Microsoft Ignite ~ “Democratizing AI” が実現する今後の方向性

bluesky_20161019_01s
bluesky_20161019_01s

2016/9/26-30に米国 アトランタで開催されていた今年の Microsoft Ignite。Keynote をはじめとする セッションは Ignite オンデマンド動画 で見られるほか、日本では Microsoft Tech Summit (2016/11/1-2) として Igntite のエッセンスをお伝えいたします。 Ignite では、Satya Nadella の Innovation Keynote にて マイクロソフトが注力する “Democratizing AI” (直訳すれば “AI の民主化”) という方針が示されました。これは、AI がもっと一般的に利用され、身の回りのあらゆるITサービスで使われる状況になることを意味しています。Microsoft Cognitive Services のように人間の認知機能を (自分でAIエンジンを作成し、学習させるといったプロセスなしで) API 経由で簡単に取り入れられるようになったことは、この “AI Everywhere” の状況を加速する一つの例です。 “Democratizing AI” を支える柱として、以下の 4 つのテクノロジーグループが紹介されていました (代表的な製品/テクノロジー名も併記してみました) ; Agent: ユーザーと直接やり取りを行うUI Cortana: ユーザー情報との連携によるパーソナライズされたサービス 取得された自分のアクティビティからのSuggestionを表示。音声入力だけでなく手書きも↓   Applications: 情報を活用し、洞察を得て、次の一手へのヒントを提供 Office 365, Dynamics…

0