <add key="MicrosoftAppPassword" value="" />
    </appsettings>
: (略)

の部分にある value にそれぞれの値をコピーして保存します。その後 Step 3 と同様に再度 Azure への発行を行って Bot アプリを更新してください。
bluesky_20161111_20

 

Step5: Web Chat 設定

Bot Framework の Web サイト を開き、My Bots から登録した Bot アプリを選択して詳細を表示します。

[Test connection to your bot] の欄にある [Test] をクリックして、”succeeded” と表示されるのを確認してください。

その後、[Channels] > [Web Chat] の欄にある [Edit] をクリックして、Web Chat の設定を行います。

bluesky_20161111_21

Generate Web Chat Secret をクリックし、Web Chat に必要な Secret Code を生成します。[Done Confituring Web Chat] をクリックして元の画面に戻ります。

bluesky_20161111_22

[Get bot embed codes] をクリックして、Web Chat を貼り付けるコードを表示します。

<iframe src="https://webchat.botframework.com/embed/[BotID]?s=[SecretCode]" style="height: 502px; max-height: 502px;"></iframe>

のように、Bot IDと設定した Secret Code を使って Web Chat を利用できます。

bluesky_20161111_23

Web サイトなどに iframe で Web Chat を貼り付けて、動作すれば設定完了です。

bluesky_20161111_24

 

ソースコード

コメントつきの完成形ソースコードを公開しました。

https://github.com/a-n-n-i-e/CognitiveEmotionAPI-SmileScoreBot

動きを確認したい方はこちらをお試しください。

http://smilescorebot.azurewebsites.net/

 

Comments (0)

Skip to main content